Brain

《介護福祉士国家試験の裏技合格方法》 勉強せずにこの記事を読むだけで18問正解できるようになる。

《介護福祉士国家試験の裏技合格方法》 勉強せずにこの記事を読むだけで18問正解できるようになる。

《介護福祉士国家試験の裏技合格方法》 勉強せずにこの記事を読むだけで18問正解できるようになる。

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

介護福祉士国家試験の裏技

<勉強嫌い>

介護職員をしていると誰もが通る、目指す事になる介護福祉士国家試験。


しかし、多くの介護職員はこう考えます。

「勉強嫌だなぁ~」

「勉強が苦手で、出来ればあんまりやりたくない。」

「出来るだけ少ない勉強で合格できないの?」

と。


結論から言います。

全く勉強をしないで合格を目指すのは無理です。

しかし、出来るだけ勉強をしないで、楽をして合格を目指すことは可能です。



<国家試験の裏技>

国家試験とは言え、結局マークシート式の試験ですので、裏技は存在します。

しかし、介護福祉士国家試験対策として出されている本の中に、国家試験の裏技を紹介している本はありません。


他の国家試験対策として出されているだけですので、介護福祉士国家試験だけの勉強をしていると、国家試験の裏技を知る事は難しいと思います。


介護福祉士国家試験の勉強をしている人でも知り得ない裏技ですので、

「勉強嫌だなぁ」

と極力勉強したくない貴方には、その裏技を知る術は更にないと思います。


本来であれば、このように貴方が知り得ない介護福祉士国家試験の裏技をこの記事で大公開してしまいます。


そのため、この記事を読むと国家試験で得点するコツを知る事ができて、その分だけ勉強時間を少なくできます。


ただし、これだけで合格できるわけではないので、過信し過ぎはダメです。

あくまでも普通に勉強しているより多く得点しやすいくなると言うだけです。


これはマークシート式の特性上どうしても、選択肢がそのようになる仕組みになっているためです。



<実際に実践して効果が出た裏技>

この裏技は私が通常の受験勉強にプラスして実際に実践して、合格率10%の法律家行政書士国家試験で200点(300満点中)を超える事が出来ました。


更に、介護福祉士国家試験の過去問で試した結果、裏技を活用しただけで問題文も読まずに18問正解できました。


それらの方法を今から教えます。

後は貴方が信じてやるか、やらないかだけです。


本記事は

『国家試験に合格するためのコツ』

『ケアレスミスを減らす方法』


そして

『万能で、どの国家試験でも活用できる裏技』

を無料で公開します!


それだけでも間違いなく有料級です。


そこまで知り、その上で更に裏技をもっと多く知りたい貴方は有料部分の購入をご検討下さい。



国家試験に合格するためのコツ

これは介護福祉士国家試験に限定せず、全ての国家試験に共通するコツになります。


それは

『合格点を目指す勉強をすること』

です。


「当たり前じゃないか」

と思う人がいるかもしれませんが、日本の義務教育の形上、キチンと意識しないと日本人にはこれが出来ません。


この事を知らないと恐らく貴方は

『満点を目指す勉強』

をしてしまうと思います。


私が言っているのは満点ではなく、合格点です。

介護福祉士国家試験で言うなら、

「125点を目指すのではなく、75点を目指せ!」

という事です。


つまり、介護福祉士国家試験に合格したいなら

「全分野を満遍なく、完璧に勉強するな!」

と言っているんです。


満遍なく完璧に勉強する人は物凄い労力を要して何とか合格出来るとか、あまりに非効率的過ぎて落ちることすらあります。


貴方は出来るだけ楽をして、出来るだけ勉強しないで合格したいんですよね?


それなら、

『満遍なく満点を目指す』

ではなく

『合格点を目指す』

を常に意識して下さい。


その具体的な方法や

「ここのこれを勉強しておけ!」

等の情報は今後作成予定ですので、ご期待下さい。


75点を目指し、裏技全部を活用しただけで18点採れる。

《残り57点分の勉強をすれば良い》

これだけでも大分気が楽になってきませんか?



ケアレスミスを減らす方法

<聞かれている部分に○を書く>

介護福祉士国家試験では特別必要にはならないかもしれません。

しかし、もし今後貴方が色々と資格を取得しようとしたり、試験を受ける機会があった場合には絶対的に必要になるコツですので、ご紹介しておきます。


それが聞かれている部分に○を書くと言う方法です。

「この問題は正しいモノを聞いているのか?誤りのモノを聞いているのか?」

を勘違いしないようにするためのコツです。


介護福祉士国家試験では全部

「正しいものを選べ」

「最も適切なモノを選べ」

と出題してくるので、このコツの活用機会はありません。


しかし、他の試験等では

「誤りなモノを選べ」

との出題も織り交ぜてきます。


織り混ざってくるので勘違いすることがとても多いです。

折角知識はあるのに間違えてしまうと悔しさ倍増ですので最重要なコツになります。

赤い矢印で示した部分です。



<問題文の不要な部分を無視する>

介護福祉士国家試験の問題文は解くのに全く関係ない、不要な情報を多く入れ込んできます。


それによって関係ない部分への深い考察をさせてきたり、迷わせようとしてきます。


しかし、細かい設定部分での引っかけ問題はありませんので、細かい設定部分は無視しましょう。


具体的には、事例問題でご利用者の次のような情報は無視して問題ありません。

◎、年齢

◎、要介護度

◎、『○年前に』『○ヶ月間入院していた』『週○回』等の期間

◎、どの介護サービスを利用している

◎、~~型認知症

等々は基本的に無視して問題ありません。


問題文を長くして難しい問題と錯覚させるための罠です。

これらは回答に関係ありませんので、無視して、

◎、ご利用者の置かれている環境

◎、心情

◎、ADL

辺りに注目しましょう。


一つだけ実際の例を出しておきます。

 平成30年度第31回介護福祉士国家試験。

 問題36

Aさん(38歳)は、共同生活(グループホーム)に入居している。料理が得意で、普段はエプロンを身に着けて揚げ物料理をガスコンロで作っている。

防火を意識した料理支援に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1、調理材料は、ガスコンロの周辺に置く

2、調理をするときは、袖口を絞った衣類を来てもらう

3、調理に時間がかかるときは、鍋から離れて貰う

4、火災報知機は、床に近い部部に設置する

5、強い火力で調理してもらう


正解はです。

問題文の年齢やグループホーム等を見ると

「知的障害者かな?」

と推測してしまいます。


すると、

「知的障害は詳しくないんだよな」

と勝手に考えてしまいませんか?


この問題はそのような部分を無視すれば簡単に解けます。

「自分が揚げ物をする場合はどうするかな?」

これだけで解けます。


Aさんが何歳か?

介護サービスは何を利用しているか?

普段どう作っているか?

等は無視して問題ありません。


袖口に火が燃え移るのを防ぐために選択肢2が正解。

ただそれだけです。


選択肢1、ガスコンロの周りには物を置かないのは常識ですよね。

選択肢3、火から離れちゃダメは常識ですよね。

選択肢4、ガス漏れではなく、火災報知機なので上に設置は常識ですよね。

選択肢5、強い火力の調理は火事の元ですよね。


変に問題文から推測しすぎると無駄に迷ってしまう良い例です。



<ここからが本番!>

国家試験に合格するコツやケアレスミスを減らすコツは所詮コツで、勉強して知識があることが大前提になります。


そのため、この時点ではきっと貴方は

「欲しいのはそういう情報じゃないんだよ!」

と少しガッカリしていると思います。


では、そんな退屈な時間はここまでにしましょう。


いよいよ

「そうそう!欲しいのはそういう情報!」

という、知識がなくても解けるレベルの裏技をご紹介していきます!



言い切っている選択肢は間違い

<選択肢の文言に注目する>

どの国家試験でも活用できる万能な裏技がこれです。


選択肢の中で、

「~だ。」

「~である。」

「例外なく~だ。」

と言い切っている選択肢は間違っている可能性が極めて高くなります。


この裏技対策で、逆に言い切る選択肢を正解にしてくる問題もありますが、私が知る限り、介護福祉士国家試験では存在しません。


全ての選択肢が言い切っている場合には活用できませんが、言い切っている選択肢の中に

「~になり得る」

「~となる事もある」

のように、言い切らない選択肢がある場合はそれが正解のことがほとんどで、介護福祉士国家試験ではほぼ確実に正解です。


<活用出来る問題例:平成30年度第31回介護福祉士国家試験>

問題7

特定非営利団体(NPO法人)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。


1、社会福祉法人法に基づいて法人格を取得した法人である。

2、収益を上げる事は禁じられている

3、社会教育の推進を図る活動を行うものが最も多い

4、認定特定非営利活動法人は、税制上の優遇措置を受ける事が出来る

5、災害対策は対象外の活動である


正解はです。

選択肢の語尾に注目して下さい。

1は「~である」

2は「~ている」

3は「~最も多い」

4は「~ことができる」

5は「~である」

4以外は全て言い切っていますよね。


だから4を選択すると、正解。

これはNPO法人の特徴を全く知らなくても、この国家試験の裏技さえ知っていれば正解できるラッキー問題です。


他にも介護福祉士国家試験の中でも難しい医療面の知識分野から出題されている

問題74、問題83

もこの裏技だけで正解できるラッキー問題です。


平成30年度第31回介護福祉士国家試験だとこれらの3問がこの裏技だけで得点可能となっています。


私が試した結果上では、この裏技と、これから紹介する裏技、全て活用する事で概ね18問くらい正解できます。


ここから先は介護福祉士国家試験でしか活用できない裏技です。

更に、ここまで万能な裏技ではありません。

それでも、このような裏技に興味があればお進み下さい。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する