【ゲーム】あの有名ゲームPUBGの戦略クロスチャネルを解説 ビジネスで使えるゲームの戦略思考を徹底解説します

【ゲーム】あの有名ゲームPUBGの戦略クロスチャネルを解説 ビジネスで使えるゲームの戦略思考を徹底解説します

【ゲーム】あの有名ゲームPUBGの戦略クロスチャネルを解説 ビジネスで使えるゲームの戦略思考を徹底解説します

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

「どうやってクロスチャンネルで集客するのか?」


クロスチャネルは無限です。


実際のマーケティング戦略で、どのようなコミュニティを作るのかというPUBG戦略の作り方を説明します。



このクロスチャンネルをやることで、あなたは最短最速で集客目標の達成が可能になります。



今は個人時代。。。


副業時代、フリーランス時代といわれています。

この個人時代を勝ち続けられるスキルを説明していきます。


では、「なぜ、最短最速で集客ができるのか?」


これは、いろんな媒体をミックスして人の心理ごとに「これだ!これだ!これだ!」と決める戦略をどのように描いていけばいいのかということを説明していきます。



そして。。。


今はSNS時代と言われてます。


「なぜSNSが必要なのでしょう?」


これから、あなたが起業する上で大手に勝つためにはSNSしか勝つ術はありません。



逆に言えば、SNSさえ活用すれば資本がゼロでも、いろんなところに発展することができます。


挑戦できるわけです。



では、どのようにSNSを使い分けるのかということを説明していきます。 このやり方が一番重要です。






【認知(ATTENTION)】







まず人の心理。。。



例えば、あなたが起業しお店を開きました。しかし誰も、あなたのお店を知りません。当たり前ですよね。


でも、それを認知していかなければいけません。


「こんなサービスありますよ!」


と認知してもらわなければいけないのです。


✓ 認知(ATTENTION)


この認知(アテンション)の時に使うのはインスタとユーチューブです。


・Instagram

・You Tube



そして。。。


そのサービスを知ってくれた人に対して広告を打たなければいけません。


✓ 広告(ADVERTISE)


広告(アドバタイズ)のときに使うのはツイッターとインスタグラムです。


・Twitter

・Instagram


最終的に、そのサービスを利用してくれた人に対して管理をしなければいけません。管理しないと、みんな抜けていってしまいます。


✓ 管理(MANAGE)


管理(マネージ)に使うのはラインとフェイスブックです。


・LINE

・Facebook


このように使い分けをするのです。



では。。。


認知をしてもらうために


「なぜ youtube を使うのか?」

「なぜ、Instagram を使うのか?」


それには理由があります。


その理由は情報取得意識が高いからです。



なぜなら。。。


自分から「検索」していくという動的な行動をとるのが You TubeとInstagram なのです。



こういうことです。


例えば youtube であなたが「ビジネスの学び」を発信しているとします。


そして、実際に「何か学びをしたい!ビジネスを学びたい!」

という多くの人は、有名人の堀江さんなどのYou Tubeなどを観ています。


そうすると youtube が勝手にカテゴライズして学びに来ている人に

対して、あなたを認知してくれるわけです。



実際に、あなたが「学びに興味がある人はどこにいるか」を探さなくてもいいというわけです。


You Tubeが勝手に代行してやってくれるのです。ですから youtube は情報意識が高い人に対して 無料で最短最速でリーチができるのです。



さらに。。。


深い情報と人情というのが必要です。人というのは情報に集まるわけではなく、人というのは人に集まるのです。


例えば、 youtube で自分の作詞作曲した歌を投稿している人がいます。歌の上手な人がほんとうに多く投稿しています。


しかし、歌の投稿だけをしている人にチャンネル登録が集まるのかというと実際には集まりません。



なぜなら。。。


チャンネル登録が集まるか集まらないかというのは実は人なのです。

その人の人情や性格やライフスタイルに、人は集まるわけです。


それがないと、どんなに上手な歌をやっていても人は集まって来ないのです。この人情や深い情報を発信できるのが youtube やInstagramなのです。


こういうことです。





【広告(ADVERTISE)】







つぎに。。。


広告をどのように出せばいいのでしょうか?


なぜ、Twitter や Instagram の広告がいいのでしょう。



自然だから・・・


なぜかというと「広告の調整」ができるからです。


Youtube では、どんなに頑張っても1日1個くらいの動画しかできません。その1日1個の動画に広告を毎日いれると「えッ・・・」となりますよね。


それは広告ボリュームが出すぎだからです。




そこで。。。


例えば、Instagramであれば、4つストーリを上げたら1つ広告を上げるぐらいがちょうどいいのです。


これが重要なのです。


「広告のバランスの調整ができる」


このバランスの調整ができるからこそ、広告感を下げた広告が出せるわけです。広告感が出ない広告が出せるわけです。


また。。。


1か月に1回しか広告が打てない有料広告などは「あれも、これも・・・」と、いろんなことを広告しなくてはと書いてしまいます。そんな広告だから多くの会社は人が来ないのです。



ですから、広告(アドバタイズ)に最適なのは、Instagramや twitter だということです。




つぎに。。。


管理というのは、ただの機能です。


プッシュ通知が行いやすい。ずっと新しいことをプッシュして継続できます。


さらにイベント機能などの多くの機能があります。ですから機能的にLINE や Facebook を選ぶわけです。



ですからSNSというのは使っていくべきなのです。この機能をあなたの事業にも使えないか考えてみてください。



【ポジショニング】






Marketing(マーケティング)戦略




多くの経営者はいろんなことをインプットして、それを事業にアウトプットしています。


だから会社が成り立ってます。



ですが、経営をやっていると次第に


「インプットが足りなくなる・・・」

「アウトプットも少なくなる・・・」


たとえば。。。


会社を人に任せられて「あれ?自分は暇人だな・・・」と思い、そういえば何もアウトプットしていない、何もインプットしていないことに気づくのです。


そこで、インプットしようと考えますね。


まず、思いつくのが


・お堅いビジネス交流会

・高額なスクールに通う?

・素人のセミナーに通う?

・オンラインサロンに入る?


高額なスクールは例えば、プログラミングスクールなどがありますね。また素人のセミナーに入るのは、これは騙されやすいです。


「私は SNSコンサルティングです。」


などといっていますが、その人のアカウントを見るとフォロワー10人ぐらいしかいない・・・学ぶといっても、このようなかんじです。


なかなか、いいと思える学べる場がないです。


ではオンラインサロン。。。


多くのオンラインサロンがあります。西野さんのオンラインサロンは1000円で学べます。他にも多くのオンラインサロンがあります。


しかし、これが。。。社会の不です。


・地に足がついた学び場がない

・学びの質への信頼性がない

・人との出会いの場がない

・実際にスタートまでの環境



オンラインサロンでも、実際に学んだことで何かしたいときに、そこまでサポートしてくれるところがないわけです。



「自分のポジショニングをしっかり考えてください。」



楽しいと学べる・・・



ですから。。。


「趣味で入っているコミュニティなのか?」


「学びに入っているスクールなのか?」



実践的か空想的か・・・


ロケットを飛ばす…科学がなんだ…医学がこうだというのは空想的な話なのです。実践的なオンラインサロンというのは、ほとんどありません。



ここでポジショニング見つかりました。


「実践的なオンラインサロン」というのは、誰も居ないブルーオーシャンだということです。




では、次にやらなくてはいけないのは。。。





【セグメント】

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する