Brain

【ビジネスモデルマスター講座】全ての商売に共通する仕組みの作り方を大公開

【ビジネスモデルマスター講座】全ての商売に共通する仕組みの作り方を大公開

【ビジネスモデルマスター講座】全ての商売に共通する仕組みの作り方を大公開

迫佑樹
2021-01-15
29 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

TwitterやLINEをみてくださってる方はご存知の通り、オンライン教育事業や飲食店、バーや不動産や物販や美容室、そして今みなさんが使っているBrainというサービスの運営など、現在僕はさまざまな事業を展開しています。

そして、独立からたった4年、会社設立後してからはたったの2年で年商規模としては10億円を超えました。

その中で「どうして迫さんは、そんなにいろいろなジャンルのことで結果を出せるんですか?」という質問を非常によく受けます。

正直な話、オンライン教育事業を作るときも、飲食店を作るときも全く同じような思考回路で事業を構成しているんですよね。

僕からしてみれば、「商売において利益を出すための原理原則は決まっていて、その原理原則に従って構築していくだけなので、元から勝ちが確定したゲームをプレイしているだけ」という感じです。

だからこそ、負けを恐れることなく挑戦できるし、行動が早いのです。

ビジネスは、設計段階で結果の9割は決定するという事実

僕は、普段から事業を作る時は設計に最も時間を費やします。

  • どのようにして顧客を獲得してくるか
  • どのようにして顧客に商品の魅力を伝えるか
  • どんな価格設定が最適か
  • リピートしてもらうためにはどうするか
  • 新規顧客を自動で連れてくるにはどうするか
  • どうすれば自分の労力がかからず事業がスケールするか
  • 競合に対する自社の優位性はなにか
  • 費用対効果を考えた時に最もコスパが良い施策は何か

などを常に考えているんですね。

そして、「この事業はどう考えてもこれはうまくいく、そして外注化やツール化によって自分の労力をほぼ使わなくても事業が回るようになる」という判断ができてから実際の作業に取り組みます。

そう考えてみると、「事業の設計方法=ビジネスモデルの組み方」がわかっていれば、金銭的な余裕・時間的な自由が手に入るなんて当たり前なんです。

さて、前置きはこの辺にして中身に入っていきましょう。下記が本Brainの構成になります。

全て動画講義となっており、約10分前後で見れる内容になっています。

  1. なぜビジネスモデルについての知識がいるか
  2. 商売をするにあたって必ず知るべき施策の3分類
  3. 売上を決める公式とビジネスの流れ
  4. ビジネスの3施策と公式の関係
  5. ビジネスの3施策と流れの関係
  6. ビジネスを組む際の具体的な10のフロー 前半
  7. ビジネスを組む際の具体的な10のフロー 後半
  8. オンライン教育事業のビジネスモデル構築事例 前半
  9. オンライン教育事業のビジネスモデル構築事例 後半
  10. スイーツ系飲食店のビジネスモデル構築事例 前半
  11. スイーツ系飲食店のビジネスモデル構築事例 後半
  12. プラットフォームBrainのビジネスモデル構築事例 前半
  13. プラットフォームBrainのビジネスモデル構築事例 後半
  14. マジックバーのビジネスモデルを構築した事例 前半
  15. マジックバーのビジネスモデルを構築した事例 後半
  16. まとめと具体的な活用方法

今回はテキスト形式ではなく、細かいニュアンス等含めてお伝えするため、全て動画にてお届けさせていただいております。

よくTwitter等で見かける教材では、理論ばかり語られていますが、今回のBrainは基礎的なところをお話ししたのちに、僕が実際にビジネスモデルを組んだ流れや思考についてもお話をしています。

理論はネット上にも転がっていますが、現役経営者が施策として具体的に行ったことなどはほぼ出回っておりません。

また、本当に僕の事業構築の流れを全て公開しているため、あまり安価では受け取っていただきたくなく、「本気の人からしたら激安だけど、一般的に見るとちょっと高いかも」という値段設定にさせていただきました。(それでも価値を考えると激安ですが)

実際の具体事例がついていること、そしてそれを基礎から論理的に学べることに対して価値を感じてくださる方のみご購入ください。

また、公開からたった1日で400名以上の方にご購入いただき、たくさんのコメントをいただきました。

コメントの一部をご紹介しますので、迷ってる方は参考にしてみてくださいね。

内容は正直かなり良いと思います。購入のご決断をくださった方達に損はさせません。

それでは、本編に入っていきましょう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

29 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
桜庭パスタ郎

原則を知り、設計で明確化する。あとは愚直に行動するのみ。

「戦う前に勝ち負けは決する」 孫子の兵法にも書いてあります。 こんな内容を現代版として書き起こしたような内容でした。 いかに設計で数値や計画を明確にできるかが肝になっていると思いました。 適用する原則、土台をまずは知れたので、この原則をしっかりと踏まえた上でビジネスを構築してみようと思います。
tozan-miyage

ビジネスの根本は全て同じだった。

・感想  まだビジネスを作ったことはないのですが、  消費者目線で聞いても、  全ての自分の消費行動が、  このビジネスモデルに当てはまることがわかります。  気になる広告を見て、  興味があったら調査して購入、  満足できたらまた買って、  人にすすめる。  次は生産者側として  実行します。 ・新しく学んだこと  ビジネスの、原理・原則です。   1ビジネス3つの施策   2ビジネスの売り上げ公式   3ビジネスの流れ  (とにかく覚えて無意識化します) ・第3者に売るとしたらいくらで売却するか  売却しません。  自分で使った方が楽しいです。  プライスレス! ・今後どう活かしていくか  まずは今のWeb制作に組み込んでいきます。  そして資金と実績(ノウハウ)でコンテンツ販売  資金が増えたら事業のフェーズを狙います。 こんなにワクワクするんですね。 知識の重要さをまた実感。 何回も聴きなおします。 ありがとうございました。
いっせい

ビジネスの根幹を学べた!

具体的なビジネスフローがイメージできたのが良かったです。 商売の大前提の式と施策との関係は、一部はわかっていましたが 全体像として理解できなかったので頭の中がスッキリしました。 仕組化することを意識してやってきましたが、価値感教育が弱いところが悩んでいたので、今後何をすればよいのかも見えた気がします。考えた施策を2軸に分けて全体像を確認しながら実行していこうと思いました。 自分の考え方が変わる素晴らしい講義だったと思います。 本質を理解して、顧客にも価値を与え、それを仕組化する流れを作れるイメージができました!あとは行動して実際にその領域まで体験いたします。
RYO

売り上げの数式がすごく分かりやすい!

売り上げを伸ばす数式が大変分かりやすくかったです。Instagramをやるにしても、何のためにやるのかがすごく明確になります。なんと言っても、迫さんが実践した様々なビジネスモデルの事例が知れることが価値高いです。
かおり@香港バリキャリ→慶應卒バイリンガル起業家

ビジネスは数式と同じ

年商10億の迫さんのビジネスの作り方がわかりやすく説明されていて、今年自分の事業の基盤を盤石にしたい私には非常に役立つ内容でした。 動画をみて自分の事業の改善ポイントにも気づき、知らないで活動してたら絶対に事業が伸びなかっただろうと思いました。 この内容が数万円で手に入るなんてものすごい価格破壊です。それくらい凄まじい価値があります。今年事業を進めていくのが楽しみで仕方ありません。
コロナ禍起業家

ビジネスモデルの具体と抽象

世の中でビジネスについての本はたくさんあるし、ビジネスモデルについての本も沢山出てきています。 それらについて大量に本を読んだり、講義を受けてみたりしみましたが、ビジネスモデルについて腑に落ちたものは一度もなかったです。 今回この講座を購入させていただいて、ビジネスモデルを具体と抽象おりまぜて原理原則をわかりやすく示していただきやっと腑に落ちました。 値段については具体的なことは言いませんが、今まで使った書籍や講義代の1/10くらいだと思います笑 迫さん素晴らしい講座ありがとうございました!
角瓶

【破格過ぎました。ありがとうございます。】

この動画コンテンツでビジネスの根幹にあたる部分や実店舗経営の設計について中学生でも分かるレベルで実例付きで咀嚼しており、とても学びが大きかった。このコロナ禍でも利益を上げ続けている実例もあり、オフラインの経営している方にも大変参考になります。 今回学んだ知識は忖度なく一生使える事が出来る知識だと思います。今回学んだ知識を生かして今後のビジネスに活かして、自分幸せをする事で周りを幸せに仕組みが作れるビジネスにしていきたいです。
JINGLAND

再現性のある方法、勝てるイメージがつかめました

ビジネスの超基本から、その基本を構築するまでの流れが丁寧に記されており、とても理解しやすいです。 子供の教育にも役に立てます。次世代でのプラットフォームは変わっているかもしれませんが、基本は変わらないため、何年経っても使える教材。

この記事を購入する