Brain

【今からできる】価格戦略がどこよりも正しく学べる最強の教科書

【今からできる】価格戦略がどこよりも正しく学べる最強の教科書

【今からできる】価格戦略がどこよりも正しく学べる最強の教科書

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0



【今からできる】価格戦略がどこよりも正しく学べる最強の教科書

Price Strategy(プライス ストラテジー)で全てが決まる!儲かるお店と潰れるお店の真実


著者:MIYAKO

共同著者:相川正樹






Audible (オーディブル) 

本を聴くAmazonのサービス



【まえがき】




PRICE STRATEGY

(プライス ストラテジー)


とは価格戦略。


すべての中心となるのが価格戦略です。


「どうせ、価格なんて適当に決めればいいんでしょ!」

「後から変更すればいいし・・・」


でも。。。


価格というのは、すべての中心となるのです。


✓ 価格によって経営が変わる

✓ 価格によって表現が変わる


高い価格のもの。。。


例えば、古びた居酒屋で


「1万5千円というコース料金」


もしかしたら何かあるのでは?


価値があるのでは?


と思いますよね。


このように価格1つで、そのお店の雰囲気すら変えることができるわけです。


この戦略というのを、ほとんどの経営者はわかっていないのです。


昔は、物の時代、生産時代でした。


いろいろな物を大量生産していて洗濯機があまり普及されていない時代。。。


そんな時代に新しい型の洗濯機が発売されれば、多くの人がこぞって


「それ、欲しい!」と購入されます。


そんな物にあふれている時代だったわけです。


でも今の時代は誰も欲しがりません。


価格を下げたら売れるという時代ではない・・・


そういう時代は終わったのです。


価格を下げても販売数は伸びません。


お客様は増えないのです。


飲食店でもランチ1000円を980円にしても、売上は増えません。。。


だったら1500円にしたほうが増えます。


なぜなら。。。


価格を上げればお客様は増えるのです。


その理由をこれから説明していきます。



【まえがき】

【終わっている価格弾力性】

【勝ち続けられる戦略】

コスト戦略

差別化戦略

集中戦略 

【コスト戦略】

【差別化戦略】

【価格を上げるためのテクニック】

【PRICE EXPRESSIONとは】

【バリューハイライトとは】

【ARR 年間価値】

【FREEMIUM MODEL】

【おわりに】


利益を最大化する 価格決定戦略 (ASUKA BUSINESS) 








【終わっている価格弾力性】




まずは、価格の弾力性について、、、


バネを思い浮かべてください。


バネをギューッとおさえるとバネは勢いよくパーンと跳ね上がります。


価格(バネ)をおさえると跳ね上がるのです。


一昔前は、価格弾力性というものが語られていました。


例えば


価格(バネ)をそれほどおさえなければ


バネ(価格)は、跳ね上がらないのです。


逆に


価格(バネ)を思いっきりおさえれば


バネ(価格)は勢いよく跳ね上がり飛んでいきますね。


このように価格をできるだけおさえて利益を上げようとする説


(価格弾力性)が唱えられていたわけです。


しかし、この説はいまではもう終わっているわけです。


例えば。。。


ガリガリ君 


昔、ガリガリ君のアイスは60円でした。


今は70円から80円です。


でも、じつは販売数はまったく変わっていないのです。


いまでは、いろいろな商品でそのことが実証されています。


もし、あなたが美容院のオーナーで価格を1000円上げるのは不安ですし勇気がいりますよね。


「明日からお客が来なくなってしまうかも・・・」


など…。


正しく価格をあげれば♪


心配はいりません、お客様は減らないのです。


正しく上げればお客様は減らない、むしろ増えていくでしょう。


そう、ここが多くの人がわからない悩むところですね。。。


「正しい価格の上げ方って?」


あなたは美容院のオーナーです


お客様に


「どうして、うちの店を選んでくれたのですか?」


と聞いてみてください。


お客様が


「近所だから・・・」


「友達だから」


「知り合いだから」


「なんとなく・・・」


「安いから」


このようにお客さんの80%の人がとくに理由がなく来店しているのです。


友達だからとか知り合いだから、近所だから、なんとなく・・


という理由であったら経営失敗です。


また、安いから・・・


という理由でも、ほぼ経営失敗だと思ってください。


もし、理由に特異性であれば♪


「カットが上手だから」


「パーマがうまいから・・・」


「芸能人も来てるから・・・」


などの得意性を伝えてくれるお客様が多いのであれば経営は安泰なはずです。


なんで、その価格で売れちゃうの? 行動経済学でわかる「値づけの科学」



【勝ち続けられる戦略】


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
やま| Kindle & Brain 評論家

\価格戦略を学ぶメリット!/

❶ 値上げとは魅せ方を変えること ❷ コスト戦略 差別化戦略 集中戦略 の違いから学ぶ ❸ 低価格、大量生産では勝てない 中小企業の価格戦略から学ぶ \初心者でも価格戦略か1から 学べます!/

この記事を購入する