【公務員試験論文予想2022・答案例あり】これだけ書ければ大丈夫 テーマ⑨「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて行政が取り組むべきこと」公務員試験論文対策 市役所論文対策 1週間あれば100点解答

【公務員試験論文予想2022・答案例あり】これだけ書ければ大丈夫 テーマ⑨「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて行政が取り組むべきこと」公務員試験論文対策 市役所論文対策 1週間あれば100点解答

【公務員試験論文予想2022・答案例あり】これだけ書ければ大丈夫 テーマ⑨「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて行政が取り組むべきこと」公務員試験論文対策 市役所論文対策 1週間あれば100点解答

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

真剣に公務員試験に合格して内定が欲しい方、論文で少しでも多く点数を取りたい方は購入をおすすめします。

みなさん公務員試験の勉強進んでいますでしょうか?

公務員試験の論文試験は教養・専門試験と違いどう対策したらいいか分かり辛く、受験生の多くがは論文対策を後回しにしてしまいがちです。

しかしながら、

公務員試験の合否を分けるのは間違いなく論文だと私は考えています。

例えば特別区の公務員試験です。特別区の試験の配点の比率は公表されていませんが

この配点比率は本当に正しく、例年教養試験と専門試験の点数が8割以上の点数を獲得していたのにもかかわらず、論文が壊滅的で不合格になってしまう方が多くいます。

なぜなら1次試験の6割もの配点を論文が占めると言われているからです。

つまり

教養・専門科目の得点がたとえ5割や4割の得点率でも、論文の得点次第で簡単に順位逆転が起こり、成績開示をしてみると上位50人以上に入ってたことも多々あります。

そして希望区に採用されるには論文で高得点を取ることが必須です。(特別区採用試験は、合格順位が高い人から優先的に希望区の試験に呼ばれますので、上位合格論文を書けるかどうかが勝負の分かれ目になります。)

これは特別区だけでなく、

都庁、国家公務員総合職、国家公務員一般職、市役所もすべて当てはまるのです。なぜなら合格=採用ではなく、ただ採用名簿に名前が載るのです。

採用名簿は基本的に上から点数順に名前が載るので、上位層つまり高得点を取れた方から名簿は回り、採用されていきます。

つまり採用名簿に名前がのったとしても、このまま採用されず不合格に等しいことが起きうるのです。(俗にいう名簿漏れ)

公務員試験では公表されている配点比率より論文を高く採点している某区役所もあります。論文試験も油断できません。

そんな論文試験ですが、実は簡単で近道な対策方法があります。


それは論文の書き方を研究している人や論文を書くのが生まれつき上手い人の論文の構成、文脈、語彙など全て丸パクリして書くことです。

ただここで注意したいのが参考書の論文の見本例を丸々書くのはだめです。基本的に論文試験は参考書に乗っているテーマから少し改良して問題を作ることが多いので要注意です。

はっきりいって論文は正解が1つだけではないので、何通りも書き方はあるのですが、うまい人が書く論文や論文試験で採点してて高得点を取っている人は独創性だったり、オリジナリティ溢れているわけではなく、基本に忠実に書いており、読みやすく、減点するポイントがほぼないのです。

テーマごとに論文の9割から100点を狙える解答例をここに書いていきます。このnoteを買ってくださった方はこの解答例を参考にして、試験を突破してください。真剣に公務員試験に合格して内定が欲しい方、論文で少しでも多く点数を取りたい方に後悔はさせません。

それではいきましょう


テーマ⑨「ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて行政が取り組むべきこと」

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する