Brain

【品質管理・品質保証】新工場で不良率5%以上から0.1%以下を達成した、品質不具合撲滅の本質

【品質管理・品質保証】新工場で不良率5%以上から0.1%以下を達成した、品質不具合撲滅の本質

【品質管理・品質保証】新工場で不良率5%以上から0.1%以下を達成した、品質不具合撲滅の本質

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちわ、きよと申します。

私は某大手重電会社にて、7年間品質管理、そして品質保証の仕事に携わってきました。

7年間業務に携わり、様々な品質不具合に直面してきました。

ものづくり企業で、切っても切れない大きな課題。

それは品質不具合だと思います。

入社3年目で、新しく立ち上げた工場に異動になりました。

始めは品質不具合が毎日のように発生し、不良率が5%以上はザラでした。

そんな工場で4年、本気で品質不具合と向き合い、原因追及と対策検討を粘り強く行ってきた結果、現在、不良率は0.1%を切る値を推移しています。

私がこれまでに培った品質不具合に対する解決方法。

そしてどのように品質不具合を解決してきたか、このnoteで解説していきます。

少しでもみなさんのお役に立てたらと思い、執筆することにしました。

よろしくお願いいたします。

目次

品質不具合発生時、最も大切なこと、それは「真因調査」

4Mで真因を分析

Man(人)に関する事柄

Machine(設備)に関する事柄

Material(材料)に関する事柄

Method(方法)に関する事柄

まとめ

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する