Brain

【怒らない子育て①】「怒る」とは何か?と子どもに怒らない3つのコツ

【怒らない子育て①】「怒る」とは何か?と子どもに怒らない3つのコツ

【怒らない子育て①】「怒る」とは何か?と子どもに怒らない3つのコツ

ゴン汰
2021-07-21
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

【この記事はこんな人にオススメ!!】

●子どもに対してイライラしてしまう人

●子どもを怒鳴りつけたり、叩いたりしてしまう人


「今日、先生に怒られたー!」

なんて、子どもが言うことはありませんか?

よくよく話を聞いてみると、

「『怒られた』っていうより、注意されただけじゃん。」

なんてことは多々あると思います。

でも、大人もイマイチ「怒る」と「叱る」の違いがわかっていない人がいるかもしれません。

多くの場合、子どもの悪さに対しての注意は「怒る」という表現が使われています。

大人は注意のつもりでも、その方法が「怒鳴りつける」や「叩く」という方法になってしまいがちです。

以前は、「子どもは叩いて育てるもの」といった常識がありました。

しかし今日では、親による暴力はしつけの為であっても法律で禁止されるなど、

社会の風潮も【怒らない子育て】に向かっています。

「大人だって、できれば子どもを怒りたくないよ!」

という人は、たくさんいますよね?

そんな人たちのために、今回はつぎの2本立てのテーマで解説していきます。

  • 「怒る」とは何か?
  • 「怒らない」にはどうしたらいいか?

ぜひ最後までご覧ください。


「怒る」って何? 


「怒る」という言葉の意味を調べてみると、次のように書かれています。


  1. 不満・不快なことがあって、我慢できない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。
  2. よくない言動を強くとがめる。しかる。


子どもを育てるのに使われる意味はもちろん2番目の意味です。

「しかる」という類義語がのっていますもんね。

しかし、子どもを「叱っている」つもりでも、その感情に1番目の意味の「怒る」は入っていませんか?

子どもは思いもかけない行動をします。

その行動が「悪いこと」である場合はたくさんあります。

また、何度も教えたのに、なかなかできないこともたくさんあります。

そのたびに、

「コラッ!何してるの!?なんでこんなことしたの!?」

「何度言ったらできるんだ!?」

などと、イラッとすることってありますよね?

その腹立たしい気持ちをどうするか、で「怒る」と「叱る」に違いが出てきます。

「怒る」とは、「いかりの感情」を子どもにぶつけることです。

結論からいうと、子どもと関わるうえで「怒る」とは、子どものした悪さや、できないことに対する、イラッとした「いかりの感情」を子どもに直接ぶつけることです。

  • 子どもにイラッとして、つい叩いてしまった。
  • 子どもにムカついて、怒鳴り散らして怒ってしまった。

ということが具体的な行動です。

大人も人間です。

イラッとすることもあれば、それをコントロールできないことだってあります。

ついつい、我を忘れてしまい、怒って叩いてしまったり、怒鳴ってしまうこともあるかもしれません。

しかし、子育てにおいて「怒る」には重大な欠点があります。

子どものためを思って、その行いをやめさせようと怒っていても、

その効果がなくなってしまうような副作用があるのです。

「怒る」の副作用

皆さんは、子ども時代を含めたこれまでで、誰かをわざと怒らせたことはありませんか?

たとえば…

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する