Brain

【毎日5万円の利益】Facebook/InstagramでAD運用を始める方法を徹底解説!実績レポート公開!

【毎日5万円の利益】Facebook/InstagramでAD運用を始める方法を徹底解説!実績レポート公開!

【毎日5万円の利益】Facebook/InstagramでAD運用を始める方法を徹底解説!実績レポート公開!

1 件のレビューがあります
平均スコア 4.0

前回の記事、【実績公開】原資5万で始められるアフィリエイト広告運用方法を東証一部上場ASPが徹底解説!では


月100万円以上稼ぐアフィリエイト広告の運用方法

AD運用について解説しました。



AD運用とは、


ブログやキュレーションメディアで

「PR」「AD」「広告」などの表記がついてる広告枠のことです。


広告枠にオークション形式で広告費を支払い、広告掲載をします。



画像をクリックしたユーザーを

その広告のPR記事に遷移させ、商品購入やサービス登録に誘導します。


SEOやPPC(クリック報酬型広告)のように「検索するユーザー」に広告を表示させるのではなく

「検索の外側にいる潜在的ユーザー」に広告を表示させます。



WEBマーケティングにおける集団構成比の

60%がこの検索の外側にいる潜在的ユーザーです。


今、SEOアフィリエイターの皆さんは13%の検索するユーザー

を取り合っている状況です。


AD運用とは60%の潜在的ユーザーにアプローチする運用方法です。



と、AD運用をざっと説明すると

こんな感じです。


詳しい説明はこちらをご覧ください。



前回の記事は、

記事・クリエイティブ作成について中心に書きました。



今回は媒体アカウント開設から入稿方法、運用ノウハウなど

より実践的な内容を、ゼロから順を追って解説したいと思います。


媒体により仕様が異なりますので

本記事ではFacebook運用に特化して書きます。



読み進めながら、同時にAD運用を開始できる教科書的な内容にしたいと思います。

まさに読んでやるだけです。



初めにFacebook広告の特徴を説明して

実際の管理画面をお見せしながら、先月の筆者の運用実績/利益を公開します。


先にお伝えしますが、先月は1案件、16日間の運用で60万の純利益でした。



その後に具体的に、


・広告アカウントの開設方法について(運用する土台をつくる)

・入稿/運用方法について(運用を開始する)

・【本記事限定】半月で60万以上稼ぐ個人的な運用のコツ(利益を積み上げる)


の3つを細かく解説してきます。



Facebook広告の特徴

本記事の題材にFacebookを選んだ理由は、

2点です。


 1. 個人の運用者に優位な配信面であること

 2. 短期間で成果を出すことが可能で、初心者でも失敗するリスクが少ないこと



1.個人の運用者に優位な配信面である

Facebookは誰でも無料で広告アカウントの開設ができ、

個人のアフィリエイターが活躍している配信面です。



他の配信面は

法人しかアカウント開設が出来なかったり、

アカウント開設にデポジットとして50万円程かかったりと

個人が始めるにはハードルが高い配信面が殆どです。



また、法人のライバルが少ない配信面でもあります。


Facebook広告アカウントを開設するには個人アカウントが必須となりますが、

ここが法人にはネックとなります。



より多くの案件、より多くの予算を使って運用し、

自社の利益を確保する必要がある法人は、

運用の為に個人アカウントを量産します。



どう量産するのかと言うと、

個人アカウントを架空の人物で作成したり、購入したりします。



こうした個人アカウントはFacebookからの信頼が薄く、

配信を開始しても広告アカウントがすぐに停止され、配信が出来なくなります。



法人はこの広告アカウントの停止、即ち広告配信が出来ないリスクと

日々戦っているのです…。



一方、個人アフィリエイターは

自身の個人アカウントを利用し、広告アカウントを開設します。


こうした本物のアカウントは

Facebookからの信頼が厚く、広告配信に非常に有利です。



個人が法人に勝てる配信面なのが

Facebookです。



※個人アカウントを利用しますが、

あなたのFacebookアカウントに広告掲載される訳ではありませんのでご安心ください。

広告アカウントの開設に、個人アカウントが必要なだけです。



2.短期間で成果を出すことが可能で、初心者でも失敗するリスクが少ない

Facebook広告は、広告アカウントの開設に審査はなく

個人アカウントさえあれば即開設が可能です。


実際に配信をする画像やテキストには入稿をした後に、審査があり

審査は数時間程で完了します。



配信の準備(広告アカウント開設と入稿)に1日も掛かりません。


次の章で1案件の実績を書きますが、

配信開始から3日目で、5万円/1日の粗利が出ました。



SEOやPPCで

こんなに短期間で成果を出すのは難しいですよね?



なぜ短期間で成果が出せ、かつ失敗するリスクが少ないかというと

Facebookが配信面として非常に賢いからです。



Instagramに広告を出す場合にもFacebookを利用します。


Facebookの日本の月間アクティブユーザーは2,600万人、

Instagramは3,300万人と発表されており、

多くの日本人にとって最も身近なSNSと言えるでしょう。



ユーザーはFacebookを利用する為に

原則本名でアカウントを開設し


性別や年齢、出身地・居住地など基本的な属性から

学歴・職歴や交際ステータス、趣味・趣向までに至る情報を登録します。



他AD運用媒体と比較し、

ユーザーが登録する情報がずば抜けて詳細かつ量が多いです。


また、ユーザーがいいねやシェアしたコンテンツや利用中の位置情報も蓄積されています。



このようにFacebookが保有する情報は膨大です。



保有するデータを元に行うターゲティング配信は精度が高く、

この精度の高さがFacebook広告の一番の特徴です。



配信を開始すると、

Facebookの配信システムは機械学習を行います。


広告が表示されるたびに

最適なターゲット、時間帯、配信面、クリエイティブを学習し、

より良い成果が出せるように最適化を行います。



保有する情報が膨大かつ精密な為、

Facebook広告は自動最適化の精度が非常に高いです。



一度配信開始してしまえば、

効果の良いクリエイティブをFacebookが自動に選択し、

効果の良い枠に勝手に配信してくれます。




他の配信面と比較しても

Facebookが個人アフィリエイターに適していることは以下の通りです。


このようにFacebook広告は

 AD運用の媒体の中でも参入ハードルが低く、高い運用技術も必要ありません。



まずはFacebook運用実績をお見せします

筆者は東証一部上場企業運営のASPAD.TRACK

営業担当です。



営業担当としてアフィリエイターのサポートをメインで行いつつ、

AD運用もしています。



筆者の運用実績をお見せしましょう。

先月はFacebookで1案件運用していました。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

1 件のレビューがあります
平均スコア 4.0
ccasso

実体験に元づいた内容。

この度は実体験に元づい内容を拝見できてとても光栄です。あとは実践のみですね。的確にこなしていこうと思います。ありがとうございました。

この記事を購入する