【毎週1部限定】Kindle 初心者・Webライター向け「電子書籍出版マニュアル・弱者の戦略とは?」

【5部限定】Kindle 初心者・Webライター向け「電子書籍出版マニュアル・弱者の戦略とは?」

【5部限定】Kindle 初心者・Webライター向け「電子書籍出版マニュアル・弱者の戦略とは?」

平野たけし
2022-07-19
3 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

⚠️【5部限定】7月18日まで「1,980円」で販売❗


【感謝御礼】
▶︎初版5部「49分」で完売
▶︎第2版「10分」で完売
▶︎俳優や税理士、鍼灸整体師など多ジャンルの依頼者様から星5つの評価

https://twitter.com/yuzuyurin214/status/1533622154788753408


このbrainは「KindleのノウハウがないWebライター」や「Kindle初心者」に向けた「選ばれるタイトル作り」「原稿の書きかた」などを解説した【Kindle入門書】です❗


本気で作ったコンテンツを全力で売り込みます


このbrainのターゲットは「Kindleのノウハウがゼロの過去のぼく」を想定しています。はじめてKindleを出版する前に欲しかった情報をまとめました。


ここから「過去のぼく」と「Kindleに興味はあるけど踏み出せない人」にコンテンツを購入してもらうため、ゴリゴリに売り込みます。


セールスライティングが苦手な人は、今すぐページを閉じてください。


このbrainはこんな人におすすめします


Kindleをこれから出版する
1冊の印税が月に0~500円前後
Kindle出版経験がないWebライター など


kindle編集者として「読まれるKindle」を作る知見を全部入れました️


ライティングの知識がゼロ・影響力が皆無だとしても関係なくKindleを作って販売できるロードマップです。


無策・独学・丸腰では売れるKindleは作れない

ぼくが所属していた「インフルエンサーのイケハヤさん」のオンラインサロンや、LINEグループなどで、Kindle出版のチャレンジャーを数百人単位で見てきました。

ですが、1~2冊であきらめるケースが後を絶ちません


出版をやめる原因は「読まれない=売れない」からです。印税が入り続けるなら、やめる理由はありませんよね。


Kindle出版のノウハウが広まってきているものの「出版したい・ただ書きたい」といった意欲が先行し「Amazonの読者に選ばれる作りかたが浸透していない」と感じます。


なにもノウハウがない状態では……


【無策で執筆⇒出版⇒売れない結末】


多くの人がこんな未来にたどり着きます。


ですので、ぼくのbrainや別の教材でも構いませんが、ノウハウを学んだほうが「あきらかに楽に勝ちやすい」です


Kindleを積み重ねた結果、収益が激変

ぼく自身2020年12月に初出版。合計11冊を執筆してほぼ毎月印税5桁以上。2021年からKindle編集を請け負い、ご依頼が殺到しました!


2022年6月現在、Kindle編集者として編集の案件を9件、ペーパーバック化(紙書籍)に3件携わりました。ベストセラーも4件獲得しています!

https://twitter.com/Hirano_Life/status/1529066677345787904


Webライターとしても活動中。企業から記事作成の案件をいただき、副業の「Kindleの執筆」から約1年で、月によっては本業の倍を超える収入を得ています。


上記の結果は自慢ではなく「再現性」があります。なぜなら僕は「Kindle出版」からスキルとノウハウを高めたからです


ですので、あなたが完全に初心者だとしても、Kindleの出版を続けると、数か月後にはぼくと同じ立場まで来られます⏫


普通の人は1冊1000円の売り上げが現実的

天才や、超レアな体験談を書ける人なら1冊で数万円の利益を出す本を書けますが、普通の人は超むずかしいです。


ですが、際立った能力がなくても1冊で毎月1000円を目指せる本は作れます。


と言うより、Kindleやブログで「毎月1000円」の不労所得は十分にスゴいんです。

https://twitter.com/NINJAkusokuso/status/1535110602435497984

1撃で数万円の印税は再現性が低い

「1冊で数万円得られる」といった情報を見聞きした人もいるかもですが、再現はむずかしい……と思っています。


正確には、完全初心者にはできない(向かない)情報が多いと思いました


※例:再現性が低いKindleの売りかた
①原稿を超低単価で発注。または1つの原稿をリライト。著者名と表紙を変えて出版しまくる。
②売れるジャンル(特に男性向けアダルト・お金の稼ぎかた)に絞って執筆する。
③影響力を身につけてフォロワーに読んで(買って)もらう。


①は、そもそも単価0.1円のような低単価で記事を書いてくれるブックライターはいません。いたとしても実績がないライティング初心者が多いはず。


そのため、発注者が納品してきた原稿をリライトできなければ、質の担保はできません。



②は売れるジャンルの体験談や実績がないと、そもそも執筆できませんよね。そして③の影響力は一朝一夕では増やせない。


要は世の中に「ウマい話は転がっていない」って結論です。


実際にぼくは再現性が低い有料noteや情報商材で、十数万円はドブ”に捨てました……。


長男が生まれる間際で散財して、妻に泣きながら詫びた覚えがあります。


無名・影響力ゼロでも再現性がある「弱者の戦略」とは?

ここまでで無名だったり、認知度が低い人は「出版してもぜんぜん読まれないじゃん」って思いませんでしたか?


安心してください。Amazonの読者に「検索される」Kindle作りが、インフルエンサーや出版社に対抗できる「弱者の戦略」です。


ぼくのTwitterのフォロワーは300人少々(2022年6月現在)です。影響力は皆無と変わりません


一切告知せず、一定以上の収益を上げ続けている理由は「検索される本」を作り続けたからです。


事実として、編集に携わった本も無告知にも関わらず、同じように売れ続けています️


https://twitter.com/ryota_sakai_act/status/1438289841859399680

https://twitter.com/oukan2020/status/1520016303318536192

出版までのロードマップを網羅的に解説

「印税が欲しい」とか「自己表現がしたい」が先行して「結局だれにも読まれない未来」を回避するために「Kindleのノウハウからライティングの技術」まで、ロードマップとして網羅的にまとめました


第1章 執筆テーマの作りかた
第2章 失敗しないタイトル作り
第3章 原稿完成までの「7つのステップ」
第4章 読みやすい文章作り 基礎7選
第5章 5つの文章の作法とは?
第6章 誤字脱字チェックの方法5選
第7章 売り上げ向上の販促方法
第8章 印税以外で収益を得る方法
以下、加筆予定
第9章 kindle初心者の悩みQ&A


「テーマ決め⇒ライバルの調査方法⇒タイトルの作りかた⇒原稿の骨組み作り⇒文章の型⇒読者視点の文章の作りかた⇒ワンランク上の文章術」などなど……


Kindle初心者が出版をあきらめないように、文章を書く前の「コンセプト作り」から時系列順に解説しました。


brain作者の実績

ここまでで「あなたは何者なの?」と思う人もいるはず。軽く自己紹介させていただきます。


いまさらですが、はじめまして! 平野たけしと申します。Kindle編集者・Webライターとして活動しています✍️


■出版
・kindle11冊執筆
・Amazonカテゴリーランキング10冠
・Amazonベストセラー獲得


■編集作品
・俳優
酒井良太さまkindle
・東日本税理士法人
代表 長 英一郎さまkindle・ペーパーバック
・伊ケ谷鍼灸整体院
院長 伊ケ谷応幹さまkindle・ペーパーバック
・合計9冊のkindle編集に携わる
・編集に携わった9冊中4冊のベストセラー
・カテゴリー1位獲得率 100%


■執筆(Webライター)
・快適介護生活さま
・日本ミュージカル学会さま
・介護、福祉関連の記事多数


ノウハウがネットで出回っていない時期から、自分のKindleで実験・ABテスト。成功と失敗から活きた情報のみまとめてあります。


元々はギャンブル依存症

これからKindleにチャレンジする人の視点では、ぼくの実績は「凄い」と思うかもしれません。


ですが、ぼくは元々ダメ人間です。


19歳からパチスロにハマり、33歳まで14年間で毎月5~10万は溶かしていました。トータルで800万は消し飛ばしたでしょう。いや、1000万を超えているかもしれません。

アツいイベントの日は"たまたま熱を出して”職場に欠勤の連絡を入れたあと、朝イチでマル〇ンの抽選に並んでいました。特に7月7日は仕事をした覚えはありません。マジで家庭をブチ壊す寸前でした。


子どもが産まれてから自分の優先順位を見つめ直し、副業を模索してものの、特にスキルがない人間が上手くいくわけもなく……


■ブログ
・コンサル費用に27万円つぎ込む
・アクセスはほぼゼロで収益化失敗
・年商500円前後


■店舗せどり(転売)
・店の商品を片っぱしからチェック⇒利益商品が見つからない
・やっと見つけた商品もライバルと値下げ合戦
・在庫を抱え赤字撤退


■有料の情報商材(SNSを使ったマネタイズ法)
・再現性がない
・フォロワー依存
・ブロックされて終わり


自分の無能さと絶望感でドン底にいたとき、たまたまkindleを知り「作家とかカッコよさそう」という理由でチャレンジ。


そして初出版の翌月、2021年1月の印税は1,226円。


「いける。これだ」


しかも、SNSを通じてお礼状をいただいたり、レビューでお褒めの言葉をいただいたり。

もちろん必ずいい評価をいただけるわけではありません。

安定した収益化まで時間はかかりました。レビューで「☆1」が付いて、ショックを受けて落ち込みました。出版を続けても毎回うまくいきませんでした。


ですが、自分の経験が誰かの役に立つ。しかも対価として印税をいただける。成功体験も得られる。


ぼくはメリットが上回ったのでKindleに関わり続け、いまではKindle編集者を名のれています。ですので、あなたも数か月後にはぼくの横に並びますよ(笑)


brain対象外の人❎

・理想の印税が得られている
・一撃で数万円の印税を求める
・何冊もKindleを出版している
・自分で正しい情報を集められる
・かんたんに稼ぎたい思いがある


前提として読んだだけでは売れるKindleは作れません。読んで実践と学ぶ意思は必要です。


お金だけが目的だけであれば、他の方々の有用なbrainをお求めください。ぼくのbrainではもの足りないはずです。


brainがオススメの人⭕

・コツコツ積み上げられる
・安定した収益を求めている
・いますぐ高額な印税を求めない


くり返しますが、無名で影響力がない普通の人は、1冊で1000円の印税がまずは目指すべき地点


ですが、10冊積み上げれば1万円の不労所得。ヒットが出ればさらに上を目指せます


印税を目指したい。自己表現もしたい


そんな人にぜひ読んでいただきたいです!


実質0円!

ぼくにKindle編集をご依頼いただ際に「購入したbrainと同じ額」を価格調整してお見積りを差し上げます。ですので「実質0円」で購入いただけます


ココナラでご相談いただく際に「brainを購入した旨」と「購入額のスクショ」をお送りください。


今後も情報を追記(値上げ)します⚠️


今後も内容を加筆していきますが、追記のたびに値上げします(すでに、34,606文字のボリューム)。


ですが、煽って値上げするやり方が好みではないため、追記と値上げは基本的に予告をしません。


ココナラ・noteでも同じ商品を販売しており、以下の価格変更の条件を設けています。


定価 19,800円
条件1:10部お買い上げ⇒1,000円増額
条件2:大幅な加筆修正⇒1,000円増額
⚠️毎週1部のみ限定販売
⚠️売り切れ後は翌週の金曜日まで再販しません
⚠️【5部限定】7月18日まで「1,980円」で販売❗

https://twitter.com/Hirano_Life/status/1535478792117841920


買い切りなので、早い段階で購入したほうが得ではあります。しかも、現時点でKindle1冊分以上のボリュームがありますよ!


「Kindle編集者・Webライター」のノウハウをすべて公開しました

本brainをまとめると以下の内容です。


✅kindleで読まれる(稼ぐ)方法がわかる
✅Webライターのライティングスキルがわかる
✅Kindleのノウハウがわかる



■Kindle出版を目指す人のメリット
⭕印税が狙える
⭕面接などで「出版経験」を実績に使える
※紙の書籍を作って相手に渡すとインパクト大
⭕Kindle経由で自分の商品を紹介できる(販促・集客)
⭕ビジネスシーンで出版の経験を語れる(仕事に繋がる)


■Webライターのメリット
⭕ポートフォリオ代わりに使える
⭕kindle経由で依頼が入る可能性
⭕ライター×Kindleの知識で希少性が増す
⭕クライアント様からKindle出版・編集の仕事を巻き取れる
(文字単価5円以上が相場かと。ぼくは単価3円から受注しています)


「Webライターのライティングスキル」と「kindle編集者のノウハウ」がミックスした、ほかに実例がないbrainかと✍️

ぼくは企業に文章を納める仕事をしているので、客観的にも評価されています


あなたが得られるもの

「このBrainを購入したときの損」はなにか……?


brainの購入費用だけですよね。


マックやコンビニで、高校生のアルバイトが数時間で稼げる金額です。

数冊のマンガ、1回の飲み会やディナー以下の費用。現在の値段を月割りしても、コンビニのコーヒー1本程度


コーヒーやドリンク購入をためらうなら、購入しないほうがいいかもひれません。


そして、得られるものは「世界規模のAmazonで無名の個人が本を売る知識」です。


1冊で1000円得られる本を作れば、brainのコストは数か月で回収できるでしょう。得られる知識のリターンを考えればリーズナブルでしょう。


お金をかけたくない気持ちも分かりますが、ネットで何時間も知識を回収して、結局行動しない姿が見えませんか?


brain限定の特典として「紹介率も最大値」で設定しました。


しかも紹介率は最大の「50%」。19,800円まで値上げしますので、最大で「9,900円」を受け取れます。


人によっては「たった1部」を紹介しただけで、brainの購入費を回収できます。


紹介率の設定は、ぼくからのささやかなプレゼント。得られた紹介料は、Kindleの表紙の外注費に充ててください!


kindleで不労所得と作家の権威性を作る


brainの価格は最大でも19,800円。1年間使い倒せば1日あたり約54円。ドンキでドリンクを買うより安い価格で、活きたノウハウが学べます。


brainを購入後、そのまま再現するだけで、年間20~30万円の不労所得を得る人もいるでしょう。


要するにこのbrainは600万円の株(年利5%運用の想定)と同じ価値


印税だけではなく「本を出版した実績」と「作家」の肩書が手に入ります。普通の人では「本を出す」とかありえませんよね。収入と実績、自己表現まで達成できます。自宅でできる副業としては最高峰かと!


ぜひ本brainを参考にして、Kindle出版にチャレンジしてください。

では、本編でお会いしましょう!


第1章 執筆テーマの作りかた

本を作るならネタが必要ですよね。

しかし「なにを書けばいいか分からない……」と悩む人は少なくありません。ネタが浮かんでは消えていき、挫折して出版をあきらめる人もたくさんいます。

ですが安心してください! ムリにテーマを絞りだそうと頭をひねりすぎず、ありのまま「自分の

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

3 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ワタル

Kindle出版前に読めてよかった!

Kindleのタイトルキーワードの具体的なやり方がわかりました!Kindle出版もSEOに近いものがあると感じたので、検索数や競合数を意識してみます!過去の体験の深掘りの部分は最初につまづく部分だと思うので具体例、経験、やり方などで深掘りしてくれるとうれしいです。
じゃんきー

文章を仕事にしている人、みんなに読んでもらいたい

Kindleを出版したいと考えている方はもちろんですが、文章を仕事にしている全員に読んでいただきたい内容でした。執筆テーマの選定から文章の書き方まで初心者にもわかりやすく解説してくださってますよ。これで今後も内容が追加されるとのことなので満足度かなり高いです。あとは自分が動き出すだけの状態を作ってくださっています。サイコーの教材をありがとうございます!!!
とぽ

具体的で分かりやすいです!

今年Kindle出版を目指している私にとって、ドンピシャのBrainです! 出版するために何が必要か?という疑問に、具体的に想像しやすい例えが沢山書かれています。 何度も何度も読んで、絶対Kindle出版させるぞ!とやる気になりました。 最高のBrainありがとうございます!

この記事を購入する