Brain

【緊急速報】仮想現実でマネタイズが加速する!遊びを仕事にするコツを教えます。

【緊急速報】仮想現実でマネタイズが加速する!遊びを仕事にするコツを教えます。

【緊急速報】仮想現実でマネタイズが加速する!遊びを仕事にするコツを教えます。

6 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
更にお金が稼ぎやすくなります。

これを知っているか知らないかで

物凄い格差ができます。

竹槍 VS 核爆弾

くらいの戦力差ができる

イメージです。

VS

今回の内容はnoteで売り出したところ

一瞬で売り切れになったものです。

価格はそれほど上がりませんが

販売は予告なく終了します。

よって内容を知りたい方は

今買えるうちに

買っておいてください。


当然、早く知った方が早く動けます。


未来を先取りできます。

現在とあるニュース

SNS業界が盛り上がっています。

私のところにも

結構、質問が来ていたり

するんですけどー

Facebookが「meta(メタ)」という

社名に変更して

メタバース・ファースト

活動をやっていくということを

宣言したということで

この件について

奥田さんどう思いますか?

というようなメッセージを

いくつかいただいたんですが


この「メタバース」の実現。

ここは非常に賛否、

分かれるところだと思っていて

「今更メタバース?」

という意見だったり

仮想現実の世界が

本当に広がるのか?

というところに

疑問を持っている人たちも

かなりいるようですので

そういった意見に対して

今後どれだけメタ社が


新しい"面白さ"として

メタバースを

プロモーションできるか?

というところが

私は凄く大事になると

感じています。


アプローチの仕方ですね。


そもそも

この「メタ」ですよね。

Facebookが会社名を

変更してまでやっていく

このメタバースというものが


どういったものか知らない人も

きっといらっしゃると思うので、

まず簡単に説明すると

「仮想空間」ですよね。

「メタバース」は

ネット上に現実と同じような世界、

社会を実現していくことです。

ネットの中に

自分のキャラクターを作って

もう1人の自分である

「アバター」を作成し、


ネットの中でも

1人の人として

日常を過ごす。

ネットの仮想現実で

社会的な役割を担った

活動をしていくことです。

これはすでに

ネットゲームの世界等では

早くも実現していて

たとえば、

日本で一番、一般的に普及した

メタバースの空間として

認知されているのは

「アメーバピグ」ではないでしょうか。

あんな感じで

インターネットの中に

一つの世界、社会というのがあって、

そこでコミュティーを築いて

参加者と会話したり、

遊んだりして

楽しく過ごすという

そういう感じです。

一度でもやったことがある方は

アメーバピグを

想像してもらえれば


メタバースというものが

よく分かると思うんですが

あのアメーバピグの

超リアリティーのある

進化版をFacebookメタ社は

実現しようとしているんです。


メタ社が思い描く仮想空間を作って

世界中の人と気軽にネットで繋がり

社会性を伴った交流できる


ネット上での「国」というか

社会を作って流行らせることが

彼らの目的だと私は感じています。

Facebookがメタになって

メタバース・ファースト

やっていくという宣言に対して

すでに批判的なコメントも

いくつか寄せられていて、

その中の一つが

2ちゃんねる創設者の

ひろゆき氏の発言

「いまさらかよ」

と。

ひろゆき氏が言うには

ファイナルファンタジーという

人気ゲームがあるんですが

そのゲーム自体が

すでにメタバース的な感じの

展開というのをすでにしていて、

ファイナルファンタジー14は

仮想現実を楽しめるゲームとして

定額課金を導入したサービスで

世界中の人とゲーム内で繋がって

遊ぶことができるコンテンツとしては

初期のものとして今も人気なんですが

このゲームのユーザー数が現在

全世界70万人いるとのことで

このゲームにずっと課金して

プレイし続けている人たちが

今もたくさんいるんですが

もちろんゲーム内で

プレイヤーと会話することもできますし

どうやら麻雀もできるみたいです。

ゲーム内で別のゲームもできたりする

まさに仮想現実の走りみたいなゲームなんですが

どうやらもう現状

プレイヤーの上限に達していて


どれだけアップデートしても

なかなかプレイ人口は

増えていかないことから

もう仮想現実のチャレンジは

一通りゲーム会社がやり終えていると。

そういう状況の中、

Facebook社が新しく

参入するというのは


ちょっと業界のことを

あまり知らないんじゃないかと…

そうひろゆき氏は言っており、

その発言に対して

脳科学者の茂木健一郎氏が便乗して

「ひろゆきはさすがだな」

と。

「俺もメタバースは絶対

 失敗すると思っていて

 例えば仮想空間で

 新しい広告の媒体が出てきても

 広告単価は上がらないと思う

 ザッカーバーグ、

 どうしちゃったのかな。

 心配になった」

みたいな話をしていたんですが

参考サイト

私的には

なぜ、仮想現実のマネタイズが

広告のみになるのか?

この見解がそもそも

不思議だったんですが…

私はひろゆき氏と

茂木健一郎氏の話も

分かるところはあるんですが

正直、今回、Facebook、メタ社が

仕掛けようとしていることは

そういうファイナルファンタジーとか

プレイヤーがゲーム自体が好きで

長時間、長期間プレイするような

そういったものではなく

本当にリアルな…

この現実を仮想空間にも

持っていこうという制作だと

感じているので

いわゆる一般的なゲームプレイヤーの感覚とは

大きく違うと感じています。

ゲーム内での仮想現実のユーザー数が

限界に達していることは

もうFacebookも重々承知した上での

チャレンジであるはずです。

剣や鎧を装備して

仮想現実を楽しむ。

そういうことを

求めている層もいるので

中世の戦士の格好を

アバターにさせて

ゲームとして遊べる

楽しめるようなところも


メタバースに

入れていくとは思いますが、

そういう一般的なゲームの世界観だけで

繰り広げる狭い仮想現実の実現ではなく

メタバースは本当になんでもあり。

今すぐVRをつけて家にいながら

臨場感をたっぷり感じながら

沖縄のような綺麗な海にダイブして楽しむ

みたいな…

そういうことを

アバターを使って

誰でもできる!

そういう感じのものですよね。

言ってしまうと

映画の「アバター」みたいに

リアル体験に近い形で

仮想空間で実行できる。

例えば獣とか、鳥とか

他の生物になりきって

リアリティーを感じながら

自然を楽しめる。

そういったバーチャル体験が

ネット上でできるように

するということを考えて

取り組んでいくと思うので

今回のひろゆき氏と

茂木健一郎氏の話は

とても限定された空間での

評価だと感じたわけですが

今回メタ社が仕掛けることに関して

私自身が感じていることとしては

「やっぱり辿り着くところは

 もうそこなんだな」

ということです。

もう行き着くところまで

行き着いてしまったんです

私たち人間は。

現実世界で私たちが楽しいこと

面白いことというのは

ほぼほぼやり尽くしていて

「エンターテイメント性」が

限界に達したと感じているんです。

YouTubeもテレビも

大分つまらないですよね。


同じ内容の番組、

ほとんど同じ企画で

新鮮味も

斬新さも全くなく


驚き楽しさが

損なわれています。

そもそも人間にはその能力に

分かりやすく限界があります。

腕も足も2本しかなく

頭は1個です。

この「人間」という制限の中で

私たちがやれることできることは

どうしても限られてしまいます。

法律で禁止されていることも

たくさんあり、

麻薬とか人を貶めるとかはもちろん、

危険区域、戦争、

対立している国には行けないとか、

そういった色々な制限の中、

実際に今に楽しみを感じてやれることは

全てやり尽くしている状況であり、


「楽しみ方」というのは

ほぼほぼ限界に来ているわけです。

そんな中、アバターであれば今

禁止されていることは全てできる。

自分がなりたい状態に今すぐなれ

本当にやりたいことが全部できる

仮想空間というのを作った時に

それをやりたい人は

もう全人類だと私は思うわけです。

人間としての限界を取り払う

そういうイメージで

メタ社は仮想現実を

作っていくと思っています。

私は今後のエンタメ系の

ビジネスについてもここにしか

もう発展の余地はないと感じていて、

この仮想現実の開拓。


これはとてつもない

大きなビジネスチャンスになると

思っています。

コロナ禍においても

仮想現実ならマスクをせずに

ワクチンを気にせず、

どこへでも出掛けられますし、


アバターなら人と気軽に会って

話すことができるので

今の時代が強く

求めていることでもあると

私は感じています。

実際に私たちは

もう充分豊かだし、

食うには困らないし、

やっぱりこれからは

遊びと仕事、ビジネスが

もっと分かりやすく

融合していく。

メタバースというのが

できてくることで

更に遊びと仕事が

一緒になってくるでしょう。

これから私たちがまだ知らない

面白いものが色々登場することで


仕事そのものの概念が

どんどん変わってきます。


それを作る人、伝える人、教える人、

極める人が大きな富を築いていきます。

仮想現実が本格的に

実世界に浸透していくことで

通貨の流通も加速していきます。

完全にデジタル化した世界で

使用される通貨も完全デジタルです。

仮想通貨になります。

その仮想現実に

全世界が参入すれば、

新しくできるメタバース内での

メタ社が発行する仮想通貨は

ドルに近い形で信用されるものに

なってくるでしょう。

そうなると今の仮想通貨の市場が

更にもう一つ大きな規模に

発展していきます。

当然、同じ仮想通貨として

交換が可能になるであろう

ビットコイン等の価値も

爆上がりするでしょう。


仮想現実と相性の良い

NFTももっと広がっていきます。

こういった理由から

私はこのメタ社の取り組みに

非常に注目をしています。


今後、全く新しい

世界の発展というところで

このメタ社の取り組みは

かなり重要な役割を

担ってきますので

最新情報は追っておかないと

知っていると知らないとでは

今後100年くらいの情報・知識差が

余裕でできてくると感じています。

今後もFacebook、

メタ社の動向、

仮想現実の進展等について

発信していきますので

興味のある方は

私のSNS等のフォロー

しておいてください。

▶︎奥田裕之公式Twitter

▶︎奥田裕之note

この人々のメタバースへの関心も含めて

そもそも人間という生き物は

「どういうものに価値を感じるのか?」

「どういったものを求めているのか?」

「どういったものを欲しいと思うのか?」

というところと市場の発展は

非常に深くリンクしており、

そこのところを追求していけば

本当にビジネスもめちゃくちゃカンタンで

すぐに利益を出すことができます


FacebookはFacebookを捨ててまで

なぜメタバースにこだわるのか。


そんなにビジネスとして

オイシイのか。。

なぜ、メタバースは儲かるのか?

というところを

これから有料部分

詳しく解説していきます。

これから先の内容を知ることで

今、巷で売れている商品が

どうして売れているのか?

ここBrainでも

人気のある商品と

そうでない商品の違い


よく分かるようになります。

自分の商品に活かすことで

今まで売れなかったものが

嘘みたいに売れるようになったり、


これから遊びを仕事に

できるようになります。


どうか今後の人生を楽しむために

誰も教えてくれない

「大事なこと」

いち早く知ってください。


やるべきことは「1つ」です。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

6 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
アメクマ

時代は、メタボじゃなくて、メタバース

"仮想空間""仮想通貨""NFT"って、コトバを聞いた事ありますか?普段から、新しい情報にアンテナを持っている人は、知って得をする。知らない人は、損をする、情報格差。「メタボじゃなくて、メタバース」が今後、なぜ、爆発するのか、分かりやすく説明していただき、納得。この仕組みを知っていれば、ビジネスも上手くいきますね。
よっしー

現実を飛び超えたら仮想の世界!

仮想通貨があるのだから 生きている今この現在が仮想になるのは 自然なことだと思う。 face book社が新しくメタバースと名前を変え、取り組む事がどんなに意味深いのかをこちらを読んで知るべきなのでオススメします!
法月 海人

奥田先生の視野の広さ

奥田先生は視点が凄いので、毎回驚きと感動があります。なので、今回の教材もビックリする内容が豊富でした!ネタばれになるのでこれ以上は言いませんが、先に進んでいる方の視点を覗いてみたい方は是非読んでみてください!
ハム太郎

変化からチャンスを捕らえる心眼

Facebook社がメタ社に進化しました。 そしてSNSの進化系「メタバース」を提唱しましたが、周りの評判は賛否両論です。 でも、奥田さんはいつも「変化はチャンス」と捕らえ、新しい環境からビジネス成功のポイントを掘り出します。 これを読めば一足先にメタバースでビジネスを成功させるヒントをいくつもつかむことができます。 値上げ前に、売り切れる前に入手されることをおすすめします。
かずねえ@webライター

カリギュラ効果!

仮想空間、電脳世界、それらのセカイで、リアルでは、できないことをやる!禁止されるとやりたくなるのが、人間の心理。ソレを巧みに利用することで……あとは、読んでみてのお楽しみ!☺️
ゆづる

販売における戦略

つい目先に走ってしまい、忘れてしまいがちな本質を改めて再確認。 この「核」の部分を極めればあらゆる分野、人間がかかわるものすべてにおいて可能性が広がるのではないかと。しかもお互いwin-win。

この記事を購入する