【脱ブログ初心者】最速・最短で学べる、読み手を動かすブログライティング術

【脱ブログ初心者】最速・最短で学べる、読み手を動かすブログライティング術

【脱ブログ初心者】最速・最短で学べる、読み手を動かすブログライティング術

びんちゃん
2022-05-11
2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

(注)この記事は最初の50部は980円、50部ごとに1980円、2980円と価格が上がりますので興味のある方は早めにゲットしてくださね。

1.全く筆が進まない。。。


多分ね、ブログを書いている人なら一度はブチ当たると思うんですよ。


「全く筆が進まへん。」

「全然、読んでもらえへん。」

「ひとつもコメントもらわれへん。。。」


時間かけて3000文字とか4000文字とか、

ブログ記事書いてるのに反応も売上も無いって、


コレ、めちゃくちゃダメージありますよね。

「書こう!」って気持ちが続かへんですよね。


だから、この教材はあなたが前向きな気持で

ブログ記事を執筆して最短・最速で初心者から脱出できるよう、

✅ 記事ネタを見つけられるようになる

✅ 最短で読み手を動かす文章を書けるようになる

この2つを身につけて収益化に繋げられる内容にしました。


こんにちは、びんちゃんです。

「いきなり、びんちゃんって言われても・・・」

って、思いましたよね(笑)


最初にちょっとだけ、

カンタンに自己紹介します。


私は大阪に住んでいて中小企業の製造業で

エンジニアとして働いています。


で、普段の生活はどんなかというと、


✅ ネットビジネス社長

✅ 仕事は毎日定時退社

✅ 有給休暇は自由に取得

✅ Twitterフォロワーはもうすぐ6000人

✅ Twitterコンサルは70名以上

✅ Twitter攻略法Brainは18時間で60部販売

✅ 平日2時間くらいブログやメルマガ執筆

✅ 休みの日はビジネス仲間と作業会

✅ ビジネスの先輩のコンサルに参加

✅ メルマガで40代からのネット起業の情報発信


なんてことをやってます。


その、びんちゃんが、

なんで、この教材を作ったのか?


それは、


ブログ書くのが続かなくて諦める人をたくさん見てきたからです。


Twitterで「ブログ始めました!」なんて人をたくさん見るのですが、

3ヶ月くらいで更新が止まっちゃう人がめっちゃいるんですよ。


「せっかく始めたのにもったいない。。。」


って、思うんですよね。



世の中の9割の人は行動しません。



だから、ブログを書き始めた

あなたは既に上位10%以内にいるという

凄いレベルの人なんですよ。


だからこそ、諦めるのはもったいないし、

挫折してほしくないんですよ。


なんて、今ではこんな偉そうなこと言ってますが、


私だってブログを書き始めた頃、


全然文章が書けず苦労して時間をかけて書いても

全く読んで貰えなくて辛かった時期があるんです。


「内容は絶対にいいのに、なんで読んで貰えへんねやろう。」

「なんか反応も無いし書くの辛いから止めたいわ。」

「書いても書いても全然利益が出えへんやん!!」


いや、本当に、


色々なブログやインフルエンサーのコメント、

有料noteを参考にしても全くダメでブログの書き方が

全く分かんなかったんですよ。


すご~く、ブログの世界をナメてました。。。


ちょっと知識があって、

それを記事にして、

広告をペタペタ貼れば、


すぐ儲かると思ってたんですよ。


でも、全然そんなことはなくて、

全くと言っていいほど読んで貰えず、

収入は微々たるものだったんですね。


「やっぱ、ブログってセンスや才能が無いとダメなんかなぁ、、、」


もう、ブログを書くのに疲れ果てて、

ホンマに止めようかと思っていました。


そんなとき、師匠のTwitterを見つけたんです。


「ファンを作るためには感情的価値のある記事を書け。」

「読まれる文章書くのにセンスや才能は全く不要。」

「読み手を動かす文章には形がある。」


「なんそれ?」


最初はなんのことかさっぱり分かりませんでした。


なぜなら、私はブログで利益を出すには、

✅ SEO対策がキモ

✅ 100記事以上書くのは常識

✅ トレンドを追いかけてとにかく量産

と、思っていたからです。


別に間違いじゃないし、

私自身そう思ってはいたものの、

現実は努力してもできませんでした。


働きながらそれだけのことができなかったんですよ。


正直言って、働きながらブログ記事量産するって至難の技。

しかも、ずっと書き続けないと収益にならない、、、


コレ、きついですよ。


しかし、私には自分で稼げるようになって、

今の職場を辞めたいっていう強い思いがありました。


この時点で諦めるという選択肢はありませんでした。


「とにかく可能性があるならやってみるしかない!!」


そして、藁にもすがる思いで師匠からコンテンツの作り方、

つまり文章の書き方や動画の作り方を学びました。


するとホント、目からウロコでした。

今までの常識を覆す話ばっかりだったんですよ。

そして、ブログの文章を書くのに、

特別な才能やセンスは不要だと実感しました。


これには驚きました。


今までの常識とは全く違いましたからね。


文章を書いて読まれる人、

例えば有名ブロガーとか有名小説家とか。

こういうのって絶対に才能が必要だと思っていたんです。


実は小学校の頃から国語が大の苦手でした。


(今、考えるとかなり安易にこの世界へ入ったと思います(笑))


本を読むのがキライ。

漢字を覚えるのがキライ。


なにより、作文を書くのが大キライでした。


作文はとにかく指定された文字数を超えさせるために

言葉を無駄に水増ししまくり。

「~が良かったです。」「~と思いました。」の連発、

夏休みの読書感想文は休みの最終日にあらすじを書き写すレベル。


そんなレベルでブログを書き始めました。

ホント、メチャクチャ無謀で勢いだけですよね。


とにかく4000文字とか5000文字とか文字数を稼いで、

SEOを考えてとにかく量産して、

機能的、知恵袋的なことを書きまくって、

自分の書きたいことだけを書いて、


今だからこそ分かりますが、


これだと読み手は面白いわけないんですよね。


でも、その頃の私は全く分かっていませんでした。


そんな文章ダメダメな私でしたが、


読まれる文章の型を勉強して練習したら

ちゃんと書けるようになったんです。


今では、

「びんちゃんさんの解説は分かりやすくて助かります。」

「凄く面白くて帰りの電車で最後まで読ませて頂きました。」

なんて言われて凄く嬉しい気持ちになります。


他にも、

あの、植松電機の植松社長から直接感想を頂けるなんて、

夢にも思っていませんでした。

こんな、たくさんの感想を頂いて、

「文章の書き方を勉強して良かったな。」

「ちゃんと伝えられる文章を書けるようになって成長できたな。」

「人を動かせる文章を書けるようになったんだ。」

って、心の底から思いました。


そう、文章はちゃんと書き方さえ学んで

練習すれば誰にでも書けるんです。


今回の教材は最短で相手を動かす文章を書くための、

思考法やテクニックをできるだけシンプルにまとめました。


それでも2万文字近くあります。


正直言って、この内容をしっかり勉強して練習したら、

ライバルに圧倒的な差を付けることができます。


一生モノの技術といって過言ではないでしょう。


なぜなら、多くのブロガーは読まれるための

重要なポイントを完全に見落として書いているからです。


このことを学んで文章にするために、

かなりの自己投資も行ってきました。


でも、ブログが書けなくて困っている人の手助けをしたい。


だから、読まれるためのテクニックや重要ポイントを

惜しみなく開放することにしたんです。


さらに、


\更に特典動画3本を用意しました。/


文章だけではどうしても伝えきれないことや

分かりにくいことがあるんですよね。


この教材を手にして頂いた方に、

最速で理解して文章を書けるようになってもらうために

特典として解説動画をなんと3本も用意しました。

他にもオマケがあるのでお楽しみに!


2.最初に伝えておきたいこと


まず、文章を書く上で知ってもらいたいことがあります。


この教材は初心者が最短で文章を書ける

内容とするために的を絞った内容となっています。

それでも、内容を忠実にやってもらえれば、

かなりの文書を書けるようになります。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
とか

もっと読みたい

とっても具体例があって、初心者でも理解しやすいようにわかりやすく書かれています。例文を通じて思考のプロセスがわかるので、じゃあ自分もこうやってリサーチして書いてみようとワクワクしてきました。リサーチするのが苦手だったのでいっそうこういう風に感じました。久しぶりにもっともっと読みたい、学んで行動に移したいと思えるブレインに出会いました。
タカ

極めて具体的でかつシンプルなので、わかりやすい

ブログの重要ポイントを結構具体的だが簡潔に解説してくれているので、めちゃ分かりやすいです。一発で頭にスッと入ってきました。自身のライティングに早速活用できますね!

この記事を購入する