Brain

【限定公開】公認会計士試験の勉強法【短答を確実に突破するために】

【限定公開】公認会計士試験の勉強法【短答を確実に突破するために】

【限定公開】公認会計士試験の勉強法【短答を確実に突破するために】

ロディ
2020-02-01
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちは、公認会計士のロディです。

2011年12月の短答に60%で不合格になりましたが、

2012年5月の短答では78%で合格しました。

なお、当時のボーダーは67%、合格率は3%でした。

※ 成績はこちらの記事で公開済みです。

合格すれば一生モノの公認会計士ですが、その合格が大変ですよね。

たぶん今この記事を読んでくれている方の多くが、僕のブログに興味を持っていただいた方だと思います。

そこで、このNoteでは僕の短答勉強法のすべてを限定公開します。

====================

なぜ限定公開なのかというと、理由は2つです。

・信頼してくれる人にだけ、良質な情報を提供したい。
・全体公開にすると、全体のレベルが上がり、相対的に効果がなくなる。

信頼できない勉強法って、むしろ合格の妨げになると思います。

公認会計士の受験生活は長期になるので、初めは軽い気持ちで真似した勉強法も、段々と『これ、本当に正しいのか?』と疑念が生じ始め、最終的には投げ出してしまう…。なんてことが本当に良くあります。

情報が正しくても、信頼ができないと挫折に繋がります。

なので、現時点で僕のブログを信用できない人は、閲覧しない方が良いですよ。

ちなみに、誰でも読める無料の勉強法はこちらで公開しています。
https://cparody.com/kaikeishi-benkyouhou-matome/

Note.muでは、購入してくれた人だけが読める限定記事を公開します。

限定公開なので、相対評価の会計士試験ではより効果を発揮するかと思います。

====================

なお、本記事は【短答式試験】の勉強法です。論文対策は載せていません。

短答突破した時点で、論文合格のための勉強法は(自分で)確立できているはずですからね。

また本記事でご紹介する勉強法は、誰でもマネできる、再現性の高いものです。時代に左右されるものでもないので、たぶん5年後も10年後も普通に通用します。

✔ 料金 : 4,980円

公認会計士になった後、気軽に払える飲み会代です。

今は決して安くはないですが、合格して4年も働けば、年収700万は軽々超えます。5~6年目の僕が年収900万を超えましたからね。

✔ 想定読者
 ・短答に合格したい人
 ・凡人の人(秀才ではない人)

本記事は、秀才の人は読まなくてOKです。たぶん読まなくても受かります。

記事の内容は、僕のように凡人でも合格したい人向けの内容です。なので再現性は高く、誰でもマネできる訳です。


では、目次を見ていきましょう。

 [ 目次 ]

1.勉強のスケジューリング
2.科目別の勉強法
 ①財務会計論(計算)
 ②財務会計論(理論)
 ③管理会計論
 ④企業法
 ⑤監査論
3.絶対にやってはいけない、間違った勉強法3選
4.就活の心配はしなくてOK(理由付き解説)


勉強のスケジューリング

勉強法が正しくても、スケジューリングを誤ると不合格になります。

画像で解説しますね。

※画像はイメージです。

短答式試験の18ヶ月前から勉強をスタートした場合を、仮定します。

初めの12ヶ月は基礎期でして、予備校の先生の言う通りに勉強していれば大丈夫です。テキスト+問題集をセットで使い、インプット&アウトプットを交互に繰り返して下さい。(もちろん、オススメの勉強法は下記で解説します。)

====================

物凄く大事なのが、短答特化期+直前期です。

====================

この期間で大幅に成長するのですが、この期間の勉強法を教えてくれる人はほとんど居ません。

予備校の先生たちって短答式試験を軽視しており、「論文の合格を目指せ」なんて言うんですよね。それもそのはずで、講師陣はそもそも成績が超優秀だった人たちなので、短答ごとき簡単に合格してしまうんです…。だから教えてくれないのです。

本記事では、この「短答特化期」「直前期」の勉強法をメインにご説明します。

最も点数が伸びる期間の勉強法なので、コスパは良いかと。


さて、短答特化期にやるべき事は、次のとおりです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する