【Kindle外注化戦略で失敗した話】価値提供ゼロのゴミ本を販売するやり方に嫌気がさしました

【Kindle外注化戦略で失敗した話】価値提供ゼロのゴミ本を販売するやり方に嫌気がさしました

【Kindle外注化戦略で失敗した話】価値提供ゼロのゴミ本を販売するやり方に嫌気がさしました

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

※このBrainは、『継承~仕組み化プログラム』を購入して頂き、レビューを書いて頂いたお客様には無料配布している内容です。

こんにちは、アキラ(@akiraakira2111)です。

今回、販売するBrainは『アキラがKindle本の外注化戦略で失敗した体験談』です。

僕が過去に長期的なビジネスとして取り組もうと思ったのが、Kindle出版です。

kindle出版の魅力としては、


  • 書籍の販売価格を自分で決めることができる
  • アマゾンのUnlimited会員は無料で読むことができる
  • 無料で読まれても1ページあたりの収入が入ってくる

というものです。

「アマゾン」というプラットフォームに依存しているビジネスモデルなのですが、kindle本出版にかなりの魅力を感じていました。

「商品を作って設置」するだけでダウンロードされれば、収益化することができるからです。

僕は外注さんの力を借りて20冊ほどKindle本を制作したのですが、Kindle本外注化は完全にやめました。失敗を悟ったからです。

このBrainでは、

・アキラがどのようにKindle本を販売していたのか?

・アキラがKindle本の外注化戦略をやめた理由

について伝えていきます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
メイトラ

Kindle出版を始めたい人向け

アキラさんの【Kindle外注化戦略で失敗した話】はKindle出版を副業にしようと考えている人の注意点や経験談を交えた話を聞けたので、学びになりました!
ひさし

ためになる失敗談でした…

Kindleをこれからやっていく上でかなり勉強になりました。この度は価値ある経験談を教材として出品していただき誠にありがとうございました!

この記事を購入する