Brain

【Kindle本を自動化する全戦略】完全ノーリスク・外注費で損するリスク無し。簡単にKindle本をバンバン量産できる外注化レシピ

【Kindle本を自動化する全戦略】完全ノーリスク・外注費で損するリスク無し。簡単にKindle本をバンバン量産できる外注化レシピ

【Kindle本を自動化する全戦略】完全ノーリスク・外注費で損するリスク無し。簡単にKindle本をバンバン量産できる外注化レシピ

22 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

これから先も自力でネタ切れすることなく良質な本を出版し続けられますか?

ライターさんの力を借りてレバレッジを効かせて完全ノーリスクで印税を増やしていきませんか?


こんにちは。

カンです。

今回は僕が実際に現在進行形で使っているKindle外注化のノウハウで、


・完全ノーリスクで外注化する裏戦略
・僕自身も実践してすぐに外注化成功
・ライターさんともWin-Winな関係で外注化できる


上記を達成した、

Kindle出版で最もレバレッジを効かせて稼ぐ"外注化"ノウハウを誰でも使えるように"レシピ化”しました。


本音を言うと、


一般的な外注化は「外注費用を先行投資」しなければいけないので、外注したくても"損"するのが怖くてはじめられない人が多いんですよね。

しかも、外注で的外れな本を書いてしまうと、外注費用さえも回収できなくて諦めて消えていく人がいます。

だからリスクのある外注化に踏み切れる人は少ないです。


だけど僕が出し惜しみなく公開する

外注化戦略は完全ノーリスクです。


完全ノーリスクで外注化できる手順を"見れば誰でも理解できるようにレシピ化"しています。

(レシピ=料理の作り方。レシピ通りに料理を作れば失敗することがない。ここでは外注化の方法を意味します。外注化の方法を知れば失敗することがない。)

Kindleの外注化をレシピ化している教材はあるかもしれませんが、僕が公開する完全ノーリスクで外注化するレシピは世の中には出回ってないでしょう。

またレシピの良い所は、読んで行動すれば、誰でもその瞬間から即取り入れられることです。


ぶっちゃけますと"希少性"が高すぎる

ノウハウなのでいつ非公開にするか分かりません。


というか、

ある程度の人が手に取ったら

非公開にしようと思っています。


このレシピは・・・・


「効率的に稼ぎたい」
「完全ノーリスクで外注したい」
「外注化したいけど、やり方が分からない」
「Kindleの印税で周りと圧倒的な差をつけたい」
「外注化を取り入れたいけど"損"するのが怖い」
「自分でも本を書く+外注化で出版数を増やして印税を増やしたい」
「稼げずに苦戦しているライバル達を涼しい顔でごぼう抜きしたい」

そんな方向けのコンテンツです。

共感した方は進んでください。

そもそもこのBrainの内容を出そうと思ったのは、

【Kindle出版】本当は誰にも教えたくない裏の12大施策 「印税を右肩上がりに爆上げする」完全動画講義 を出して、


特典で「外注化の極意」のウェビナーをつけた所、

外注化を気になっている人が多かった、

という理由と、

そもそもなんで皆やらないんだろう?

Twitterを見ていて感じたからです。

自分1人の力だと、

1ヶ月頑張っても2冊出版が限度でしょう。


この先も月2冊ペースで出版すれば

印税は緩やかに増えるでしょうが、

自分の経験や知識ベースだといずれネタが尽きます。

やがて書くネタに困ります。

書籍にするネタが無いのに、

無理矢理書いても中身が薄くなるので

いずれ低評価の嵐が付き稼げずに終わります。

Twitterを見ていると、稼ぐためにKindleやってるはずなのに「何やってんだろう」みたいな本を出版してたり、「それは稼げないでしょ」みたいな人が大量にいます。

外注化経験がない超凡人の僕でも、

実行してから3ヶ月で30名以上のライターさんを対応し、


副業系、物販系、ダイエット系など、


あらゆるジャンルの書籍を外注で出版&現在進行形で進めており、外注した書籍では、ベストセラー、Amazon売れ筋ランキング1位を取れました。


それはなぜか?


"ライターさんと僕がwin-winな関係で良質な原稿を納品してくれる仕組み"を徹底的に構築したからです。

何度も言いますが、

Win-Winなのにも関わらず完全ノーリスクです。

やらない理由がありません。


良質な原稿を納品してもらえるとどうなるか?

結論、稼げます。

百聞は一見に如かず、まずは、実績をご覧ください。

➡️ベストセラー獲得

➡️半月(16日)でこの印税

➡️部門別2冠達成

➡️出版後のツイート。ライターさんも大喜びしています。



僕が使っている外注化の裏戦略は見ての通り、お互いがWin-Winなので成り立っている訳です。

信じられないかもしれませんが、

僕は2021年の8月までKindleの外注経験は無しです。こんな僕でも完全ノーリスクで外注化戦略を構築させて結果を出せています。


何でこんなことができるのか?

難しいことは何もしてなくて、


完全ノーリスクで外注をして結果を出す方法をただ"知っている"だけです。


外注経験がないあなたも、

このレシピをそっくりそのまま真似すれば即実践可能です。

読んだ直後から動けば、

その日のうちに外注化をスタートさせられます。

だから今回はその方法を完全にレシピ化しました。


ここで皆さんに一つ質問があります。


Kindleで外注する目的は何ですか??


ここまで読んでるあなたの目的は、

「印税」ですよね。


当たり前ですが「印税」を求めていく必要があります。

ただ闇雲にライターさんを雇っていたら、

外注費を印税で回収できずに大損します。

そして時間と労力を失って

精神的にもやられて消えていきます。

SNSを見ていると

稀に外注化している人がいますが9割稼げてないですね。

そんな稼げない人に必ず共通する2つの理由を書きます。

外注に興味あったけど、

これら失敗する人の"思考"だった人は「ヤバイ」と思ってください。

■外注費用を回収できるか分からないのにライターと契約する

結論、(印税ー外注費用)が+になるのであれば、直ぐにでも外注化するべきです。

あなたは、その外注費用を回収してプラスになると言い切れますか?

言い切れない人が90%以上でしょう。

その理由は2つあります。

①Kindle外注費の相場が分かっていない

そもそも外注費用の相場が分かってない人がほとんどです。

たまにこんなDMが来ます。

「Kindleを外注する場合文字単価は0.5円ですかね?」

この質問にはため息が出ます。

このまま外注化を進めたら失敗へのロードしか見えません。

仮に0.5円だとして、Kindleのベストな文字数の15.000文字書いてもらったとします。

7,500円+システム使用料で原稿料が8000円ほど掛かります。+表紙代を入れたら楽に外注費1万円超えますよね。

Kindleで月に1万円稼げていない人がほとんどなのに、売れるか分からない原稿に1万円以上先行投資するから失敗するのです。

②良質な原稿を納品してくれるライターを集める

ライターを雇ったからといって

毎回良質な原稿を納品してくれる訳ではありません。

ライターのレベルが低すぎて

原稿がボツになる事だってあります。

払い損ってやつですね。

外注費を極限まで抑えようと思って、

文字単価を0.1円〜0.3円まで下げることはできますが、文字単価が安すぎるライターを雇った場合、原稿が悪すぎて"外注費をドブ"に捨てなければいけない事も多々あります。


安かろう悪かろうで

ギャンブルなんですよね。

ビジネスをする上で

ギャンブルをする必要はありません。

手堅く利益を取っていく必要があります。


では、どうやって外注をして確実に稼げるのか?


①しっかり原稿を納品してくれるライターを集め
②絶対に損しない契約を交わし
③Amazonに出版して本に印税を稼いでもらう


シンプルに3つだけです。

逆に聞きますが、これらが最初から確定されていたら外注化で"損すること"は必然的に無くなりますし、やらない理由も無くなります。


僕の外注化戦略外は3つに当てはまっています。

損しないどころか、得しかないです。



③のAmazonに本を出版したら稼げるのは誰でも分かるでしょう。

でも、


①しっかり原稿を納品してくれるライターを集め
②絶対に損しない契約を交わし

これらの方法を、

僕がこれから有料部分で説明するように、

全て言語化できますか?


もし、頭がモヤモヤして

言語化できないようでしたら残念ながら

外注化で成功できません。


だから今回は僕がひた隠しにしてきた

外注戦略を"レシピ化”した次第です。

料理のレシピも

火加減、分量、加熱時間を一ミリも間違えなければ、誰が作っても同じ物を作れます。

本Brainの内容も同じです。


別に僕だから出来たという訳ではなくて、

誰でも同じ手順を踏めば完全ノーリスクで外注化できる訳です。


しっかり原稿を納品してくれるライターを集め、

絶対に損しない契約を交わし、

Amazonに出版する。

もう失敗しようがありません。


このレシピを読んで

結果が出てない人がいたら、

「どうやったら失敗するの?ただやってないだけでしょ?」


と逆に僕が100%疑うレベルです。

外注化で確実に利益を出すには

その方法を"知れば"良いだけなのです。


Kindleで印税を稼ぐ方法然りですが、知っているか知らないかの次元だけで180度結果が変わってきます。

Kindle出版界隈にも、間違った努力をして時間を消費してやる気も削がれて、消えていく人がたくさんいます。

消えていくだけならいいですが、

そういった人は稼げている人を妬んでアンチになり、負のサイクルから抜け出せなくなってる、お先真っ暗な人もいます。


誰もが"成功したい"と思って Kindle出版を始めるものの、いつの間にか地獄へのロードを着実に一歩ずつ進んでいる人が多い。


自己流で自爆するか、実力付けて成功するか。


どちらが良いですか?


早めに実力を付けて、

周りと"差"を圧倒的に付けましょう。


このBrainでは、僕が学んできたこと、

現在進行形で実践していることを包み隠さずに全て公開しています。

「これ公開するとヤバイな」って内容や、

僕の知る限りSNS上では誰もやっていない内容をズバッと書いているので、1万円は安すぎるなと..........


しかも特典も付けてるので完全にやり過ぎました。


「外注化にあたりこんなこと失敗しました」という内容も赤裸々に話します。


事前に知っておけば回避できる"失敗"なので、失敗談を知ることによって突然不意なことが起きても動揺することなく適切な行動が取れます。


本Brainの内容とは、

僕がひた隠しにしてきた完全ノーリスクで外注化できる裏戦略

なぜ完全ノーリスクで外注化できるのか?金銭的な面から裏戦略まで全て教えます。現在SNSでやっている人がいない状況なので、知ってる側にまわるだけで、周りでせっせとKindle執筆している人を横目に涼しい顔でイージーに印税を増やせます。

マグネットのように集まる、ライター集客方法

一銭もお金を支払うことなく、極限まで少ない労力でマグネットのようにライターさんを集める方法を伝授します。募集概要の文章にも、人間の心理を読みとった"タネ"と"仕掛け"しかない提案文を紹介します。カンが実際に使う文章を丸々コピーする権限も授けます。

実際に外注化を進めている全工程を大暴露

ライターさんに売れる本を書いてもらう方法、表紙作成方法、連絡のやり取りなど、僕が実際に連絡を取り合っている写真を見せて原稿納品まで一本道を作っています。100%公開です。

継続的に稼げるようにするためのチート的戦略

ぶっちゃけ、ある程度「印税」を稼いでる人はココに注力しています。売れるジャンルを選んで、コレやれば良いだけなんですよね。「最短」「最速」「最大」の結果を出すための楽で簡単過ぎる立ち回り方法を教えます。ホンッと、人間の本能を知れば楽勝なんです。

実体験に元ずいた失敗談シェア

表では公開していませんが、外注化にあたりたくさんの失敗をしてきました。僕は全て手探りでやってきたので失敗してきた訳ですが、これから外注化に取り組む方は、これらの失敗談を事前に知っているだけで、失敗をヒラヒラと余裕で回避できます。失敗を知るのも、"最短”"最速"で結果を出す方法になります。

最後になりますが、この「外注化レシピ」を取り入れると、どんなことが起こるのか説明します。


・お互いwin-winの関係でありながら完全ノーリスクでバンバンKindle本を量産できる。
・ライターさんの募集も簡単でマグネットのようにライターが集まるので人手に困らない
・永遠にKindle本を量産し続けられ、自分の力を使わずに印税が右肩上がりに増え続ける


こんな夢のようなことが普通に起こります。

売れるKindle本をノーリスク大量生産して気持ちいくらい右肩上がりに印税を増やしたい未来を「今」、手にしたい方はぜひ続きも見てください。

【購入者特典のお知らせ】

正直、これはやり過ぎたってくらいの特典を付けています。

本Brainと特典のノウハウを組み合わせると、さらに印税を稼げます。

特典①

このBrainをご購入いただいた方、読み終わるころには、

簡単にKindle本をバンバン量産する外注化方法の"レシピ"を手に入れた状態となります。

特典は、購入者限定の【王室】へご招待します。

【王室】では、本Brainの外注化戦略をさらに洗練されたもにするための「知恵」を授けます。

外注化を圧倒的に成功させるために"最高級"の"知恵"を得て駆け抜けていきましょう。

特典②

こちら10分間のウェビナーになります。

正直、このウェビナーで伝授する最強のツールを使いこなせば売れない本を出版して時間を無駄にするリスクがなくなります。

なぜなら、GoogleとAmazonのデータを抽出して"数字"として表示されるからです。

これで的外れで全く読まれない本を量産することがなくなります。

特典③

こちらは28分間のウェビナーになります。

この講義の裏戦略を使えば、あなたはLINEのオープンチャットの運営者の立場になり、サクッと自分の本を販売できます。むしろ、Kindle本以外の商品を販売した時も、チャット参加者が喜んであなたの商品を買ってくれます。

僕がLINEのオープンチャットを運営している"タネ"と"仕掛け"をぶっちゃけています。


▶99%の人がやってない非道な販売方法
▶あなたの権威性を倍増させるコンセプト案
▶簡単にオープンチャットの参加人数が増える集客術
▶オープンチャットを使って売り上げを倍増させる悪魔的戦略


などが学べます。

【有料部分に入る前に・・・・・】

※既に購入すると意志が決まっている方は、そのまま進んでください

まだ購入するか迷っているあなたには、

僕が公式LINE現地で公開した


「Kindle印税を爆上げする"裏技"だらけの無料キャンペーン活用方法」

「Kindle0→1突破ウェビナー」


こちらを、あなたにもお見せします。


巷のコンサルでは"数万円するレベルの内容"を包み隠さずに暴露しました。

無料で出すレベルではなかったなと後悔したくらいです。

ご視聴していただいた方からは、

「無料でいいんですか!?」

「これはホントに想定外の内容!!」


「具体的に今でも出来る。裏技でした。」

「こんな原理原則をついて動画ははじめて。感動」


「知っているか?知らないかだけで、全然、違うと思います。」

「この内容、知っているか知らないかで間違いなく天と地の差が間違いななく生じる」

「本当に【裏技】だらけの内容になっていて、もっと早く知っていれば良かったと、とても思います」

上記のような感想をいただいています。

このレベルを無料で垂れ流しています。

まだ見てない人はご視聴ください。

Kindle出版0→1突破ウェビナー

https://bit.ly/3E9ocIB

Kindle印税を爆上げする"裏技"だらけの無料キャンペーン活用方法

https://www.youtube.com/watch?v=fPcf06lurho



Kindleでライバル達をゴボウ抜きにして

圧倒的に周囲と差をつけたい人は続きもぜひ。

それでは以下から、

僕がひた隠しにしてきた外注化レシピの本編です。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

22 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ナイン@バカラ

再現性がある

ノーリスクで外注するという部分を知りたくて購入しました。 たしかにこの教材に書いてあるやり方だと赤字になることは絶対にないですね。 とても面白い発想だと思いました
ミナ

kindle出版してみたい

まあまあ値段はしたけれど、あまりにも評判が良いので気になって購入しました。いつかkindle出版してみたいって考えています。今は、ライティング力を鍛えているところです。今から中身じっくり読んでみます。楽しみ✨
トウタク

内容盛りだくさん

この外注ノウハウは誰も損しない方法ですごく勉強になりました。また、特典も豪華ですべてにおいてインパクトがあるノウハウです。
法月 海人

時短したい方の超実践的教材

外注といえば初期費用といったお金が最初から出ていくイメージが強いですが、こちらの教材はそういった事が無く、すぐにでも取り入れられる内容でした。 実際に実践されているノウハウで結果を残されているので再現性が非常に高いと思いました。 このやり方を真似すれば出版速度も上がり、他の事に時間を費やす事もできるようになるので、非常に購入して満足しています。
ウラさん@お笑い教室

想像を遥かに上回ってた

読めば読むほど『ラクになる』がイメージできて、まさにレシピだと思いました。 実践してみる価値、大ありです。
中辻

外注をするならば絶対に使いたい方法

kindle本を書いていると、どうしてもネタ切れが起こります。その場合は、外注をして他の人からの協力が必要です。 しかし、外注はどんな人が来るのかわからないため不安です。 この方法を使えば、心配なく外注が出来ると思いました。
なるよし@SEOライター

ライターへの外注で知らないノウハウがあった

今回は特典が豊富な上に、ライターが使えなかったらどうしようというリスクも下げてくれるような内容だった。できるだけこのノウハウを知らない人が多い方がライバルは少ないので助かる。当然だが今後のkindle出版に役立てたい。
yasu

ここまで有益な情報は他にない

これは本当にノーリスク! しかも外注さんとwin-winの関係を構築できますね! 本音を言うと早めに公開停止にしてほしい‥‥。 早速実践していきます! Kindle出版に興味がある人は是非読むべきですね!

この記事を購入する