たった26日で8万売り上げた!感動を届け感謝される『至上のコンテンツ作成術』

たった26日で8万売り上げた!感動を届け感謝される『至上のコンテンツ作成術』

たった26日で8万売り上げた!感動を届け感謝される『至上のコンテンツ作成術』

鈴木 ねこ
2022-07-14
10 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

「うわぁあああ!これ最高だった!」って商品は、

友達とかに伝えたくなるし、

Twitterだったらついつい誰かに紹介したくなっちゃうんですよね。


僕もアフィリをするときは、本当に買ってよかったものだけを紹介しているんですけど、良いものは

『あ、これ自分が〇〇で悩んでいたことを解決してくれたんだよな。同じ悩みを持っている人に届けたいな』とか思いながらアフィリをしています。


やっぱり悩みがある状態って、つらいじゃないですか。

で、それを解決してくれたコンテンツって、自分の中で『大切なもの』になっているんですよね。

解決できてスッキリするし、一つ成長できたのが嬉しくなるんですよ。


そして、


”大切なもの”だから仲良くしてる人に届けたいし、

”悩みを解決してくれたもの”だから、同じように”悩んでいる人”に届けたい。


僕がアフィリをする時ってそんな感じなんです。


もし、お客さんに喜ばれて、いろんな人に届けたくなるようなコンテンツが自分で作れたら嬉しくありませんか?

お客さんに喜ばれながら、多くの人の手に自分のコンテンツが届き、収益も上がっていく。そんな、サイクルが出来上がったら最高じゃありません?



でも、実はコレができていない人が多くいます。

お客さんに喜ばれずに、リピートもされずに、終わってしまう人がいるんです。


というわけで

どうも!

鈴木ねこです。

ただの猫です。嘘です。

僕はBrainアフィリでたった2ヶ月で14万円を達成したり、

その経験をぎゅぎゅっと詰めたBrainアフィリの極意】が3日で50部以上販売し、1ヶ月で8万円ほど売り上げた。なんていう実績があったりします。

嬉しいことに、「感動作だ!」「コンテンツが分かりやすかった!」などのお声を多数いただいております。

ありがとうございます♪



ただ、僕も最初から満足度の高いコンテンツが作れたわけじゃないんですよね。

鈴木ねこではない垢で作ったコンテンツとかは、ひどい有様でした。

「コンテンツを作ったのに、お客さんの満足度が低い」
「全然リピートもされないし、反応も悪い・・・」
「そもそも質の高いコンテンツの作り方がわからん」
って状態でした_:(´ཀ`」 ∠):


レビューが付かなかったりとか、レビューがついても星1つで、満足できなかった!みたいな経験もあるわけです。


当時の僕は、よくある『売れる!稼げる!コンテンツ作成術』みたいなノウハウを鵜呑みにして、自分のコンテンツを作っていたんですよね。


この『売れる!稼げる!コンテンツ作成術』って、

お客さん目線”が抜け落ちているので、

酷いものだと「とにかく煽り散らせ!」とか「売れているコンテンツをパクればいい!」みたいなものもあるわけです。


僕は小心者だったので、あまり派手なことはしていませんが、
タイトルを過大に魅せてしまったりとか、ただの情報の羅列を売ってしまった経験も過去にあるわけです。反省。
とにかく煽り散らして中身スカスカなものを売っていたりとか、パクったものを売ったりする。なんて人も、実際に見てきました。

でも、こんなノウハウって『最悪な未来』しか生まないんですよね。


お客さんは喜んでくれないし、自分も成長していかない、

リピートもされないから、売り上げも一回限りで終わってしまう。

いわゆる”一発屋状態”です。


稼ぎたい気持ちはめちゃくちゃわかりますが

「とにかく”売るため”に作る」っていうノウハウは最悪なのです。

お客さん目線が抜け落ちていると言わざるを得ない。


この最悪なノウハウを続けていると、そのビジネスはすぐに終わるんですよ。

そして、今まで積み上げてきたものが、全て”パー”になるんですよね。


今まで頑張ってコツコツと積み上げてきた発信、時間、仲間、コンテンツが全て水の泡になってしまうのです。


もし、自分が購入したコンテンツの中身が酷かったら

「うわ!損した!もう絶対にこの人から買わない」ってなりません?


自分が作る側に立った時に、うまくコンテンツを作れないと

お客さんに、そう思われてしまうわけです。

あのモヤッとした感情をお客さんに届けてしまうわけですね。


そんなモノを売ってしまうと

毎日毎日、罪悪感に襲われて、

寝る前とかに「あ〜やっちゃったなぁ」とか思うんですよ。


そして、一度失った信用はなかなか取り戻すことができません。

次のコンテンツがどれだけ良くても

「どうせまた中身がないんでしょ?」とか

「この前失敗したから買うの辞めとこ」って

思われてしまうのです。

ネットビジネスって、シビアですからね。


この最悪のノウハウがどれだけ愚かで、惨めで、面倒なことを引き起こすか。

想像できない人はほぼいないはずです。


”目先の利益”に目が眩んだ結果、何も残らなくなってしまうんですよ。今まで積み上げてきたものや、積み上げていこうとするものが全て無駄になってしまう。


それよりも、お客さんに喜んでもらって、長く稼ぎ続けられる方がいいですよね?

信頼されるコンテンツでリピーターを増やしていった方がいいんですよ。

そのほうが、結果的に多くのお客さんの役に立つし、自分も長期的に利益を上げることができるのだから。


想像してみてください。

毎日毎日、コツコツとコンテンツが地道に売れていく。

その度に、お客さんが喜んでくれる

自分が新しいコンテンツを出したら、リピートしてくれる。

お客さんに「次のコンテンツも買いたい!」と言ってもらえる。

もし、そうなったら嬉しくありません?


コンテンツを作るのが上手くなったら、

お客さんが喜んでくれるので、気持ち良くビジネスができますし、

「一発売れておしまい!」なんてことにならないので、長期的に収益を得ることができます。

お客さんに喜ばれながら、多くの人の手に自分のコンテンツが届き、収益も上がっていく。そんな、サイクルが出来上がっていくんです。


コンテンツを作るたびにリピートをしてくれるお客さんが増えていき、しかも、多くの人の悩みを解決できるので、喜んでもらえます♪


このまま”目先の利益”だけを追求していてもジリ貧ですよね。


目先の利益を追いかけることで”実は損している”ってことに気づいていますかね?

お客さんの流れってこんな感じなんです。

「購入」した後の「満足度」によって「リピート」されるかどうかが決まってくる。


つまり、満足されなかったらその場限りの売り上げなのです。

ずっとずうーーーーーーっっと、集客をし続けないといけないわけです。

集客に疲弊をし続けるのです。


逆に満足度が上がることで、リピートに繋がっていく。

「LTV、顧客生涯価値」が上がる、

つまり「売り上げの最大化」に繋がるんですよね。


簡単にいうと

「リピートを得ることで長期的に稼げる」ってこと。


リピートをされるためには、

「この人のコンテンツはハズレがないんよなぁ」って"信頼"してもらわないとあかんのですよ。


そして、信頼してもらうためには

「あ、これ買ってよかった!」って、お客さんに言ってもらえる、

"満足"してもらえるコンテンツを作らんといけんのですよね。


目的をはき違えちゃいけんのです。

お客さんにとっては、「買う前」よりも「買った後」の方が重要なわけで、売り手もそうでなきゃいけないと僕は思うのであります。


僕らはお客さんの悩みや問題を解決していくために、コンテンツを作るのです。その過程に価値がうまれて結果的に収益を得ることができるんですよね。


だから、買ってもらったうえで、コンテンツに満足してもらえないとダメ。


じゃぁ、満足度の高いコンテンツをどうやって作るの?ってのが今回のお話しです。


そんなわけで、今回は僕、鈴木ねこ式の

「満足度が高く、信頼される至上のコンテンツ作成術」

丸っとお伝えしていきたいと思います。

”信頼至上主義コンテンツ”です。


自分でコンテンツを世に出して

お客さんに喜んでいただけたら嬉しいですよね?

そして、口コミで広げてもらったり、

さらにリピートなんてしてくれたら最高じゃないですか♪


そうなるためのコンテンツ作成術をお伝えしたいんです。

今回の目標はこれ
・初めての有料コンテンツを作ることができる
・満足度、質の高いコンテンツが作れるようになる
・他のコンテンツを圧倒する
・リピートされる

このまま一発屋で終わるのは嫌ですよね。

お客さんに喜ばれない商売って嫌じゃないですか。


満足していただけるコンテンツを作れなければ、この世界では信頼を得ることもできないのです。


このコンテンツはこんな人に届けたい!届け!この思い!
・初めての有料コンテンツを作りたい人(noteやBrainなど)
・コンテンツを作ったことがあるけど、失敗ばかりだった人
・信頼されるコンテンツを作ってリピーターを増やしたい人

コンテンツの作り方を知らないから、質の高いコンテンツも作れないわけです。

だから、コンテンツの作り方をインプットしていく必要があるのです。


そんなこんなで、本教材ではこんなことをお伝えしていきますよん♪

【事前知識編】

コンテンツを作る前に、ちょと知っておいた方がいいよね!っていうお話をサクサクっとしていきます。


【企画編】

まずは「企画」をせねば始まりません。

「企画」をしないということは、何もしないグッバイ宣言です。

コンテンツを作るときも、企画からスタートするわけであります。

ここでは僕がどんなふうに企画をしているのかをサクッとお伝えしていきます。


【リサーチ編】

そして、次にリサーチ編。

リサーチをしないと、お客さんが何を好きなのかがわかりません。

育ってきた環境が違いますからね。好き嫌いが分かれるわけですよ。

世の中には夏がダメだったり、セロリが好きな人だったりがいるわけです。

リサーチをすることで、お客さんの悩みや問題を知ることができて、価値を届けやすくなります。


【戦略編】

戦いを略すと書いて戦略と読みますの編です。

他のコンテンツとは戦わなくてもいいように、戦略を練ると収益も最大化していきます。

戦略をサボると、無駄な戦いが増えてしまい、疲れてしまいます。

その結果、なかなか売れなかったり。


【作成編】

結局はコンテンツを作らないと、お客さんに届けることすらできません。

どうやって作れば、質の高い満足度の得られるコンテンツを作ることができるのか。

鈴木ねこが実際に作っていく過程や、大事にしているポイントをお伝えしていきます。


【特典】

・期間限定特典「鈴木ねこの販売戦略」
(販売開始から3日間限定です!それ以降は見れなくなりますのでご了承ください)
4/11、期間が終了したため特典の受け取りができなくなりました。

以下2点の特典は引き続きありますのでぜひ♪
・鈴木ねこのエコ贔屓場
・コンテンツ作成サポート
この2つをプレゼントさせて頂きますので、ぜひご活用ください。



さて、ここから本編スタート!





といきたいところですが、

せっかく僕のコンテンツに足を運んでいただいたあなたには、

「サプライズプレゼント」として有料にするはずだったコンテンツの一部をお見せしちゃいますね♪


質の高いコンテンツを作った方がいい!ってのはわかっていただけたかと思いますので。

じゃぁ、質の高いコンテンツってなんぞや?って話からどうぞー♪


・質の高いコンテンツとは?

これから僕は質の高いコンテンツの作り方についてお話していくんですけど、そもそも「質の高さ」ってなんぞや!ってのがあるかと思うのです。

読みやすいコンテンツ?

手がこんているコンテンツ?

時間をかけて作ったもの?

何万文字も書いた超大作?

わかりやすいコンテンツ?


間違っちゃいないんですけど

もっとシンプルです。


「質」ってのは「相対的」に決まってきます。

・価格と比べてどうなのか?

・他のコンテンツと比べてどうなのか?

お客さんは色々なものと比較をして、コンテンツの質が高いのか低いのかを決めます。

だから、僕らはクリエイターは他のものと比べられることを前提に、

負けないように作りこまないといけないわけです。


「よく60点でもいいから、とにかく世にだしましょう!」って言う人がいますよね。

これは「完璧主義すぎて、何も行動に移せない人に向けて言ってるもの」であり、改善を前提にした考え方です。

適当に作って売ったらいいよ!」ってことではありません。

間違って解釈する人が稀にいるんですよね。


むしろ僕たちは、常に100点を目指して作っていくべき。

「60点でいいや!」と思いながら世に出すのなんてのは、完全にこっちの都合なわけです。(もちろん完璧主義すぎて世に出せないのもダメですが)


僕らは100点を目指して作って、その結果お客さんが、これは質が高い!90点!とか微妙だな!45点!とか評価してもらうわけです。


評価をするのはお客さんです。


この評価を踏まえて、次に活かしていくのが僕らです。


僕らは常にお客さん目線にたち、それを超えられるように作りこむのです。

僕らクリエイターは『創造』で『想像』を超えていかないといけないのです。

じゃないと、信頼もリピートもされなくなってしまいますからね。


・とこまで詰め込むか?

100点を目指しましょう!ってのは、

自分が知っている知識をすべて詰め込めみましょうってわけではありません。

どんなお客さんに届けるかによって、どこまでの知識やノウハウを詰め込むのかは考えるべきポイントかと思います。


例えば
足し算を習っている小学生に、一気に微分積分までの教科書を渡しても、吸収しきれませんよね??
お客さんにはお客さんの段階があるのです。


割り算までを知りたい人には、そこまでの知識を詰め込んでいくんです。

割り算までを、100点の分かりやすさやクオリティで伝えていくことを目指すわけです。


だから、ちゃんとリサーチをしてターゲットを絞ることが重要になってくるんですよね。


・誰に届けるかで「質」も変わる

「質」は相対的に決まることはお伝えしましたが。

自分のコンテンツを誰に届けるかでも、質は変わってきます。


例えば
かけ算を伝えるコンテンツを、微分積分をマスターしてる人に届けても、
「知ってるわ!」となるので、満足度は皆無でしょうし、想像を超えることもない。


でも、足し算をマスターした人に、かけ算のノウハウを届けたら、想像を超えるコンテンツに成りうるのですよね。

「え!かけ算って超便利じゃん!」って感じで。

お客さんの悩みや問題を解決した上で、さらに知らなかった有益な知識やノウハウを伝えたら、満足度が高くなるんですね。


だから、ちゃんと誰に届けるのか?どんな状態の人に届けるのかは明確にして、その人たちに届ける努力をしないといけないんですなぁ。


そのためにも、無料部分などで、こんな人におススメで、こんな人は買わないでね!っていう「スクリーニング」が必要になってくるのです。


具体的な例で言えば
僕の場合だと
・初めての有料コンテンツを作りたい人
・コンテンツを作ったことがあるけど、失敗ばかりだった人
・信頼されるコンテンツを作ってリピーターを増やしたい人
に届けたい!っていうのを先ほどお伝えしました。

そして、この後に
「こんな人は買わないでね!」っていうお願いも書いております。


こんな感じで、僕は誰に届けたいのか?っていうのも、絞ってお伝えしています。

そうすることで、届けなくても良い人に不用意に届けなくて済みます。


なるべく多くの人に届けたい!っていう気持ちはすごいわかりますが、

例えば

かけ算のノウハウとか、僕らはもう必要ないじゃないですか。

全世界の人にかけ算のノウハウを届けても、多くの大人は満足しないし、余計なお世話なんです。

それよりも、目の前の小学生の子にかけ算のノウハウを届けた方が有益でしょ?


「誰に届けるのか?」っていうのはすごい大事なんですよね。



というわけで、「質の高いコンテンツ」とは
・悩みや問題を解決され、買った人が超絶得をして、未来がより良くなるもの
・届けるべき人に届いていること、買っても後悔しないこと
・知らなかった知識やノウハウ、視点や思考を得られること
この3つは最低限必要になってくるかと思います。


とにかく売りたいからと言って、

適当なコンテンツを作って売ってたら、自分の首もお客さんの首も締めることになりますよ。

お客さんに喜んでもらって、自分も成長しながらコンテンツ販売していく方が何十倍も何百倍もいいわけです。


だから、お客さんに「コレ買ってよかったなぁ」と思ってもらえるコンテンツを作っていきましょうよ。

僕らはお客さんに、より良い未来を提供するクリエイターになるのです。


コンテンツを通して、お客さんの未来も創造していくのですな。


・お客さんに喜んでもらえる
・「次も買いたい!」とリピートしてくれる
・信頼され、長くビジネスができる

ちゃんと作っていけば、こんな状態になるんですよね。



そんなこんなで、ここから僕がひと月ほどで8万円も売り上げた、コンテンツ作成術の本編に入っていきたいと思います。

価格は4980円でスタート。

こちらも前回同様、30部ごとに値上げをしていく仕様にしていき、最終的には6980円まで値上げ予定です。早く行動をする人から得をしていくスタイルなので、どんどん周りを出し抜いていってくださいまし。


最後に、このコンテンツを間違えて買ってしまう人がいると嫌なので、
「こんな人は買わない方がいいよ!」ってのをご紹介。
・すでにコンテンツ販売で月5万円以上稼ぎ続けている人
・読んで満足、実践しない人
・売れりゃなんでもいいと思っている人
買わないでね!頼んます。


タイトルのつけ方や、サムネイルの作り方、無料部分の書き方などは、どちらからというと「売るためのノウハウ」に近いので、

そこについては解説していません。売るためのノウハウについては期間限定特典の中に書いております。


もちろん上記も「質」にかかわってくるところでもありますが、もっとお客さんにダイレクトに直結するところについてお話していきますので、そこんところはご了承くださいませ。


今回は「満足度が高く、信頼されるコンテンツの作り方」です。

売り方ではありませんのであしからず。


購入した後のお客さんが、満足をするかどうかでその後の展開が変わってきます。

満足できなかったら、”2度と購入されることはない”でしょう。


しかし、満足を得ることができれば、リピートにつながるし、クチコミで広げてくれたりするんです。

そんな流れがあるからこそ、僕らは作らないといけない。

お客さんに価値あるものを。


「売るために作る」のではなく、「お客さんの悩みや問題を解決するため」に作るんです。


ってなわけで、ここから本編。

ズゴンバゴンと読み倒して、活用していってくださいませ。

というわけで、いきましょうかね!


レッツラドン!

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

10 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
BOSS@Twitterやってます

精神安定剤

読んでてとても心地がいいです。 強い言葉や否定する言葉が少ないし、何より"煽り"が無いので自分のペースで読むことができました。 図やイメージが多く入っているので、迷子になりません。 おすすめです。温かいので
にぼち

コンテンツ作成のノウハウって

横文字とか専門用語とかあって理解するのに時間がかかる。もしくは「ふむふむなるほど、、んでどうするの?」ってオチになる。それを見事に裏切ってくれました。ねこさんの優しくわかりやすい言葉選びで『信頼されるコンテンツ』が迷いなく作れる教材です。例えば『商品リサーチ』についても解説されていますが、「これならできそうだ!」と思える内容でした。1番の目玉はコンテンツ完成に導いてくれる〝手をつけやすい〟ワークシートもあること。読み終わった後すぐに行動せざるを得なくなるでしょう。ぼくもレビューを書きながらウズウズしています。ありがとうございました。
布団ちゃん

久しぶりに帰省した我が家

帰省しても『あなたの好きなもの作って待ってたよ!』と出迎えてくれる。 そんな"温かい教材"でした。Brainやコンテンツ販売する方に"これから"必要なものが詰まっていたと私は思います。 これからコンテンツ作成したい人だけでなく、既にコンテンツを販売している方が読んでも"気付き"があると思います。 ぜひ無料部分だけでも読んで判断していただけたらと思います。
めあり

情報発信を始めるなら最初に学ぶべきコンテンツ

SNSで情報発信・ブログ・コンサルティングを始めるなら、最初に学ぶべきコンテンツです。 ライティングもブランディングもマーケティングもお客さんに自分の伝えたい価値を届ける手段。価値を届けた結果でお金をもらえるのが商売のルールです。そんな時にねこさんのコンテンツは「コンテンツを0から生み出す」そして「コンテンツを形にする」方法を丁寧に丁寧に初心者に寄り添って届けてくれます。右肩上がりに伸びるビジネスが続けられて人のためになるビジネスのための必携のBrainです
まさひろ

ねこさんによる丁寧で優しい教材づくりのコツを学べます

これから自分のオリジナル教材を作って販売していきたいって人にオススメしたい教材です。教材内容や構成も常に購入者のことを想定した丁寧な構成になっています。ねこさんの人柄の良さが伝わってきます。さっそく僕も今回この教材で学んだことを取り入れて次なるオリジナル教材作成に取り組んでいきたいと思います。 ねこさんのこの教材を読むと自分のオリジナル教材が作りたくなりますよ。
ミツ

チェックリストが超有益

ぼくが一番、エエなあと思ったのは 「チェックリストを作る」の項目。 これコンテンツ作りに置いてはめちゃくちゃ重要。 それがギュッと分かりやすくまとめて箇条書きになってます。 「〇〇が□□を超えているか?」は刺さりました。 コンテンツ作りに悩む人は読んだ方がイイ教材です。
かたこり

Brainにありがちな過剰な煽りがないから地味に見えるけど…

コンテンツ販売の教材は、下手したら価値のない情報に価値があるように見せかけて「売る」技術にフォーカスしていることも。でもねこさんのBrainは「コンテンツ作成=お客さんに価値ある情報を届けること」に主眼を置いている。だから、無料部分で煽り散らかしたりしない。瞬間的に売り上げることより、お客さんとの信頼構築を大切にしている。コンテンツ販売をしたことがないけど、これから息の長い情報発信をしていきたい方はぜひ手に取ってみてください。きっとバイブルになると思います。
あらきだ

あなたの”実家”になるBrain

スピード勢のあらきだにはない”じっくり温めて”コンテンツを作っていく。説明にも親切で分かりやすいコンテンツなので、ものすごーく学びになります。 分かりやすいんです本当に!ねこさんのコンテンツは人柄が文章で想像できてかつ信頼できる。懐かしごど~!ばぁちゃんちに来たような、いたれりつくせりのコンテンツです。コンテンツ作成に迷った時のあなたの”実家”に是非♪

この記事を購入する