Brain

クロージングは営業サービスの一環!絶対に避けてはいけません

クロージングは営業サービスの一環!絶対に避けてはいけません

クロージングは営業サービスの一環!絶対に避けてはいけません

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

おはようございます♪タガタメです。

求人広告業界に16年、身を置く生粋の営業。

現在は人材育成と会社運営をおこなっております。

「最速で”正しい営業”を身につける方法」をお伝えし、

営業にお悩みの方にもっと仕事を楽しんでもらいたい!

もっと成功していただきたい!そう願い配信をさせていただいております。

Twitterでも願いを込めています☆→https://twitter.com/tagatame_link


さて、いよいよ苦手な方が多いクロージングです。


「断られるのが怖い」

「急に商売っぽくなって嫌だ」

「がっついている営業に思われそうで苦手」


様々な個人的見解がおありだと思います。

正直、私も営業を始めたばかりのときはクロージングが苦手だった。

理由は…、上記すべてが当てはまります(笑)


しかし、考え方が180度変わる出来事がありました。

クロージングをせずにお客様に委ねたところが、ことごとく競合他社に奪取されていったのです。その後、お客様にヒアリングもさせていただきました

商品と提案は私の方が魅力的だったが、競合他社の熱意=クロージングに負けた、とのこと。

この出来事で私は実感したのです。

どれだけ商品・提案が優れていても、クロージングもサービスの一環。

お客様は営業からのクロージングを待ってくださっていることを。


本日はクロージングの正しい方法をご紹介♪

営業が往々としてクロージングに苦手意識を持つのは断られることや反論を恐れているから。大丈夫です、これらにはきちんとした対処法があります◎

クロージングを正しく学べば、もう恐れることはありません。

お客様の満足度も上がる大切なサービスですので実装していきましょう◎

では、本日も配信スタートです('ω')ノ

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する