侍J たった1年半で世代交代進む

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

侍J たった1年半で世代交代進む
WBC東京プールでの登録予定選手を発表する侍ジャパンの栗山英樹監督(カメラ・泉 貫太)  侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は26日、都内で行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」の記者会見に出席し、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパン登録予定選手を正式に発表した。  6日にはエンゼルス・大谷翔平投手(28)、パドレス・ダルビッシュ有投手(36)、ロッテ・佐々木朗希投手(21)、ヤクルト・村上宗隆内野手(22)ら12人を先行発表。その後も指揮官は熟考を重ね、巨人・大勢投手(23)、岡本和真内野手(26)、西武・山川穂高内野手(31)、ヤクルト・山田哲人内野手(30)、日本出身の母を持つカージナルスのL・ヌートバー外野手(25)ら18人を追加で発表し、全30選手が出そろった。メジャーリーガーは大谷、ダルビッシュ、鈴木誠也外野手(28)、吉田正尚外野手(29)、ヌートバーの5人。国内からは全12球団から選出された。  21年7月の東京五輪からは山本(オリックス)、栗林(広島)、伊藤(日本ハム)、甲斐(ソフトバンク)、山田(ヤクルト)、源田(西武)、村上(ヤクルト)、近藤(ソフトバンク)、吉田(Rソックス)、鈴木(カブス)の10人が連続で選出。一方で田中将(楽天)、大野雄(中日)、坂本(巨人)、菊池涼(広島)、柳田(ソフトバンク)らベテラン組はメンバーから外れた。シーズンに専念するための辞退など様々な理由があるが、最年少20歳の高橋宏(中日)、21歳の佐々木朗(ロッテ)、宮城(オリックス)、22歳の戸郷(巨人)がメンバー入りするなど、たった1年半で世代交代が進んだ結果となった。侍ジャパンのメンバーは以下の通り。  ◆WBC侍ジャパンメンバー(☆は6日に先行発表)  【投手】 ・ダルビッシュ有(パドレス)☆ ・戸郷翔征(巨人)☆ ・佐々木朗希(ロッテ)☆ ・大谷翔平(エンゼルス)☆ ・山本由伸(オリックス)☆ ・今永昇太(DeNA)☆ ・松井裕樹(楽天) ・栗林良吏(広島) ・伊藤大海(日本ハム) ・高橋奎二(ヤクルト) ・宇田川優希(オリックス) ・大勢(巨人) ・湯浅京己(阪神) ・宮城大弥(オリックス) ・高橋宏斗(中日)  【捕手】 ・甲斐拓也(ソフトバンク)☆ ・中村悠平(ヤクルト) ・大城卓三(巨人)  【内野手】 ・源田壮亮(西武)☆ ・牧秀悟(DeNA)☆ ・村上宗隆(ヤクルト)☆ ・山川穂高(西武) ・山田哲人(ヤクルト) ・岡本和真(巨人) ・中野拓夢(阪神)  【外野手】 ・近藤健介(ソフトバンク)☆ ・鈴木誠也(カブス)☆ ・吉田正尚(レッドソックス) ・周東佑京(ソフトバンク) ・ラーズ・ヌートバー(カージナルス)  ◆東京五輪メンバー  【投手】 ★菅野(巨人)、青柳(阪神)、岩崎(阪神)、森下(広島)山本(オリックス)、田中将(楽天)、山崎(DeNA)、栗林(広島)、大野雄(中日)、★中川(巨人)、平良(西武)、千賀(ソフトバンク)、伊藤(日本ハム)  【捕手】 甲斐(ソフトバンク)、★会沢(広島)、梅野(阪神)  【内野手】 山田(ヤクルト)、源田(西武)、浅村(楽天)、菊池涼(広島)、坂本(個人)、村上(ヤクルト)  【外野手】 近藤(日本ハム)、柳田(ソフトバンク)、栗原(ソフトバンク)、吉田(オリックス)、鈴木(広島)  ※★は出場辞退、所属は当時 報知新聞社

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - スポーツ 侍J たった1年半で世代交代進む