利益を出せるインジケーターの使い方を解説、『完全保存版』

利益を出せるインジケーターの使い方を解説、『完全保存版』

利益を出せるインジケーターの使い方を解説、『完全保存版』

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こちらは実際のチャートです

FXはテクニカルによって、

相場の分析を行い、

優位性の高い方『買い』『売り』を決めて

取引→利益となります。

FXで継続的に利益を得るには、

このテクニカル分析は必須の知識です。

初心者の登竜門て的な存在ですので

これを読んで是非身に付けてください。

この他ファンダメンタルズがありますが、

こちらは場当たり的なものになりますので、どうすることもできません。

経済指標の発表がある時は、ポジションは持たない事をおすすめします。

では始めに

テクニカル分析とは?種類や初心者におすすめの分析方法などを解説

テクニカル分析とは?

FXでは、相場が上昇、または下落するという予測に基づいて取引を検討します。相場の動きを予測するには、勘や運に頼るのではなく、実績に基づいた信頼性の高い方法を用いることが肝心です。

相場の予測で大きな戦力となるのが「テクニカル分析」です。テクニカル分析を使った相場の予測方法を学べば見通しを立てやすくなるため、ぜひマスターしましょう。

FXのテクニカル分析は過去の値動きから将来の値動きを分析する方法

FXにおけるテクニカル分析とは、チャートを見て過去の値動きから将来の値動きを分析する方法です。

FXのチャートを分析することで、買い時や売り時を示すサインとなるパターンを読み取ることができます。こうしたパターンに注目して、今後の相場がどうなっていくかを予測するのがテクニカル分析です。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違い

相場を分析する方法には、テクニカル分析のほかに「ファンダメンタルズ分析」もあります。

ファンダメンタルズ分析は各国の経済・政治の動向などから相場を分析する方法です。経済動向を見極める際に注目するべきポイントとしては経済指標、金融政策、要人発言などがあり、これらの要因が相場に与える影響に注目しながら相場を予測していきます。

ファンダメンタルズ分析を行うには各国の経済状況や金融政策などについて理解しておく必要があり、初心者にはやや難易度が高いかもしれません。一方テクニカル分析は、FX会社の取引ツールや分析ツールに機能が備わっていれば、複雑な計算などはツールが自動で行ってくれます。そのため、基本的な見方さえ覚えれば、初心者でも活用しやすいものもあります。

最終的にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の両方を活用するのが理想的ですが、最初はテクニカル分析の中でも特に初心者向けのものから勉強を始めてみるとよいでしょう。

FXのテクニカル分析の種類・分類

テクニカル分析ではテクニカル指標と呼ばれるものを用います。テクニカル指標にはたくさんの種類があり、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。それぞれの特徴や代表的な例について見ていきましょう。


トレンド系

トレンド系のテクニカル指標は現在の相場のトレンド(方向)を示すものです。利益が出る可能性があるとトレンドのサインを見つけ出すことを得意としています。

このように現在のトレンドに乗って取引することを「順張り」といいます。例えばドル/円の相場でドル高の傾向がある場合に、「今後もドル高が続くだろう」と予測してドルを買うのが順張りです。つまり、上がっている時に買い、下がっている時に売ることになります。

トレンド系は、このような順張りでの取引に用いるテクニカル指標です。


ローソク足

ローソク足は一定期間(日・週・月など)の始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値、安値を表したものです。ローソク足はチャート分析の基本であり、FX取引に欠かせないものです。

ローソク足は1本で一定期間の値動きを表すだけでなく、その形や複数のローソク足の組み合わせから、相場のトレンドや転換点などを示すサインを読み取ることができます。

例えば大陽線が出れば相場の上昇が続くということや、上影陰線が出れば下落へ転換することを示すなどと言われています。


移動平均線(SMA・EMAなど)

「移動平均線」とは、一定期間の価格(通常は終値)の平均を結んだものです。よく使われるのは単純移動平均(SMA)というもので、その名の通り単純に一定期間の価格の平均値を出して結んだ線となります。

移動平均線を見ることで、上向きなら上昇トレンド、下向きなら下落トレンドのように、相場のトレンドを一目で把握することができます。

移動平均線はどれくらいの期間の平均をとるかによって、短期線、中期線、長期線と分類できます。例えば日足だと、それぞれ次のような期間が用いられることが多いようです。

短期線5日、6日、12日など

中期線20日、25日、50日、75日、89日など

長期線100日、144日、200日、233日など

移動平均線の見方としては、短期線と長期線の2本を組み合わせるか、もしくは短期線と中期線、そして長期線の3本を組み合わせるパターンが一般的です。

短期線が長期線を下から上へ突き抜けた場合を「ゴールデンクロス」と呼び、直近の価格傾向が上向きに転じたと判断できるため買いサインと言われています。

反対に、短期線が長期線を上から下へ突き抜けた場合は「デッドクロス」と呼び、直近の価格傾向が下向きに転じたと判断できるため売りサインと言われています。

ただし、これら2つのサインは予想しやすいため、相場の裏をかいて利益を獲得しようという流れがある場合、サインに従って取引をすると逆に損失を受ける場合もあるため注意が必要です。

また、もち合い相場でゴールデンクロス(またはデッドクロス)が出た場合、結果的に誤ったサイン(ダマシ)となってしまうパターンも見られます。もち合いの相場では長期線があまり動かない中、短期線が目先の動きに反応して長期線をクロスする場合があります。この場合は相場に方向性はないため、仮にゴールデンクロスしても相場はもち合いで形成したレンジを抜け出すことができず、再びレンジに戻ってしまうことがあるのです。

このような誤ったサインへの対策としては、他のテクニカル指標と組み合わせて判断する、サインが出た後で様子を見て注文を出す、レンジを抜け出してから注文を出すなどの方法が考えられます。

移動平均線には、単純移動平均(SMA)のほかに指数平滑移動平均(EMA)というものもあります。EMAは直近の価格に比重をかけて計算します。そのため、SMAよりも直近の値動きに敏感に反応し、トレンドの転換を早めに察知しやすいという特徴があります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、単純移動平均線を中心として、その上下に標準偏差に基づく線を引いて値動きの変動幅(バンド)を示したものです。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する