午後は積雪急増 立ち往生に警戒

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

午後は積雪急増 立ち往生に警戒
瞬間的に20m/s超の強風で吹雪に 24日(火)10時前 福岡県みやこ町で撮影 今日24日(火)は次第に冬型が強まりつつあります。今冬の最強寒波はすでに西日本や北日本の上空に流れ込んでおり、九州北部や山陰では雪の所が増えてきました。 午後にかけては寒気がさらに南下して、活発な雪雲の通過が予想されます。北陸~山陰にかけては短時間の積雪急増による立ち往生などに厳重な警戒が必要です。 大陸から優勢な高気圧が張り出し、日本付近は西から冬型の気圧配置が強まっています。今冬で最も強く、近年でもないような強力な寒波が襲来し、北日本に加えて西日本の日本海側でも雪の所が増えてきました。 10時までの1時間では秋田県秋田市・雄和、岐阜県白川町、鳥取県大山町でそれぞれ4cmの雪が新たに積もりました。 冬型が強まるとともに風も強まり、10時30分までの最大瞬間風速は長崎県雲仙市・雲仙岳で25.3m/s、福岡県北九州空港で22.6m/s、新潟県佐渡市・弾崎で27.4m/sを観測しています。10時30分の時点で東北日本海側や北陸、九州などに暴風雪警報、長野県や兵庫県、島根県には大雪警報が発表中です。 午後は1時間に10cm超の激しい雪に 24日(火)夕方の雪・雨の予想 日本海にはJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)に伴う活発な雪雲の帯が形成されており、午後には北陸から近畿北部、山陰地方にかかってくる見込みです。非常に発達した雪雲で、局地的には1時間に10~15cmの激しい雪を降らせるおそれがあります。 これだけ激しい雪が降ると、道路の状況はあっという間に悪化して、身動きが取れなくなる危険性が高まります。夜にかけて断続的に強い雪が降るため、一度立ち往生が発生した場合は車両滞留などの交通障害が長時間に及ぶ見通しです。風も強く猛吹雪となって視界がほとんど効かなくなることも考えられますので、雪や風のピーク時の移動は避けるようにしてください。 また、JPCZに伴う雪雲は夕方以降、さらに南下して大阪市を含む関西エリアでも一時的に雪が強まる予想となっています。市街地で積雪のおそれがありますので、帰宅時間帯の移動は注意が必要です。 関東も夕方から夜はJPCZの延長線上のシアーラインの影響で、局地的に雪が降るとみられます。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 午後は積雪急増 立ち往生に警戒