女を知れば、女は手に入る

女を知れば、女は手に入る

女を知れば、女は手に入る

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

はじめに

この記事の目的

最初に結論から言うと

女はあることさえすれば簡単に落ちます


私がコンサルしてきた男性の多くは、

女の子にモテたい

と言う思いを持って、相談してきてくれました。


中には、

・女の子と話したことがない
・女の子に嫌われてきた

という経験を持つ方もいましたし、


・今までお持ち帰りはできていたけど、好きになった人からは好いてもらえない
・経験人数だけは多いけど、その大半は顔も名前も知らない

というような、一見モテているのでは?と思える経験を持つ方たちもいらっしゃいました。


さまざまな方がいらっしゃいましたが、

私のコンサルを受けた後、受講者の皆様は口を揃えて、

女の子と遊ぶのが楽しくなった!

女に困らなくなった!

自分が女の子を選べるようになった!

と、楽しんでいただけている声を多くいただいており、

女の子との関係で満足のいく結果を残せているようです(^^)


ただ経験人数が多い男と、

女に群がられて、女を選んでいる男、

どちらがかっこいいですか??

当然

女に群がられて、自分で女を選べる男

ですよね。


皆さんには是非そんな男性になってもらいたいです。




モテる男って?

「モテる」と「落とす」の違いが皆さんはわかりますか?


男女の関係には、さまざまな形がありますよね。


新規女性とのその場限りのワンナイト
付き合いたい人がいる
ワンナイトのつもりがなんか気になる・・
彼女がいるけど他の女性も気になる・・
もっとモテたい!
Etc…


皆さんも経験があると思いますが、

男女の関係は


出会う→好きになる→付き合う→関係維持

の典型では現せない関係の方が全然多いです。




そんな男女の世界で、多くの男性がまず持つであろう感情が


「モテたい」


ですよね?



私の記事では、皆さんのターゲットである“女”の視点から

さまざまな「モテる」男の成り方を解説していきます。


私のコンサルを受けるメリット

自己紹介

申し遅れました。

私は 恋愛コンサルタントの M I A(みあ) です。



大学では心理学を専攻し、男女関係での心理行動なども含め、幅広く人間の心理について学んできました。

そんな大学生活と並行して、

4年間、夜の歓楽街でキャバ嬢として働いていました。



キャバクラには、皆さん行ったことありますか?

毎日毎日男女の攻防が繰り広げられている場所です(笑)

最近は昔ほど水商売に対しての差別や偏見がなくなってきているので、このような表し方は、少し反感を買う可能性もありますが(笑)

芸能人並みの知名度を持つ有名嬢がいたり、女性のお客様も増えている昨今のキャバクラですが、誰がなんと言おうとキャバクラは、


女を求める男


によって成り立っているビジネスです。



キャバ嬢をしていると、否が応でも

普通なら一生をかけても経験できないであろう数の“男女関係”と対峙することになります。



19やそこらでこの業界に足を踏み入れて、毎日のようにそんなところにいたら、そりゃ男女関係に詳しくなりますよね(笑)


私のコンサルが実用的な理由

あと、シンプルに私はモテます。

夜の世界だけでなく、普通の日常生活でもかなりの数の男性と関わってきました。


私の場合、そんな日常生活と、夜の世界での出会いに加え、心理学を専攻しているという状況が功を期して、男女関係について学問的見解も持てるようになっていきました。


学問だけで学んでいても、実際には役立たせることは難しいし、

実際の経験だけあっても、自分の経験なだけで、他の事例に応用が効くかと言われたら

そうではありません。




学問として人間を学び、

他の一般女性では経験できない数の男性を見てきた

私だからこそできる、私にしかない恋愛コンサルを皆さんにお届けいたします。





女にモテるには

女の意見を聞け




冒頭でお聞きしましたが、

「モテる」と「落とす」

の違いが皆さんはわかりますか?



男性の考え方も色々ですので、

とにかく不特定多数の女性からモテたい!

って人もいれば

狙った女の子を確実に落としたい

と言う人もいるはずです。

前者だった方が、後者に転ずるほど良い女に出会ったり、もよく聞く話ですね(笑)




今回私がこの記事でお話しするのは前者の

不特定多数の女性に「モテる」方法です。


この記事さえ読めば、

お持ち帰りも、セフレを作ることも、彼女候補と良い感じになることも、今までとは比にならないぐらい、自分の思うように女性との関係を作ることができるようになります。


このような恋愛コンサル系記事では

・そもそもイケメンが言ってる
・自分のスペックを上げる話
・“自称”モテなかった男の成功体験


がほとんどです。



このようなノウハウには本当に価値があるのでしょうか。



はっきり言うと、ないです。




何か商品を売りたい時、開発側がどんなに頑張って汗水垂らして完成させた物だとしても、それが消費者の需要に全く沿ってない物だったり、消費者に手の届かない価格だったりしたら、誰も買わないですよね。

この場合、その商品を売るために最も重要なのは、

ターゲットの立場になって考える

と言う事です。



恋愛も同じです。


上記のような恋愛ノウハウを試して、上手くいかなかった、女心はわからない。と私に相談しに来る方も少なくありません。


男女の関係は、常に

相手がいる

と言うことが重要になってきます。



女を上手く扱えるのは、女のことをより知っている人です。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する