実績ゼロなのに100部売れた!失敗をお金に変える方法

実績ゼロなのに100部売れた!失敗をお金に変える方法

実績ゼロなのに100部売れた!失敗をお金に変える方法

まさひろ
2022-04-27
4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

「オリジナル教材を販売したいけど、他の人に比べて自慢できる実績がないよ…」

その悩みめちゃくちゃ分かります!

僕もほとんど実績がなかったので、オリジナル教材の作成&販売ができず、ずーっと他者の教材ばかり紹介してましたから。

でも、安心してください!

この教材を学習&実践してもらえれば、実績がゼロの状態からでもオリジナル教材の作成&販売ができます。


初のBrain教材が売り上げ100部を突破! 作成~販売に至るまでの経緯を限定公開

どうも、まさひろ(@hiro_door)です。

先月、自身初のBrain教材を発売し、おかげさまで購入部数100部を突破することができました。

https://brmk.io/EBeP

なぜ、ほぼ無名であった僕の教材が100部売れたのか?

ほぼ無名の僕がBrain教材購入部数100部を突破できたのは、下記3点が要因です。


① すでに影響力がある方々にご紹介されたこと
② 販売日当時100円で売り出したこと
③ 販売日当日は他の教材販売者のライバルが少なかったこと

なかでも、いちばん大きかったのは

購入者さんの熱いレビューです。

レビューを見て「教材の購入を決めました!」って方が多かったです。

今回オリジナル教材の作成~販売まで一連の流れを通して学んだことは


「実績がそんなになくても、人の心にぶち刺さる自分の過去の経験や失敗談があれば、売れる教材は作れる」

ってことでした。

実際にオリジナル教材を発売するまでは

「自分に実績がない」ってことを必要以上に気にし過ぎていました。

そのせいでオリジナル教材の作成~発売がずーっとできなかったんですよね。

でも、ほとんど実績がないゼロの状態からでもオリジナル教材が100部以上の売り上げを達成できたことで改めて気づいたことがあります。

それは、

人間は将来の成功を望んでいるけど、それ以上に将来失敗をしたくないと強く願っている

ってことです。

他者の失敗って興味をそそりますよね。下世話な話、人の失敗談って面白いからです。週刊誌やワイドショー番組がいつまでもなくならないわけですよね。


成功だけでなく、失敗も他者の興味をひく大きな実績になる。

こう考えると、オリジナル教材を作り販売する心理的なハードルがいっきに下がりませんか?

さらに自分のオリジナル教材を発売することで、これまでたくさんの教材で学んでいたことが知識ではなく、体験として身をもって学ぶことができます。

自分が好きな教材を紹介して稼ぐアフィリエイトも魅力的です。


でも、せっかく情報発信してるなら自分のオリジナル教材を販売してみたいって前からずーっと思っていたんですよね。

いまの僕に、何が提供できるのか? 

試行錯誤の過程を経て行き着いたのが、


「中身のない高額コンサルの闇を暴く」


というテーマでした。

自分の人生を変えるため、決意して80万円の高額コンサルに申し込み。コツコツ実践するも1年で1円も稼げなかった。

できれば人に言いたくない僕の恥ずかしい過去の失敗。

でも自分にしか作れない教材のテーマとして最適でした。

大きな実績がなくても、「中身のない高額コンサルに80万円騙された」って失敗が大きな実績になると思ったんです。

「実績」っていうと、成功ばかりに目が行きがちですよね。

でも繰り返しにはなりますが、

挫折や失敗も立派な実績になるんです。

例えば、


・ブログで100記事書いたけど1円も稼げなかった。
・コンテンツ販売で1件も売れなかった。
・マッチングアプリ経由でこんな人とお付き合いして失敗した。
・誕生日に○○をプレゼントしたら妻を怒らせてしまった。
・上司にこんなことを言って怒らせてしまった。

などなど。

コンテンツにできる失敗談は挙げればきりがないです。

「自分には人に誇れる実績がない」

そう思って有料教材作りをしないのはもったいないです。あなたにしか作れない教材があるんですから。

「大きな実績なしで有料教材が作れるなんて、ウソくさーい」と思うかもしれません。

でもこの教材を最後までお読みいただければ、「自分でもオリジナル教材が作れる」と確信を持てるようになります。

あとは実践あるのみです。


1.概要



~ 失敗談コンテンツの作り方&販売方法  ~

1.ネタ探し~リサーチ編
ネタの探し方~リサーチまで失敗談をコンテンツ化する方法を具体例を交えて紹介していきます。

・失敗談をコンテンツ化する

2.失敗談コンテンツの構成編
失敗談コンテンツを作るうえでの重要な構成ポイントをお伝えしています。

・失敗談は出だしが大事
・「起承転結」と「転結起承」の違い 具体例

3.サムネ作成~販売編
・教材が購入さるかは外見で決まる! サムネづくり
・信頼する第3者の客観的な意見を取り入れて教材内容を修正
・本来は販売前にやっておきたい教材のプロモーション

おまけ


この教材は実績ゼロからでもオリジナル有料教材の作成&販売ができる過程を僕の経験を事例にお話しします。

教材発売当時、僕は目立った実績がほとんどなかったにも関わらず、有料発売後100部を突破することができました。

そんな僕でも実践できた内容なので、誰でも真剣に学べば実践できます。


有料コンテンツの作り方は2パターン


有料コンテンツの作り方は下記の2パターン。


① 何かで実績を作ってみる。その実績を出すまでの過程をコンテンツ化する

② 自分の経験や思考の流れをコンテンツ化する

大きな実績がないうちは②がオススメ。


①は実績が自分より上の方と比較されてしまう危険性があります。

さらに「こんな実績では、他者に興味を持ってもらえない」と思って、ずーっと実績づくりに集中。いつまで経っても自分のオリジナル教材を作れない。


なんてワナにハマる危険性も。

なぜみんな失敗談コンテンツを作ろうとしないのか?


多くの人は自分の失敗を隠します。

とくに情報発信ビジネスを行っている場合、情けない自分なんてさらせないし、ミスを認めて恥をかくのはイヤだ。

まして自分の権威性を下げる失敗や挫折なんて進んで話したいと思わないからです。

Twitterを見てみると、自身の権威性を上げるために、師の実績を借りて情報発信をしている人も多いです。


「月収500万円の師から教わった教えを特別に伝授します」的な。


でも、これってその月収500万円稼ぐ師から教わったほうが早いと思いませんか?


その人から教わる必要性がない。

権威性を借りている師が、ちゃんと稼げている情報発信者でなければ、権威性を借りたその人の信用性も傷つきます。


危ないですよね。

実績がなくても有料コンテンツは作れるし、師の権威性を借りなくても、自分の失敗や挫折を有料コンテンツ化することは誰でもできます。

ならばいっそ、邪魔なプライドは捨ててしまえばいい。

失敗をさらけ出したほうが多くの人から応援されるんです。

著名人の不祥事や不倫問題を見てるとそれがよく分かります。

不祥事を起こしたことで離れていってしまうファンもいます。

でも、「こんな時だから、この人を応援しよう」と、素直に失敗を認めた著名人の姿を見て、前よりも熱心に応援してくれるファンもいます。


失敗談なら実績関係なしで有料教材が作れる


僕がオススメするのは、何かで実績を出してから有料教材を作成する。

のではなく、自分の失敗や挫折経験を実績にしてそれをコンテンツにする方法です。

「自分には人にアピールできるだけの実績がない」

と思い込んで、コンテンツが作れず悩んでいる人でも、失敗をコンテンツ化すれば実績なくても教材は作れます。

失敗や挫折こそ財産です。

この教材で自分の失敗や挫折をコンテンツ化する方法を学びちゃんと実践すれば、


① 生きているだけで人の心に刺さるコンテンツが作れるようになる。

②コンテンツを作成&販売する側にまわることで、実績もできる。

③ 自分の失敗を1つのコンテンツとして販売することで、今度はその失敗談をコンテンツ化して販売した経験をもとに有料教材が作れる。

④ 自分の経験なら感情がのりやすく、独自性が伝わりやすい。

⑤人気教材内で紹介してもらえたり自分より稼いでいる人にフォローしてもらえる。

⑥ 人の心に刺さるコンテンツが作れるようになり、結果信頼と同時に売り上げにもつながる。

なんて未来を手に入れることだって不可能じゃありません。


こんなオマケ効果もあります


最近のBrainを見ると、コンテンツ作成方法やライティング教材が多いですよね?

今回の僕の教材はコンテンツ作成やライティング教材と相性が良いので、あなたがすでにお持ちの教材と一緒にTwitterやブログ記事でご紹介がしやすくなっています。


失敗や挫折がなぜコンテンツになり、売れるのか?


人は感情でモノを買い、理屈でそれを正当化します。

有料コンテンツの場合はとくにお客さんの感情を満たすことが大事です。

お客さんが持っている感情は主に2つ。

①何かを得たい。お金が欲しい、異性にモテたいなど。成功する未来を手に入れたい。
ドラえもんで例えると、のび太がしずかちゃんと結婚する最高の未来を手に入れたいと思うこと。

②何かを回避したい。借金、失恋など。失敗する未来を避けたい。出会いたくない。
ドラえもんで例えると、のび太でいうとジャイ子と結婚したくない最悪の未来を回避したいと思うこと。

何かで稼いで実績を作り、その実績をもとに教材を作成するのは「何かを得たい」といったお客さんの感情を満たすこと。

この教材では自分の失敗や挫折を有料コンテンツにすることで「何かを回避したい」というお客さんの感情を満たすことを目指すことをおススメしています。

この教材は、とくにこんな人に購入して欲しいです。


・コンテンツ販売者になりたいけど、実績にこだわりすぎて行動できない人
・教材はたくさん購入してるけど、まだ100円すら稼げてない人

教材の価格は定価1,280円で販売を続ける予定でした。

しかし、より多くの方に手にとって実践して欲しいと考え、

価格を【980円】に変更することにしました。

ただし、購入者様が不利益を被らないよう今後の状況次第では値上げを行う可能性があります。

そのため早く行動する人ほど、お得に購入できますよ。


この教材で学べること


~ 体験型コンテンツの作り方&販売方法  ~

1.ネタ探し~リサーチ編

ネタの探し方~リサーチまで失敗談をコンテンツ化する方法を具体例を交えて紹介していきます。

・失敗談をコンテンツ化する

2.失敗談コンテンツの構成編

失敗談コンテンツを作るうえでの重要な構成ポイントをお伝えしています。

・失敗談は出だしが大事
・「起承転結」と「転結起承」の違い 具体例

3.サムネ作成~販売編

・教材が購入さるかは外見で決まる! サムネづくり
・信頼する第3者の客観的な意見を取り入れて教材内容を修正

・本来は販売前にやっておきたい教材のプロモーション

おまけ

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

4 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ミニマリストワガチャン

失敗は成功のもと

記事の内容の最後もしっかりと失敗談を取りいれており 失敗談をコンテンツにする新しいやり方と感じました。僕もちょくちょくコンテンツに失敗談を取り入れたり失敗しまくりですがw失敗が価値になるのを再認識する事が出来ました。サムネイルもインパクトを受けたので購入にいたったのは正に狙い通り!とても参考になるBrainでした。
ミナト

特にノウハウコレクターで苦しんでる方に読んでほしい

ノウハウばかり集めてもうどうしようもない方に読んでほしい。その苦しみがお金になる。逆転の発想とか斬新なbrainだなと余って読み始めたらが、「失敗経験」はとても価値あるもので、ビジネスの本質である「価値提供」と再認識できるとてもいい教材だった。
もくもく

この教材から得られるものは思っている以上に多い

何度「わかるわ~」とうなずいたかわかりません(笑) ここにたどり着くまでの軌跡が包み隠さず書いてあります。 もう、これだけで単純に変なパクリ商材出すより何十倍も信用値が得られますね。 有料コンテンツって、「役に立つ情報」であるなら、もっと自由で良いんだっていう気付きを得ました。 これを機に、もっと多彩なコンテンツが出てきてくれるようになればいいなと思いました。
つよし

失敗だらけの人生

いろんな失敗し続けると、落ち込み続けるか、なんとか這い上がることしか考えれないですよね。 このコンテンツは人生に失敗はないんだよってことを再確認できるモノになってますね。

この記事を購入する