寒波は広範囲に影響 太平洋側も雪

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

寒波は広範囲に影響 太平洋側も雪
画像:tenki.jp 今季最強の寒気が流れ込みました。この影響で、普段は雪が積もりにくい太平洋側でも所々で積雪となりました。きょう25日は気温が上がらず、あす26日朝も厳しい冷え込みが続くため、路面凍結に注意が必要です。各地から届いた雪の様子です。 館野(つくば)の上空1500メートル付近の寒気 歴代最強 今季最強の寒気が流れ込みました。 上空1500メートル付近(850hPa)の寒気は、きょう25日朝9時、館野(つくば)では-15.1℃を記録し、歴代1位を更新しました。(速報値) 館野のこれまでの記録は、1960年1月24日の21時の-14.0℃で、今回の寒気は過去最強となります。 輪島では-16.7℃を記録し、歴代3位の値となりました。 今季最強であり、場所によっては過去最強の寒気が流れ込んでいます。 普段雪が降りにくい場所でも積雪 画像:tenki.jp 強烈な寒波の影響で、太平洋側の各地でも雪が降り、積雪となった所も。 兵庫県の瀬戸内側の地域では、珍しく雪が積もりました。 地元の方によると、1年に1回、雪が降るか降らないか、積もることは数年に1度くらいだということです。 新潟市では風強く「地吹雪」 画像:tenki.jp 一気に降り積もった雪は、風が強く、吹き飛ばされています。 アメダスでは午前8時の積雪4cmですが吹き溜まりでは、10cm以上あります。気温が低いため、雪が軽く、除雪は楽ですが、すくったとたんに雪が吹き飛ばされているということです。 関東で珍しく冬型の気圧配置で積雪に 画像:tenki.jp 栃木県大田原市の午前8時30分頃の様子です。冬型の気圧配置の時より、南岸低気圧の時に雪が降りやすい場所ですが、2センチほど積もっているとのことでした。 あす朝も路面凍結注意 画像:tenki.jp きょう25日日中も気温が上がらず、今夜からあす26日朝にかけても冷え込みが厳しくなります。積もった雪がなかなかとけにくい状態が続く見込みです。 雪による事故が相次ぎ、道路の渋滞が発生している所があります。 引き続き、路面凍結に注意し、時間に余裕をもって行動するようにしてください。雪道に慣れていない方は運転を控えてください。 日本気象協会 本社 日直主任

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 寒波は広範囲に影響 太平洋側も雪