広く低温注意報 交通影響続く恐れ

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

広く低温注意報 交通影響続く恐れ
画像:tenki.jp 今季一番の大寒波の影響で、太平洋側でも積雪になり、雪道での事故や立ち往生が相次ぐなど、各地で影響が広がっています。あす26日朝にかけても厳しい冷え込みが続く見込みで、広範囲に「低温注意報」が発表されています。積雪や路面の凍結による交通への影響が続くおそれがあり、警戒が必要です。 太平洋側でも積雪 午後も雪とけず 画像:tenki.jp きょう25日、日本の上空には、今季最強の寒気が流れ込みました。 日本海側では記録的な大雪となった所もあり、普段はあまり雪が降らない太平洋側でも積雪となりました。この大寒波の影響で、雪道での事故や立ち往生が相次ぎました。 午後3時の積雪は、鳥取県大山で170センチと今シーズン一番の大雪となっているほか、岡山県津山市で38センチ(最深積雪は46センチで統計開始以来1位を記録)、水戸市、津市で3センチ、京都市で7センチなど、太平洋側の市街地など普段雪の少ない地域でも積雪となっています。 積雪や路面の凍結で、路面状況が悪くなっていて、通行止めの道路があるなど、交通の影響が長く続いています。 上空寒気 ピーク超えるも「降れば雪」 画像:tenki.jp きょう25日朝にかけては、今季最強の寒気が流れ込みました。 上空1500メートル付近(850hPa)の寒気は、きょう25日午前9時、館野(つくば)ではマイナス15.1℃を記録し、歴代1位を更新しました。(速報値) 館野のこれまでの記録は、1960年1月24日の午後9時のマイナス14.0℃で、今回の寒気は過去最強となります。輪島ではマイナス16.7℃を記録し、歴代3位の値となりました。 上の図は、あす26日(木)午前6時の寒気の予想です。寒気のピークは越えるものの、広い範囲で上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の「降れば雪」の目安とされる寒気に覆われる見込みです。 あす26日は北日本を中心に強い冬型の気圧配置が続くでしょう。 あす26日明け方にかけては、北陸や北日本を中心に大雪や猛吹雪となるおそれがあり、引き続き警戒が必要です。 広範囲に「低温注意報」発表 画像:tenki.jp きょう25日午後3時50分現在、広い範囲に「低温注意報」が発表されています。 あす26日朝の最低気温は、きょう25日朝と同じかさらに冷え込みが厳しくなる所もあり、多くの所で「氷点下」が予想されています。 内陸部や標高の高いエリアほど冷え込みが強く、水道凍結などのリスクも高まるでしょう。 夜間に入り、雪がこのままとけずに、あす26日朝も路面の悪化した状態が続く見込みです。 すでに、猛吹雪の中での車の事故や、雪道での立ち往生など影響が相次いでいます。雪道運転に慣れていない方は、安全を最優先し、運転を控えてください。 日本気象協会 本社 日直主任

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 広く低温注意報 交通影響続く恐れ