感染者利用の店公表「正当」地裁

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

感染者利用の店公表「正当」地裁
店名公表を巡る訴訟の判決後、記者会見するラーメン店経営者(右)ら=25日午後、徳島市  新型コロナウイルス感染者の立ち寄り先として店名を公表され、売り上げが激減したなどとして、徳島県のラーメン店経営者らが県に計約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、徳島地裁であった。 【図解】都道府県別新規感染者数(人口10万人当たり)  島戸真裁判長は「店名公表の目的は正当」として請求を棄却した。原告側は控訴を検討している。  島戸裁判長はラーメン店側が公表に同意したとは認められないとした上で、「感染の連鎖を止め、収束を図ることが急務だったことを考慮すれば、公表の目的は正当なものだった」と指摘した。  判決によると、2020年7月、県内20例目の感染者が確認され、同県藍住町のラーメン店で食事していたことが判明。飯泉嘉門知事は同月、立ち寄り先として店名を公表した。  判決後、記者会見したラーメン店の経営者は「飲食店が被った苦しみが理解されず残念」と話した。 

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 地域 感染者利用の店公表「正当」地裁