接骨院や鍼灸院の広告について、とってもわかりやすく解説いたします!!

接骨院や鍼灸院の広告について、とってもわかりやすく解説いたします!!

接骨院や鍼灸院の広告について、とってもわかりやすく解説いたします!!

井手 恒太
2020-09-28
7 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

brainはじめました。

https://twitter.com/fesnoide

井手です。

井出ではなく井手です。

本日は

接骨院や鍼灸院の広告について書いていきたいなと思います。

https://twitter.com/aki408yasu/status/1309656660361666560

しんば先生の呟きを見て広告の概念って難しいですよねと思って

僕の知識があなたのお役に立てばと思い

筆を執ることにしました。

『正直、何が良くて何が悪いのかわからんのですよ(T_T)』

という方向けに、優しく、わかりやすく書きますので

たくさんの人に届いてほしいなと思います。

しんば先生の妹の彼氏さんにも届け!!

そもそも広告ってなんだ?

接骨院に限らずに広告ってなにが広告なんだ?

例えば

テレビやYouTubeのCMが一番生活に身近ですよね

他にも街中の看板や、自宅に届くチラシもそうです。

世の中は広告に溢れています。

SNSも発信者によっては広告になります。

僕らの業界で

広告制限や広告規制

なんて話を良く聞くと思います。

この後に書くのは

①接骨院や鍼灸院において何が広告に該当するの?

②広告していいものとしちゃいけないもは何?診療や治療って言葉はNGなのよ。実際の指導事例など

③広告のガイドラインが決まるって本当?

④整体院はどうなのさ?

⑤有資格者が整体院をする際に気を付けること

⑥今後の予想と広告違反の本当の怖さ 

について書きますので

値段も20部限定で980円とお求めやすい価格にさせていただきます。

柔道整復師

鍼灸師

あんまマッサージ師

整体院で働いている方

にとって為になる記事です。

それでは行ってみよう!!!

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

7 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
はなげるげ

実戦している先生が書く記事。

広告の怖さ、細かさを改めて感じさせてくれた記事。知らない、見てないから、みんながやっているからOK。という考えでHPを組んだり、広告を出してしまうと取り返しのつかない自体になってしまうかもしれません。確実な方法を理解するために、熟読することをオススメします!
菅井翔士

とても読みやすかったです

何気なく使っていた言葉が、法を犯していたとは思いもよらず、、の連続でした。 でも知らなかった、では済まされない。 法に守られているなら、先ずは法を知らねば!と思い知らされました! ありがとうございます。
カドタ タイチ@アイリー鍼灸院

さすが井手先生 施術家に見てもらいたい!

さすが井手先生。全てにおいて行き届いてますね! 何気なく、悪気なくやっている事も広告違反の可能性が多いにあります。私は近所の整骨院に保健所経由で注意を受け経験があります! 是非この記事はわかりやすくまとめてくださってるので法律に自信のない方、関係法規の教科書を読んでもイマイチピンと来ない方はチェックした方がいいですよ
しんば

読むべき記事

有資格者が自費整体院として開業するパターンが増えてる昨今。 何がNGで何がOKか。広告制限の意味は? それは制限が?いや、守ってくれてるものなのか? いろいろ詳しく書いてあります。 開業されてる、もしくはされる方は目を通しておくべきです。
かっきー

当たり前が出来てない柔整業界

県社団の保険部長の下で療養費、広告制限について学んだ私にとっては至極当然と思える内容で有りました。 しかし私が当たり前に思っている事が、理解し実行出来て居る人間が少なく、また知らずに法令違反、医師法違反、薬事法違反などしているケースが散見される。 井手先生のこの文章は、開業済み、これからの方も是非読んで頂きたい内容です。 保険所、厚生局の指導や摘発を逃れるための抜け穴を探すより、それぞれが当たり前のことを当たり前にするクリーンな業界になる為に多くの方に向けた資料としてご覧下さい。
スズキ タケヒロ

知らずにやってるルール違反

ぜひこの記事を読んでみていただきたいです。絶対ひとつやふたつ知らずにやってるルール違反あると思いますよ。知らなかったじゃ済まされない。手遅れになる前に知って対策できるようにするためにも読んでいただきたいです。
牡蠣整体師 ツイキ

施術院の形問わず皆に見て欲しい

僕自身、接骨院→鍼灸接骨院→自費整体院の流れで今まで来ました。 接骨院だと柔道整復師法が適応され、制限の多さに驚くと共に、更に驚いたのがインターネットの無法地帯さでした… もちろんリアルでも違反しているところはあり、開設の際の現地調査では当然注意を受けます。 担当者はお伺いしたのですが 修正しないのはなぜか? 「あそこもやってるじゃないか!」と言い出し、水掛け論になると… そうぜひこれ読んで欲しいです! そして自費整体院での記載ももちろんされてあります。 僕の場合、チラシ作成の際新聞社さんに明記していいしてはいけない単語も教えてくださり未然に防ぐことが可能でした。 さらにリラクゼーション 検索サイトに登録しているのですが、そこもコンプライアンスは守っていて、有資格であることや表現として相応しくない内容は弾かれるようになっています。 あそこもやってるから!って気持ちもちろんありますが、僕は極力守れていることに安心しました。 優良誤認なんかで勝っても面白くないですよ! 僕は苦労してますが地道に胸を張って生きていきたいと思ってます! 自費までのこと書いてくれたんで本当に井手先生ありがとうございました!! 開業を視野に入れている人は本当にチェックです!

この記事を購入する