日本海側中心に大雪続く 警戒を

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

日本海側中心に大雪続く 警戒を
25日(水)の天気と降水確率  今季一番の非常に強い寒気の流れ込んでいるため、25日(水)も強い冬型の気圧配置が続く見通し。全国的に風が非常に強く、日本海側を中心に暴風雪や大雪、暴風、高波に警戒が必要だ。太平洋側にも雪雲が流れ込み、積雪となっている所もあるため、大雪や路面の凍結などによる交通障害に十分に注意し、時間に余裕を持った慎重な行動を心掛けてほしい。  さらに、きょうもかなり厳しい寒さとなるため、万全な寒さ対策も欠かせない。 西日本の大雪は朝までがピーク 北日本中心に大雪警戒 25日(水)午前9時と午後3時の雨雪・風の予想  西日本では、中国地方を中心に雪が強まり、昨夜から岡山県北部では顕著な大雪となっている。西日本の大雪のピークは朝のうちに越えて、日中は次第に雪の範囲が狭まるが、引き続き、風の強い状態が続くことによる視界不良や、大雪、路面の凍結による交通障害などに警戒が必要だ。大雪の中心は、次第に北日本に移る見通しで、北日本や北陸では、暴風雪や大雪、暴風、高波に、引き続き警戒が必要となる。 大雪や低温時の注意点  大雪となっている地域、今後、大雪が見込まれる地域では、不要不急の外出を控えた方が良さそうだ。また、引き続き、太平洋側にも雪雲が流れ込む可能性があり、風も強く吹くため、交通障害などに注意し、時間に余裕を持った慎重な行動を心掛けてほしい。 厳しすぎる寒さ 屋内でも気温差に気を付けて 25日(水)午前5時時点の最低気温  けさは、東京・名古屋・大阪・福岡といった大都市をはじめ、ほぼ全国的に最低気温が0℃未満の冬日になるなど、かなり厳しい冷え込みで、今シーズン一番の冷え込みとなっている所も多い。 25日(水)の予想最高気温  最高気温も、東京・大阪4℃など関東から西は5℃以下の所が多く、北日本では0℃未満の真冬日の予想で、仙台は-3℃、2年ぶりの真冬日となる見通しだ。全国的に低温注意報が出されるなど、10年に1度程度の低温が予想されている所もあるため、体調を崩さないよう寒さ対策を万全にしてほしい。屋内で過ごす場合も、暖房の効いた部屋と寒い廊下や洗面所などとの気温差に注意が必要だ。 金曜日は南岸低気圧 週末にかけ再び冬型強まる 26日(木)~29日(日)の天気・気温の予想  あす26日(木)にかけて、北日本では強い冬型の気圧配置が続くため、引き続き、暴風雪や大雪による交通障害に警戒が必要だ。関東から西日本の太平洋側は晴れて、日中は少し寒さが和らぐが、朝は全国的に厳しい冷え込みが続くため、水道管の凍結などに注意が必要となる。27日(金)に本州の南岸を低気圧が通過した後、週末は、再び冬型の気圧配置が強まり、西日本も日本海側を中心に雪が降る見込み。週末にかけても、最新の気象情報、交通情報に注意が必要だ。  (気象予報士・海老原美代子)

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 日本海側中心に大雪続く 警戒を