月1万円を稼ぐ有料noteの売り方×作り方講座【音声講座付き】

月1万円を稼ぐ有料noteの売り方×作り方講座【音声講座付き】

月1万円を稼ぐ有料noteの売り方×作り方講座【音声講座付き】

クロネコ屋
2022-10-01
224 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

わずか1時間で書きあげて、気まぐれでエイヤと1000円の価格を付け「どうせ誰も買わないだろう」と投げた有料noteが、気付いたら安定して月1万円を運んできてくれる不労所得になったーーそんな理想の収入源を手に入れたいですか?

有料noteを正しく作れば、この例のように安定的に月1万円を稼ぐ事が可能です。

しかし簡単ではありません。何よりもまず「有料で出すのが怖い」という恐怖を乗り越えた人にしか、有料noteは書けないからです。

私も自社商品を持つことを怖がるビビリでした。

2016年の春。私は失意の底にいました。

Googleの順位変動によって、ブログ収入が月800万から月200万にダウン。

「このままいったら、月収0円になってしまうのでは?」

その時はまだセミリタイアできるほどの資産もなく、ここでブログ収入を失ったら露頭に迷う。

まさに運命の分かれ道に立たされていました。

ブログ収入を除いたら、私のキャリアは職歴ほぼ無し、作家崩れのアラサー無職。

文章力とド根性で、やっと手に入れたブログ収入という金脈。しかし、そこにあぐらをかいて、余裕ぶっこいていた時に、突然落ちてきたGoogleの無慈悲なアップデート。順位はみるみる落ちて、周りのブロガーも阿鼻叫喚。引退する人も多く出ました。

「このまま死にたくない!」

私は必死に頭を働かせ、何かGoogleに依存しない収入源はないか? と考えました。

その時、怪しい怪しいと言われていた有料note。

当時は運営側のトラブルも多く、noteを売っただけで批判されるような雰囲気。

しかし、私はここに賭けた。

今までのブログノウハウを必死にまとめ、1200円で初めての有料noteをリリース。

本当に売れるのか?

そもそも自分の知識は1200円の価値があるのか?

批判殺到で、このクロネコ屋という存在そのものが消滅するのでは?

当時、有料noteを出すのは、猛獣だらけのジャングルに入ってお宝を探すインディ・ジョーンズよろしく、リスクしかありませんでした。

でも、ここでまたGoogleに依存してハシゴはずされて、自分には絶望的に向いていない会社員に戻るのは死んでも嫌だ。

どうせ死ぬなら前のめり。あれ以上のリスクはないだろう!

と自分を鼓舞して、えいや!とリリース。

結果、そのnoteは…

・大好評(レビュー多数。大物ブロガー、インフルエンサーに紹介される。もちろん紹介料ゼロだから純粋な評価)

・売上1万部突破(個人でこれは普通ありえない)

・「続きを早く出して下さい!」とせっつかれる

それから、有料noteは私の立派な独自収入源となりました。

いま、あなたは有料noteを出すことをリスクと考えてるかも知れません。

しかし、正しいやり方を知れば、リスクをおさえつつ、独自の収入源、かつ不労所得が寝てても稼げるお宝を手にすることが出来るのです。

在庫を抱える事もなく、胡散臭い売り方をする必要もありません。借金も初期費用もいりません。手出し0円でムリなく月1万円を稼げます。

必要なのはテキストと行動力と、リスクを背負う覚悟だけ。オリジナルの商品を作り出し、趣味のSNS運営をしっかり利益につなげていく。

ノウハウがあれば、誰でも再現可能です。いまあなたに実績も技術も何もなくても、日本語を書く能力と、圧倒的なやる気さえあれば今すぐ稼げます。

スマホをボーッと見て「儲かりそうだから読むわ~」みたいな人は買わないで下さい。既に行動している人、これから行動するし1日10時間くらいは余裕でハードワークする気がある腹くくってるサムライだけ買って下さい。

クライアントワークで消耗してる人、買った方が良いです。

いつまでも時給の切り売りをしてると、倒れたり精神的にダメになった時に一気にキツくなります。そんな時に寝てても稼げる有料noteを持っておけば、1ヶ月ニートしても収入は途切れません。有料noteを持つことは、フリーランスのセルフ休業補償です。

私は今年はじまって1ヶ月くらいダウナー期間があって、ほぼTwitterしかしてませんでしたが余裕で月500万ほど収益チャリンチャリン入ってました。すべて有料noteをはじめ自社商品を持ってるから出来ることです。収入源がオールクライアントワークだったら収入0になってもっと病んでました。

有料note、もとい自社商品は、己を守るセーフティネットである。

この講座では、そんな『有料noteの売り方×作り方ノウハウ』を教えます。

書き手の自己紹介をします。こんにちは、クロネコ屋です。先日、noteで発売したミニ講座が発売初日で1000部を達成しました。

これが証拠です↓(セール価格300円×1000部=売上30万円)

ちなみに累計では2000万円以上の有料noteを売ってます↓


しかし、2016年から有料noteを販売してきましたが、初日1000部を超えたのは初めてです。

売上初日1000部を達成したらやりたい事があって、それが『有料noteの作り方・売り方を体系的にまとめる講座を作ること』です。

noteは2016年から使っていますが、ようやくnoteの売り方・作り方が馴染んできたので、ぼちぼち講座にしようかなと。

かれこれnoteだけで2000万以上を稼いできましたが、はっきり言います。有料noteは、コツさえ掴めばめちゃくちゃ売りやすいです。特に個人には追い風でしかない。

これ私は2017年頃から言っていて、その際の話をブログに書いてます。

・これからのSEOはブランド化された個人ブロガーが強いと思う理由

「これからは匿名ブログでアフィリエイトやるよりも、個人が名をあげて自社商品を売ったりした方が儲かるよね」

という話を2017年から言ってます(冒頭のGoogleアプデで死んだ話も書いてます)

そして実際、私は有料noteや個人講座を販売してガンガン売上を伸ばしてきました。

当時は胡散臭いとか、あいつ有料noteに手を出して終わったなとか言われてましたが、結果として今は有料コンテンツを個人が出して、それを皆が普通に買う環境になってますね。方向性は正しかったという事です。

こうは言っても

「いやいや、有料noteが売れるのは有名な人だけだよね」

「フォロワー少ないからムリだよね」

「有料noteに書く内容がわからないよ」

「有益な情報なんて持ってないから無理だ」

と思うかもしれませんが、それは誤解です。

実績ゼロ、知識ゼロ、技術ゼロであっても売れる有料noteは作れます。

当講座は、完全初心者に向けてハウツーを書いているので、安心してください。実績も何もない人が、これから自社商品を作るにあたって必要なことを重要ポイントに絞って書いてます。

実は、みなさんが想像している以上に、有料note制作販売のハードルって低いです。

その背景として、noteはクレジットカードを登録しているユーザーが多く「課金して読む文化」が浸透しています。

なので売り方・作り方さえ正しく理解して設置すれば、安定して月1万円の利益を運んでくれる自動販売機にすることが可能です。

逆に言えば、コツが分からずテキトーに有料記事を投げても誰も買いません。

例えばあなたの今日の日記帳に300円の価値を付けても、よほどファンが付いていなければ誰も買わないでしょう。課金する理由が無いのです。

かといって、よしんば何かしらの有料記事が売れても、売り方が下手だったり価格設定を間違えると、あなたの信用・ブランドが削れます。

あるいは安く売りすぎて、本来得られた利益を失ってしまいます。

また、有料noteは下手な作り方・売り方をすると怪しい情報商材と同じように見なされ「胡散臭いものを売ってる信用ならん人」と思われる可能性もあります。

これはnoteが悪いというよりも、短絡的な売り方が出来てしまうシステムだったがゆえの悲劇です。

しかし、そういった胡散臭さを排除して、しっかり「ファンやユーザーが課金してくれる自社商品(有料記事・講座)」に仕上げていけば、素晴らしいオリジナル商品群を展開する事ができます。

商品群というのがミソで、一つで終わらないんですね。

商品をいくつ展開してもいい。その度にリピーターの方が買ってくれれば、無限に安定して売上を積み上げる事ができます。

1年に6作品リリースしたとして、1作品あたりトータル10万円売れたら、最初の年の収入は60万。でも翌年にまた6作品リリースしたら、前年度に出した6作品の売上も続いてる訳で、年80万、年120万、年150万…と雪だるま式に売上が上がっていくんですよ。いわゆる複利です。

こんなにも便利で美しく、かつ複利で積み重なっていく武器を使わないのはもったいないです。

また冒頭にあるように「思いつきで1時間でサクッと作ったnoteが長年1万円を運んできてくれたよ」みたいなヒットを生み出し、時給いくらだよ?と引くくらいの労働効率で稼ぐ事も可能です。

自動販売機を土地代無料で設置できて、そこに需要があるのなら、置かない手はないですよね?

当講座では、累計2000万円以上、なおかつ1万部以上の売上もnoteで作った事がある有料noteのプロである私クロネコ屋が、下記の内容をお伝えします。

・有料でも売れるnoteとは?

・実績ゼロの人が有料noteを売るためには何をすればいい?

・具体的な行動指針(精神論とかじゃなくて、これやれ!という具体的指示)

・有料noteの見込み客を集めるための発信術(ブログ、SNS)

・無料と有料の違いをどうするか(これ超重要)

・有料noteでヘイトを買う人、信頼を得られる人の違い

・有料noteを出して胡散臭くならない方法

・それどころか感謝されて、喜んで課金してくれる人に囲まれる方法

・クレーム対処法

・売れる有料noteのリード文に必要なもの(これ間違えると売れない)

・売れる有料noteのプロモーション方法

・noteとBrainの使い分け方

・noteでBANされる危険ワード

・価格設定の方法と値上げのやり方

・実績ゼロの初心者が有料noteで月1万稼ぐまでのチェックシート

この目次を読んでだいたい内容が分かるなら買わないで下さい。でも一つでも気になったら買った方が良いと思います。1個クリティカルな知識が抜けてると、良いnoteを作っても全然売れないので。そういうもったいないミスを無くしましょう。

書いてある事は基礎的ですし、初心者向けにめっちゃ噛み砕いて書いてます。なので、ぶっちゃけ中級者の人は物足りないと思います。

でも重要な事しか書いてないし、そういう基礎ほどいざ自分が出す時に忘れるので、復習の意味もこめて読んだら良いと思います。

で、講座内容ですが長すぎると皆さん消化不良になりますよね?

そこで、なるべくサクッと学べるように、余計な所は削ぎ落としました。ですが、それでも1万8000文字前後(リード文含めたら2万文字超え)になってしまったので、気合を入れて読んで下さい。

内容量は1時間20分のセミナーくらいです。1時間20分で自社商品を作るための最低限の知識と最大級の勇気を与えますので、死ぬ気でついてきて下さい。大丈夫、大学の講義1コマ分です。おまけに何度も読み直し、聴き直しで学べますので、わかんないところがあったら何度も復習して下さい。印刷して、音声講座を聞いて、脳に染み込ませて下さい。脳内にリトルクロネコ屋を住まわせて、有料noteを作る時に呼び起こして下さい。洗脳チックで怖いし狂気的ですが、狂ってないと自社商品なんて作れません。ぐあーって血反吐はきながら作るのです。その血がやがて、あなたを守る武器になります。


【注意】手を動かす意思のある人だけ買って下さい

ひとつ注意点です。このノウハウは実績ゼロの人向けに書いていますが、「楽に自動で稼げる手法を知りたい人」向けには書いていません。繰り返しになりますが、もうこれ何度言ってもかる~くポチって買っただけで読まない人がいるので、しつこく注意します。

誰でも出来る手法ですが、あくまで「手を動かせば」誰でも出来る…というノウハウになります。なので、とにかく楽したい! 何もしたくないが美味しい情報には目がない! という人は買わないで下さい。普通に損します。

有料noteを出し、販売するというのは、自社商品の開発・販売というまぁまぁ骨の折れるチャレンジになります。スマホでポチッとしたらお金がザクザクみたいな寝転びながら出来る作業ではありません。

ましてや実績ゼロからのスタートなので、最初は腰を据えて作業する必要があります。この1万8000文字の知識を噛み砕くだけでも一苦労でしょう。

なので、本気で知識を学んで有料noteという自社商品を展開したい人だけ買って下さい。


【注意その2】当講座のデメリット。サポートは一切ありません

当講座のデメリットを先に教えます。サポートは一切ありません。信じられないかもしれませんが、内容に疑問があっても質問が出来ないという事です。売りっぱなしジャーマンです。初心者向けなのに、最悪の教材です。ここで「げー」となった人は買わないほうがいいです。続きも読まなくていいです。

理由があります。というのも、すべてサポートで質問を答えていたら、きりが無いからです。例えば記事内で「ランサーズで仕事を探してみる」という話が出てくるのですが、ここで

「ランサーズってなんですか?」

「どうやったら案件を探せますか?」

と聞かれても、それは検索すればすぐ分かるよね。ランサーズのサイトいって会員登録して、実際にいじってれば分かるよね、という話なので、ここから手とり足取り教えてたら私の時間が溶けていきますし、私のサポートに依存することになります。

なので、サポートは一切ありません。分からない所や用語があったら、自分で検索してみる。実際に使ってみる…という事ができる人だけ買って下さい。

手取り足取りサポートが欲しい人は買わないで下さい。あくまで検索で出てこない核の部分だけ、当講座ではお伝えします。検索すれば分かることは書いてません。厳しいですが、ご了承下さいませ。

繰り返しますが、実績ゼロの人が有料noteを作って売れるようになるまでは決して楽な道ではありません。素人登山家がチョモランマを登山するようなものです。

しかし、それでも挑戦したい人のための地図になればいいな、と思い書き上げました。それでも私はやるぞ!という方のみ購入して下さいませ。


音声講座を用意しました

「耳で学びたい!」「家事をしながら学びたい!」という要望が多かったので、今回は音声による講座も用意しました。

音声講座は1時間20分になります。

内容はテキストとほぼ同じですが、「ながら学習」にお使い下さい。通常速度と、1.5倍速の2つを用意しています。お好きな方をどうぞ。ダウンロードも可能です。


当Brain購入者のレビューはこちらにまとめています↓

・購入者レビューまとめ

では、講座を始めます。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

224 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
ぎか

有料noteの作成→販売→プロモーションまで全部実践にすぐ落とし込める内容

実績が全くなくても有料noteを販売できる内容を学べるし、既に有料noteを販売している方にとっても非常に有益な内容です。うまく有料noteの販売数を伸ばすことができないと悩んでいる方にとっては非常におすすめです。売れやすくなる作成ポイントや販売のプロモーションなど、超具体的に解説して頂いています。私も有料noteを販売しているのですが、ハッとさせられました。
とらうぃ

有料noteを出すなら知っておきたい内容が満載でした

有料noteを出したいときに迷うことは、本Brainを読めば解決できます。特に、有料noteのNGな使い方は、理解できて良かったです。有料note・有料Brainの違い、無料コンテンツ・有料コンテンツの使い分け方、有料noteの価格設定、有料noteの無料部分(リード文)の書き方は本当に知りたい内容でした。ありがとうございました!
コンビニ副店長

無料と有料の使い分けが明確に分かりました。

自分の商品を出すツールとして有料noteは出しやすい反面、売れにくい側面もあると感じてました。再度読み直すことで、無料、有料への導線、使い分けが明確に分かり、自分の商品をさらに作りやすくなりました。 なんとなく中途半端に有料noteを出そうとしている方には特に読んで欲しい内容です。
カブリンダ

noteで稼げる方法が網羅。「でもなー」が無くなる

有料noteを販売すると色んな弊害やクレームなど不安になりそうな事が全て書かれています。もちろん売れる為のノウハウは具体的に書かれています。私も今から実践します。コスパ感すごい!
yamako_1010

気合い系ではなく、具体的ノウハウが詰まってます

noteの特徴やbrainとの違いが特に参考になりました。
ことり

0→1を実現させたい、実績0の初心者におすすめ。

ブログ界隈で有名なクロネコ屋さんのBrain。稼ぐノウハウはよく目にしますが、具体的に○○を利用して○○をして稼ぎ実績を積むということが書かれていてそのまま実践すれば実績を作れてしまう内容。その実績をいかし、どのようにnoteで稼ぐか、も具体的に解説されています。実績をつくるハードルを下げてくれ取り組める気持ちにしてくださったのが一番おおきいです!
K.A.T

自分の商品なんて...。と思っていた僕の背中を押していただきました。音声もとても聴きやすいです!

実績ゼロの自分なんて...。と思ってた人でも背中を押してくれる内容でした! 有料noteを出すのは引け目を感じてましたが、勇気をもらいました。 また、音声講座のクロネコ屋さんの声がとても聴きやすいです。 クロネコ屋さんのVoicyはいつも聴かせていただいてますが、相手目線に立っての言葉選び、とても参考になります!繰り返し聴き直して、アウトプットさせて頂きます。
カキオ

経験が無くても売れるnoteが作れる!

私は個人事業主として3年目に突入しますが、クライアント業務にくたびれていました。「長期的な自分のビジネスを持たなければ駄目だ!」と日々考えていました。しかし何から始めればいいのかが全く分からず困っていました。そんな時にこちらの教材に辿り着きました。自分の経験を有料noteにして販売できる道筋が見えてきて本当に嬉しい感覚になりました。これから元々の業務から脱却できるように、作業にのめりこもうと考えております。この価格でこれだけの情報を得られるのであれば安いものです!自分の悪い状況から脱却したいと考えている方には、本当におすすめしたい情報ですよ!

この記事を購入する