Brain

月10万円の「印税」と「狂信者」と「権威性」、令和ビジネス攻略の要となる”三種の神器”が手に入る次世代最強のWEB作家とは

月10万円の「印税」と「狂信者」と「権威性」、令和ビジネス攻略の要となる”三種の神器”が手に入る次世代最強のWEB作家とは

月10万円の「印税」と「狂信者」と「権威性」、令和ビジネス攻略の要となる”三種の神器”が手に入る次世代最強のWEB作家とは

サヤ
2020-06-30
2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
※販売部数が増える毎に値上げをしていきます。
早く購入すれば、
他の人よりも安く購入できるだけでなく、
さらに
”あなたが得をする特典”
ご用意しておりますので、
興味のある方はなるべく安い段階で
購入されることをおススメします。


突然ですが、

想像してみてください。


寝ているときも
ご飯を食べているときも
子育てが忙しいときも
何か特別なことをしなくても
あなたの取り組むビジネスで
勝手に”集客”ができるようになったら。


訪れたお客さん全てがあなたを
「先生」と尊敬の眼差しを向け、
販売&紹介する商品やサービスが、
次々と相手に求められるように売れていき
利益が”指数関数的”に増加していく。

これは、そんな「断じてありえない!」

を実現した、

僕の軌跡を書いた記事です。


こんにちは。

サヤです。



現状、本業とは別で

100万円以上を稼いだことがない人にとっては

重要な内容となっているので、

注意深く読み進めてください。




僕はこれからお話するWeb作家の要素を取り入れて、

Twitterを本格運用させた2019年9月から、

コンテンツ販売で100万円以上稼ぎ、

毎月20万以上の収入を会社員の給料とは

”別”で手に入れています。


会社員の低収入が原因で

会社と上司の愚痴ばかり吐いていた

実績"0"知識”0”人脈”0”の男


120名”以上も参加する

SNS収益化を目指すコミュニティのリーダーとして運営

できているのも全てWeb作家になれたおかげです。


これは、

なにも僕だけがWeb作家の恩恵

受けているわけではありません。


既にWeb作家になるノウハウは確立されていて、

いち早くビジネスに取り入れて

成果を上げている人をご紹介します。



(ノウハウは有料部分に書いてあるので、

やり方を手順にそって丸パクリしてください)


【SNSから年収1000万円以上】

【kindle累計3000部突破】

熱狂的なファンを魅了し続ける

ベストセラーWeb作家かりそめさん

代表作「お金に困らない人が書いた本」


【1ヵ月のオファー成約率100%】

スーパーで働く普通の会社員でありながら、

コンテンツ販売やSNS代行の複業で収益を上げ、

かりそめさんの秘書を務める

秘書ゆうさん

代表作「ワガママなほど愛される技術」


【健康に関するコミュニティのリーダー】

父の死をきっかけに

健康に関して本気で考え、

情熱をもった発信で

同士を集めるプロのモリリンさん

代表作「そのまだ大丈夫が1番危険「病」は油断から私達は自分の身体を守る義務がある」


ここまで紹介した3名は

Web作家の要素を巧みに活用して、

実績と成果積み上げています



それだけ今からお話する内容は

再現性があり

実践すれば、

すぐにでも結果に繋がる内容となっています。



私たちと同じように

Web作家の要素を取り入れたいと思う人だけ

この先も読み進めてください。



【令和ビジネス攻略の三種の神器をあなたに授けます】


令和になって、

働き方が見直されていますね。

人によっては

かなり損害が出ていると報告を受けています。


ただ、

一方で全く損害が出ていない人も居るのは事実です。


むしろ、

利益が増加している人も居ます。


今後、”貧困の二極化”は進んでいきます。



手前味噌ですが、

僕も利益を伸ばしています。


それはネットを使っているからとか、

世間が副業に興味があるからだけではありません。



ネットで情報発信をしている人でも・・・

・コンテンツを作っても集客ができない
・ブログを更新しても収益が0円でアクセス数も少ない
・営業DMを送っても断られる
・SNSやブログで情報発信しても成約が取れない


上記のような人は当然ながら

この副業ブーム、

リモートワークが注目されていても

利益を上げる事はできません。


なぜなら、あなたに影響力がないから



あなた自身に

”権威性”(地位や権力、専門知識を有すこと)がない場合、

あなたの発信に敏感に反応する熱狂的な

”狂信者”がまだ少なかったり

存在しないことから、



商品を売っても売れなかったり

紹介しても反応がなかったりします。


”狂信者”は商品販売を通して生まれていくもの


商品を手にして、

その内容に”権威性”を感じること

狂信者に変貌していきます。



狂信者って何ですか?っていうと、

読み方は「きょうしんしゃ」

”常軌を逸して、あることを信じ込む人”のことです。



巷で言われている”ファン”なんて言葉は生ぬるく感じる程、

あなたの事が大好きな人、

それが狂信者です。


狂信者はあなたの言葉をすぐ信用してしまうので、

おすすめの商品が紹介されれば

クリックして商品検討をしますし、

新作が発表されたら基本すぐに購入します。


ただ、

先ほどお話したように

狂信者を増やすためには、

あなたに影響力、

中でも権威性(地位や権力、専門知識を有すこと)が必要不可欠です。


つまり、

これだけネットが普及して

個人が手軽に情報発信できるようになった今、

いくら副業ブームでも



他との差別化がされていない発信

大量の情報に埋もれてしまい、

”読者の視界にすら入っていない”から、

稼げない人はいつまでも稼げない状態が続きます。


そんなこと言われても現状、

権威性なんて無いです・・・



って思う人が大半だと思います。


だから、

もっと営業メールを片っ端からして成約を取りに行こうとか、


ブログを毎日更新して、

とにかくアクセスを集めるような

気合と根性の作業量


人を集めようって考えていた人が

いるかも知れませんが、

クオリティの高い記事が

毎日更新ができる人は限られています。



ブログ毎日更新という強豪ばかりのレッドオーシャン


で勝負するのではなく

これからは、

少ない労力であなたの権威性を伝え

あなたのことが好きでたまらない”狂信者”だけを集めながら



同時に

”印税収入”を得るweb作家の要素を取り入れる事が

情報過多の令和ビジネスにおいて攻略の鍵となります。



仕組みさえできてしまえば、

不景気の令和においても

安定した”新規顧客””キャッシュフロー”が生まれ

不安の日々から解放されます。


実際に僕は少ない労力だけで、

こちらから営業DMを送ることもなく、

毎日、下記のような問い合わせを頂いています。



問い合わせをきっかけに

僕のコンテンツを購入してくださるので、

感謝されながら収益を上げる理想の形で活動ができています。


具体的に僕がやったことは、

”kindle出版”を通して

自己啓発分野で”書籍を出版したことがある”

という権威性が加え


本を購入した人が”狂信者”となり、

問い合わせをしてくる仕組みの構築です。


この狂信者を集める仕組みは

第三の検索エンジンとも呼ばれる

Amazonという大企業&大規模マーケットへの参入により、

自動化することができます





Amazonは独自のAIで

顧客のニーズにあった商品を自動で紹介してくれるので

僕達が寝ている間も自動でセールスと販売をしてくれます。


あなたもAmazonで買い物をしたことが

一度でも経験がある人なら、

見たことのある下記の画像のように

セールスと販売をしてくれます。



AmazonはSEO効果も高く

そして何より、

読者の質もブログとは比べ物にならない程良質です。



特に電子書籍の読者は

SNSやブログのようにサーっと読み流す人が少なく、

筆者のメッセージをダイレクトに受けてくれます。


そして、


あのイケハヤさんもkindle出版の優秀さぶり

無視できないコメントをしています。

強力なインフルエンサーが2020年に

kindle出版を再挑戦となると、

ますます目が離せない市場になってきます。


kindle出版のメリットを

ここで、まとめます。

kindle出版メリット
・権威性を伝え狂信者だけが問い合わせに来る
・全てAmazonが自動でセールス販売してくれる
・読まれるだけで印税が手に入る


ただ、上記のメリットを活用したいと思った時・・・



紙の出版だと自費出版で

300万円ほどの費用がかかります。


電子書籍でも外注やコンサルを受けて出版の場合は

20万円~50万円が相場となります。


ですが、

全て自分で作業を実施すれば0円で出版が可能です!


今回の記事では、

全く電子書籍を出したことがない

作ったことが無い人でも


企画から文章構成、

EPUB変換、

タイトルと表紙の作り方、

狂信者獲得の仕組み作りAmazonへの出版方法、



そして・・・




僕の専門分野である販売後のアプローチ

SNSとの連携

”Amazonランキングで1位を取る具体的な方法”をお伝えします。



なので、

まったくの初心者の方でもつまづかないように

解説していきますので、

安心して読み進めて頂けたらと思います。



今回の内容を見ながら

実際に手を動かしてもらえれば、

早ければ数日。



遅くとも数週間で、

1冊の本を作ってkindle出版ができるようになり、

あなたを求める狂信者を獲得しつつ、

収入も手に入ります。


しかも、


スキルなので一度覚えてしまえば

あとは何冊でも量産できるようになります。



イメージすると

自分と同じセールスマン

第三の検索エンジンAmazon

何人も配置するようなイメージですね。


そしてWeb作家としての実績を手に入れ、

ブログやSNSでアピールポイントとしても活用できます。

ただ注意点として
下記のような人は読んでも効果がないので
どうか購入しないでください。

・何も行動しなくて利益を得たいと考えている人
・一発逆転の稼ぐノウハウを探している方
・誰でも簡単に稼げるノウハウを探している方


上記のような人は今回の内容では満足できないと思うので、

ここでブラウザバックしてください。


今回の記事でおススメな人
・電子書籍をkindle出版してみたい方
・狂信者を集めて商品・サービスを販売したい人
・権威性を高めたい人
・印税を稼ぎたい方
・コツコツ努力ができる人


上記の人には役に立つ情報を

自分の実践してきた内容と絡めてお伝えしていきます。


既に僕は3ヶ月で空いた時間に4冊出版して、

電子書籍を通じた収益は

コンテンツ販売、SNS代行運用依頼、コンサルなどを含め

100万円以上になっています。


個人的にはかなり費用対効果が良いと思っています。



ここまで読んだあなたはもしかしたら、

電子書籍から10万円以上稼ぐ

イメージが湧かないかも知れませんが、



出版事業全体はまだまだ成長産業であることから、

電子書籍市場全体の規模を捉えると

そこまで難しいことでは無いと感じるはずです。


僕のツイートでもしましたが、


出版市場は2019年で1兆5400億円です。

紙の書籍:1兆2360億円,電子書籍は3072億円)


まだまだ紙の市場が大きいですが、

2018年と比較すると

紙の書籍は0.6%増加に対して

電子書籍は19.3%増加となっています。


スマホの普及で

今後も伸びる事が容易に想像できる

3072億円の電子書籍市場から

個人が10万円の収益をあげるのは現実的な数字です。


さらに、

kindle出版をすれば、

1ページ読まれるごとで0.5円の収益が発生します。



youtubeのように

”チャンネル登録者数が1000人以上、

過去12ヶ月の視聴時間が4000時間”

というような

わずらわしい条件はありません。


これは、

kindle Unrlimitedという読み放題のサービスが

関係してきます。


kindle Unrlimitedは月額980円でAmazonで

出版されている電子書籍が読み放題となります。


こちらは紹介制度があり、

出版した電子書籍の告知と絡めて紹介すれば、

”印税収入+紹介料"が手に入ります。



このあたりの具体的な方法も

しっかりとお伝えしていきますのでお楽しみに。


では、具体的にどうやってkindle出版を通して

狂信者””権威性””印税収入+α”を

手に入れていくのか話していきます。


全体像はこのようになっています。

第0章 kindle出版のやり方はこの動画をみれば一瞬で理解できる
第1章 リサーチの極意を伝授!~ジャンル選定~
第2章 10万円の価値を生成する「表紙とタイトルの作り方」
第3章 魅力的な紹介文の書き方
第4章 0から始めるkindle出版の文章構成 ~永久保存版~
第5章 【悪用厳禁】”印税収入”にレバレッジをかける禁断術
第6章 戦略的にAmazonランキングで1位を取る方法
第7章 ”権威性”を活用した水平展開型の情報発信とは!?


さっそく本編に入っていきますね。


第0章 kindle出版のやり方はこの動画をみれば一瞬で理解できる

これから具体的にどうやって

kindle出版をしていくかという話をしていくのですが、

基本的なkindle出版のやり方は、

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
crazynaka

参考にしないのが勿体ない内容です

電子書籍の出版方法だけでなく、 出版の戦略まで解説しています。 この内容を使わない手は有りません。 電子書籍の出版なんて、やり方さえ分かれば誰にでもできますが、多くの人に読んでもらえる、読まれなくともダウンロードしてもらえる様なモノにする為には、ぜひ一度目を通してみることをオススメします!
りょうじ

Kindle出版のノウハウが詰まっています!

まったくの初心者でもKindle出版のノウハウがしっかりと身に付きます。 コンテンツを電子書籍で出版しようと考えている人にはピッタリですね!

この記事を購入する