松重豊 俳優はお金稼ぐ手段だった

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

松重豊 俳優はお金稼ぐ手段だった
今年1月19日に60歳を迎えた俳優の松重豊さん。49歳の時に『孤独のグルメ』で連続テレビドラマ初主演を果たし、映画初主演は『ヒキタさん!ご懐妊ですよ』で56歳だった。下積み生活が長く、一度は役者を辞めた過去もある松重さんは、これまで役者としてどんな脇役だったとしても「面白がってきた」という。そんな松重さんに還暦という節目を迎えた今、これからの生き方を聞いた。(Yahoo!ニュース Voice) 稼ぐために始めた“職業俳優” 下積み時代を語る松重豊さん ――2023年1月で60歳を迎えられましたが、過去に役者を辞めたことがあると伺いました。 松重豊: 僕は25歳の頃、一度役者の仕事を辞めたことがあります。大学を卒業し、学生演劇からアングラ演劇の世界に入って小劇場で役者をやっていたのですが、お金を稼ぐという経済面と、自分のやりたいことのバランスが取れず、このまま役者を続けてもしょうがないなと思ってしまったんです。それで完全に役者から足を洗い、建設会社の正社員として就職し、現場で労働者として1年半働きました。そんな時に、役者として求められたどんな役でも確実に演じてお金をもらう“職業俳優”であれば、今の日雇いのような仕事よりも稼げるかもしれないと考えたんです。結局お金を稼ぐ手段として役者を選んだのかと、みんなガッカリすると思いますが、これが現実ですね(笑)。 大事なのは経済活動です。家族にひもじい思いをさせていては、「自分の夢」や「理想」を語る資格もないだろうと考えていたので、その頃はひたすらにお金を稼ぐための“経済活動”として役者の仕事をしていました。だから、漠然とした考えで役者をやるのではなく、具体的に“松重豊”という役者を必要とするマーケットを考えて、そこで求められるような役者にならなくてはいけないと冷静に考えていたと思います。実際にやってみると、自分には求められる役をこなすほうが向いていて、30代半ばには役者の仕事だけで食べていけるようになりましたね。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - エンタメ 松重豊 俳優はお金稼ぐ手段だった