極寒続く 日本海側は大雪に警戒

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

極寒続く 日本海側は大雪に警戒
画像:tenki.jp きょう26日は冬型の気圧配置は次第に緩み、強烈な寒気のピークは過ぎるものの、日本海側では大雪や猛吹雪に引き続き警戒。最高気温は全国的にきのう25日より高くなるものの、極寒が続く見込み。 きょうの天気図 画像:tenki.jp きょう26日は、次第に西から冬型の気圧配置は緩む見込みです。西日本は高気圧に覆われるでしょう。一方、北日本を中心に冬型の気圧配置が続く見込みです。上空の強烈な寒気のピークは過ぎますが、まだ冷たい空気は残るでしょう。 また夜には西から前線が近づく見込みです。 日本海側は大雪や猛吹雪 太平洋側は晴れるが西から天気下り坂 画像:tenki.jp きょう26日は、北海道や東北の日本海側を中心に雪が降り、風の強い状態が続く見込みです。ピークは昼頃にかけてで、猛吹雪となるおそれがあります。雪によって視界が真っ白になり、見通しがきかなくなるホワイトアウトが発生するおそれがあります。猛ふぶきや吹きだまりによる交通への影響に警戒が必要です。北陸も雪が降り続き、雷を伴って強く降る所がありそうです。広い範囲でさらに積雪が増える見込みです。 関東から九州は太平洋側を中心に晴れる所が多いですが、積雪や路面凍結で交通の乱れなど影響が残る所もあるでしょう。関東や東海の山沿いでは雪が降り、さらに積雪が増える所もありそうです。 また、気圧の谷や前線の影響で、西から天気は下り坂となるでしょう。九州は、早い所では昼頃から雨や雪の降り出す所がありそうです。 きょうの最高気温 全国的に真冬並みの厳しい寒さ続く 画像:tenki.jp きょう26日の最高気温は、全国的にきのう25日よりも高くなる見込みです。ただ、それでも平年を下回り、真冬並みの寒さとなるでしょう。 北海道や東北北部は、日中もマイナスの気温の所がほとんどで、真冬日が続くでしょう。 東北南部も仙台などプラスの気温にはなるものの、2℃くらいで凍えるような寒さが続く見込みです。 関東から九州も、きのう25日よりは5℃前後かそれ以上に高くなりますが、10℃に届かない所がほとんどでしょう。空気は冷たく、厳しい寒さが続きそうです。 日本気象協会 本社 小野 聡子

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 極寒続く 日本海側は大雪に警戒