究極の方位術 納音法大公開 

究極の方位術 納音法大公開 

究極の方位術 納音法大公開 

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0

本稿、購読していただき、厚くお礼申し上げます。

こちらでは、林巨征独自の開運方位術である「納音法」について、全て公開いたします。

なお巻末に、本編を解説した動画を掲載しておきます。ぜひ閲覧いただきますよう、お願い申し上げます。

この「納音法」は、開運方位を求める術ですが、ドーピング的な結果が得られるものであり、多くの成功例を頂いております。

特に、月盤を用いた移転には、異常な開運をもたらしたこともあります。

ちなみに、本人(林巨征)は、今までの人生で、移転に2回使用しました。いずれも、想定外の結果をもたらし、人生が大きく変化したのも事実です。


以下、巨征流の方位術について、概略紹介します。


方位術の分類

・二時間単位 時の干支で判断 兵法 戦いに勝つ 現代では商談など

・一日単位 日の干支・九星で判断 短距離移動 1~2泊旅行

・一月単位 月の干支・九星で判断 引っ越し

・一年単位 年の干支・九星で判断 家屋の造作

・区切りなし 干支や九星では判断しない 家相・地層


林巨征流では

・八陣の秘法 時の干支を使用 兵法

・金函玉鏡 日の干支を使用 旅行

・納音法 月の干支を使用 引っ越し


これが、基本的な使い方だが、納音法のみが年月日時全部適用できる。

従って、月の干支を用いた月盤納音法以外にも、時の干支を用いた時盤納音法、日の干支を用いた日盤納音法、年の干支を用いた年盤納音法が存在する。


つまり、旅行に行くとき、金函玉鏡の代わりに日盤納音法を使用して、吉方位を算出してもよいのである。

これは、方位術の麻薬的利用方法である。

納音法こそ究極の方位術と呼ばれる所以である。


しかし、危険な術でもある。金函玉鏡など他の術は、使いすぎても全く副作用という害はない。ところが納音法は、効験著しいものの、とんだ副作用に見舞われることもある。

月盤を使った移転なら、人生のなかで、それほど使用する機会もないだろうが、日盤を用いた旅行なら、容易に実行できる。だから余計に危険になるのだ。

本書では、今まで公開してこなかった、副作用が出たときの対処法を公開してある。


なお、本著の構成は以下の通り


第一章納音法

第一節納音法の基本的使い方

第二節納音(30個)の象意

第三節納音法の応用的観法

第四節副作用が出てきたときの解除法 (初公開)

第五節土性の納音について (初公開)

第二章 五気法


この中で、第一章 第四節、第五節は、今まで隠し秘されてきた奥伝です。今回初公開となります。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

2 件のレビューがあります
平均スコア 5.0
KS39

なるほどこれは

ベールに包まれていた納音法を自分のものとするのに適しています。リスクもあるようですが学んだ以上は参照して用い、実体験です。
FIREせんた医ラプトル

例の技法

名前だけ,どなたかのブログで見たことがある技法について,この記事で分かりやすく学ばせて頂きました.名前だけ知っていて内容を知らない状況から救っていただきありがとうございました.

この記事を購入する