関東連続強盗「在宅」を狙う手口

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

関東連続強盗「在宅」を狙う手口
高齢女性の遺体が見つかった住宅 東京都狛江市の住宅で大塩衣与(きぬよ)さん(90)が殺害された強盗殺人事件で、大塩さんが外出先から帰宅した直後に襲撃されたとみられることが22日、捜査関係者への取材で分かった。事件当日に加え、前日にも現場付近で不審なレンタカーの走行が確認され、その車両が近くに乗り捨てられていたことも判明。警視庁調布署捜査本部は、犯行グループが入念な下見や住宅の監視を行い襲撃したとみている。 【写真】大塩衣与さんの遺体が見つかった現場の住宅周辺 捜査関係者によると、事件当日の19日午前10時半ごろ、大塩さんが自宅近くを歩く姿を住民が目撃していたが、その後の捜査でスーパーの買い物帰りだったことが判明。午前9時ごろ外出し、午前11時ごろに帰宅したとみられる。司法解剖の結果、死亡推定時刻は正午ごろで、捜査本部は襲撃は帰宅後すぐだったとみている。 大塩さん方は地上2階、地下1階の構造だが、全階で4種類の足跡を検出。広範囲で物色の形跡もあった。グループがインターホンを押して訪問を装い大塩さんに解錠させて侵入したことも分かった。現金の置き場所を大塩さんに確認した可能性もある。関連性が指摘される関東で相次ぐ強盗事件でも住民の在宅時が狙われ、手口が酷似している。 事件後にグループが使った可能性があるレンタカーが、現場近くのコインパーキングに乗り捨てられているのを警視庁が発見、押収した。相次ぐ強盗事件でも、一部でレンタカーの使用が確認されており、捜査本部はグループの実態解明を急いでいる。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 主要 関東連続強盗「在宅」を狙う手口