電子処方箋 運用開始も導入わずか

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

電子処方箋 運用開始も導入わずか
医師は、患者に必要な薬を薬剤師に伝えるため、「処方箋」を出しますが、この「処方箋」の電子化が26日に始まります。しかし、導入する病院や薬局はごくわずかです。 電子処方箋とは、医師が患者に処方した薬の情報を電子化し、医療機関と薬局との間でオンラインで確認できるようにするものです。 電子処方箋に対応している医療機関では、患者は、受付の機器にマイナンバーカードをかざすほか、従来の健康保険証でも申告すれば利用できます。 マイナンバーカードを利用する場合は、患者が同意すれば、医師は、その患者が別の医療機関で過去に処方された薬の情報なども確認できます。これにより「お薬手帳」がなくても飲み合わせの悪い薬や重複した薬の処方を避けることができます。 政府は2025年3月までにすべての医療機関と薬局での導入を目指していますが、利用できるのは26日時点で全国154か所にとどまっています。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 経済 電子処方箋 運用開始も導入わずか