4児の母 山田ローラ語る日米違い

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

4児の母 山田ローラ語る日米違い
日本から無事ハワイに戻った4人の子どもたち。 たまひよONLINEでの人気連載を持つタレント・コラムニストの山田ローラさん。6才の双子、2才の女の子、2022年9月に生まれたばかりの女の子、の4人の子どもとハワイで生活しています。この冬、4人の子どもたちを連れ、日本に一時帰国したローラさんにインタビュー。コロナ禍でのハワイ生活の様子や、多胎育児のこと、家族について考えることなど、話を聞きました。 【画像】今回の日本への一時帰国で、スタジアムで山田家全員 ハワイでは街中の人はほとんどマスクをしていない 元気いっぱい、キンダーガーテンクラスに通う6才の双子。 ――ハワイでの新型コロナウイルスの状況や、行われている感染対策などについて教えてください。 ローラさん(以下敬称略) 外でマスクをしている人はほぼ見ないですね。お店の中では心配な人はマスクをしています。6才の双子が今通っている小学校のキンダーガーテン(1年生の前の学年)も、マスクをしたい子はしてもいいし、しなくてもいい、という感じです。 ――今回来日して、コロナ禍での日米の対応の違いで何か驚いたことはありますか。 ローラ 2020年、初めの流行のころはハワイも対応が厳しいほうだったと思います。街は完全にロックダウンしましたし、マスクや予防接種は職業によっては強制だったりしました。ただもうすぐ3年になるので、最近はWITHコロナ的な生活になっていると思います。アメリカの報道ではコロナよりRSウイルスやインフルエンザのほうが心配されています。RSウイルスの感染者が増えて小児病棟が満床になった、といったニュースが多いですね。 街中ではみんな、マスクはほとんどしていませんが、病院に入るときは体温計測とマスクは必須で、厳しく管理されています。 日本に帰って来て、空港やホテルでの対応が少し不思議な感じがしました。「海外のどこに滞在していましたか」とよく聞かれるけど、日本ですでにこれだけ流行しているのに、海外のどこにいたかが関係あるのかな? とは感じます。そして、日本の空港では入国審査のほかにも何度も検温や質問をされた印象です。アメリカは予防接種をしていないと入国は厳しいですが、予防接種の証明書があれば、コロナ前とほぼ同じステップで、スムーズに入国できます。子どもが多い分手続きが多いとストレスも増えるので、それはありがたいです。 ――日本帰国後のマスク生活にはすぐ慣れましたか?  ローラ 飛行機の中で「マスクを着用してください」とアナウンスされました。久しぶりにマスクをするので、ちょっと不思議な感じがしました。今、外を歩いているときはつい忘れてしまい、お店に入るときあわててマスクを探してつけていたりしています。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - エンタメ 4児の母 山田ローラ語る日米違い