Brain

Excel VBA入門講座

Excel VBA入門講座

Excel VBA入門講座

ハチ
2021-01-14
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

Excel VBA入門講座

この教材は知識ゼロの状態からVBAを理解しながら、自動化を自分でできるように作られています。これからプログラミング勉強したいとかやったことあるけど挫折してしまったなど、興味はあるけど、どういうのかよくわからないという方は、この教材を最後まで見れば理解できるようになります。

VBAとかマクロってそもそも何なの?

VBAと言うのは簡単に言うとExcelのプログラミング言語と覚えてください。プログラミング言語ってそもそも何なの?と思うかもしれませんが、パソコンに対してつかう言葉のことです。種類はたくさんあるんですけども、それらの総称です。VBAは、Visual Basic for Apricationの略です。マクロはVBAで書いた内容を実行するExcelの機能になります。もう一つ言葉としてVBEがあります。Visual Basic Edita、編集画面のことです。

実際にExcelを起動させてやってみましょう。最初のExcelの設定だと、マクロが使えないようになっている可能性があります。それをまず使えるように設定していきましょう。

設定の仕方

Excelを開き、左上のファイルを押していただいて、1番下にあるオプションをクリックします。クリックしたら、1番下にトランスセンター(セキュリティーセンター)、そこからトラストセンター(セキュリティーセンター)の設定というボタンをクリックします。その中のマクロの設定をクリックします。「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」というボックスにチェックを入れてください。マクロを使うときに自分で機能を使うか使わないか選択できるようになります。他だと無効になったり全部有効になって、セキュリティーが危なかったりするので、許可をすれば使える状態にしておいてください。

続いてVBEを起動させていきましょう。最初の設定だと表示されていないと思います。ホームを右クリックします。そうするとリボンの設定があるので、そこをクリックしましょう。開発というチェックマークをつけてあげましょう。

そうするとExcel画面のリボンのところに開発が出ます。開発を押してください。1番左にVisual Basicと書かれたところがあると思います。そこをまたクリックしてください。クリックすると灰色の画面が出てくると思いますので、さらに入力できるようにしていきましょう。挿入というところを押します。標準モジュールというのがあるの、でクリックしてください。この標準モジュールはVBAが書ける場所と思っておいてください。

VBAはExcelを持っている方は誰でもできます。Excelを使っている方のスキルアップとして、そして業務改善も進みます。

VBEの設定

フォントサイズ

VBEの文字を大きくする方法をやっていきましょう。ツールをクリックしてください。ツールをクリックすると、その中にオプションがあります。そこをクリックしてください。この中の「エディターの設定」を押していただいて、後は好きなサイズを出してください。14か16あたりが大きくて見やすいと思います。

ツール、オプション、編集の中で、自動構文チェックを外しておきましょう。構文エラーでいちいち停止されるのをふせぐためです。


変数の宣言を強制する

ここはチェックを入れておいた方がいいです。タイプミスなど、いろいろなミスのチェックのためです。

編集ツールバーの表示

表示、ツールバー、編集からツールバーを有効化しておきましょう。コメントブロックをつかうときに便利です。シングルクオーテーション ‘ を文字列につけると、コメント(注釈)扱いになります。選択してから、コメントブロックを押すと、選んだところ全てコメント扱いにすることができます。

実際にプログラムを書いていきましょう。はじめにタイトルを決めます。タイトル宣言をするために、Subと入力していきましょう。必ず先頭は大文字にしてください。半角スペースを開けてタイトル名を入れていきましょう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する