FOMC(アメリカの金融政策を決定する会合)の結果を受けて今後を考える。

FOMC(アメリカの金融政策を決定する会合)の結果を受けて今後を考える。

FOMC(アメリカの金融政策を決定する会合)の結果を受けて今後を考える。

HIRO
2022-03-01
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

1月25日と26日の両日に2022年に入って初めてのFOMCが開催されたな。

今日は今回のFOMCの要旨やそれが今後の株式市場にどのような影響を及ぼすのか?という点について解説する。

Contents [hide]

FOMCって何?

Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のこと。

日本で言う、「日銀金融政策決定会合」のことだ。

FOMCは年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表される。

その結果が市場の予想とは違った場合には、株式市場や為替レートが大きく変動して、世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼす。

なんで最近FOMCの名前をニュースやTwitterでよく聞くのか?

世界中の国でそうだけど、アメリカもコロナ対策でたくさんのドル紙幣を刷って世の中にばらまいたので、インフレが進み過ぎてしまった。

そこで、

『そろそろ経済も回復してきたなって頃合いなので、お金のバラマキをもうやめます!』

という話を以前からFOMCが言っていたので、その動向が注目されてるんだ。

FOMCの後、大体FRB(アメリカの日銀ね)議長の記者会見が行われる。

今回の会見を境に債券金利の上昇とドル高が進み翌日27日のアメリカ市場においては株価は下落した。

これは覚えておいてほしいんだが、

政府が金融引き締めの方向に動いている時は株などの金融資産は売られて価格が下がる。


そして、基本的にこの傾向は政策金利の引き上げが一段落するまで当分の間は継続されて不安定になると考えてよいだろう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する