NASA 原子力ロケット開発目指す

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

NASA 原子力ロケット開発目指す
米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官=2022年9月、南部フロリダ州のケネディ宇宙センター(AFP時事)  【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は24日、米国防高等研究計画局(DARPA)と連携し、原子力を活用した核熱推進ロケットエンジンの開発を目指すと発表した。将来の火星有人探査に向けて、宇宙での移動手段の高速化に取り組む。早ければ2027年にも実証を行う予定だ。 【写真】打ち上げられる米航空宇宙局(NASA)の月探査ロケット  ネルソンNASA長官は声明を出し「この新技術で、宇宙飛行士がこれまでよりも速く宇宙の深部に行き来できるようになる。火星の有人探査に備える重要な能力だ」と強調した。   NASAは「アルテミス計画」で25年にも月の有人探査を見据えており、その先には人類史上初となる火星の有人探査を視野に入れている。広大な宇宙をより遠くまで探査するため、次世代ロケットの研究を進めている。  火星の探査では月探査よりも多くの物資が必要になるため、移動時間の短縮が不可欠になる。核熱推進ロケットは、従来の化学燃料を使ったロケットよりも効率が3倍以上になるとされる。

SEOを使わない爆速アクセスアップ術

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス - 科学 NASA 原子力ロケット開発目指す