NFTゲームで億り人なる方法・具体的戦略解説

NFTゲームで億り人なる方法・具体的戦略解説

NFTゲームで億り人なる方法・具体的戦略解説

nobu-office
2022-03-06
0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

ゲームプレイで稼げる時代

NFTの登場で、プレイすることで稼いで暮らせる時代はもう直ぐそこまで来ています。

ただ問題なのは、【仮想通貨】が絡んで来てしまうので、結構仮想通貨マニアで無い人には敷居が高い物です。

もうウォレットとか、海外取引所とか、それらの知識を入れるだけで大変で、日本では直接ゲーム用のトークンやNFTを買えなかったりします。

通貨の出金入金で、無くしてしまったり、詐欺に遭ったり、ゲームを始める前に痛い目を見たりします。

そこで、今回私がご案内するのは、日本語でクレジットカードでNFTが購入できるメタバース(仮想現実空間)であり、日本語でプレイできる、NFTが日本のクレジットカードで買えるものです。

たとえば、先日私がクレジットカードで抽選に当たって購入したNFTは、既に2.5万円が翌日には30万円以上で取引されて、

100万円を超えて取引されたNFTも

この記事を読んでくれた貴方に、購入前に1つお教えしておきます。

抽選締め切りが近いので、このNFTの登録をお勧めます。

3月7日迄に申込みすると抽選で200名に購入権利がもらえます。

メールアドレスだけで(仮想通貨wallet不要で)申込みできます。

簡単登録方法解説

世界で2100枚だけ買えるウルトラマンジェネシスカードNFTです。

楽天NFTのウルトラマンも数十万になっていますが、こちらのNFTはゲームで稼げる金額にブーストがかかるNFTですから、もっと値上がり期待が大きいです。

とりあえず、登録しておきましょう

NFTゲームでは先行者になることが重要

既に稼げるようになったNFTゲーム(Play-to-Earn)は、もう参入だけで数万円、数十万円必要になります。

これでは、稼げたとしても、最初の資金回収が大変です。

ですから、ゲームが始まる前に、宣伝活動に参加することで、色々な特典をもらったり、抽選に参加したり、

公開前の初期価格でトークンや、NFTを安く手に入れる事か重要なのです。

例えば、少し古い話ですが、過去の例を挙げてみると、The Sandboxという、メタバースNFTゲームは、そのトークンSANDが800倍にもなっています。

つまり最初に1万円トークンを持っていたら、800万円、10万円持っていたら8000万円になっていたわけです。

更に土地のNFTなども持っていたら、億り人になっていることは確実です。

またディセントラランドという仮想空間(メタバース)もMANAという仮想通貨が500倍になっています。

*自分のアバターを使ってイベントに参加したり、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、靴や帽子や服を作ってNFTとして売れる、デザイナーか稼ぎ安いメタバース

最近ではエバードーム(火星への植民がコンセプトになっている)やアルタバ(ALTAVA)という、ブランドと提携したメタバースなどが話題になっています。

しかし、もう上場されている、もう上場がまもなくというのは、仮想通貨に触れたことにない人には難しいので、

今回は、この春から秋にかけて、順次日本先行で始まっていくメタバースであり、NFTゲームであり、日本語で、(クレカでいずれ仮想通貨の知識も必要になりますが)スタートできるものを取り上げて、

今後もどんどん出て来るであろう、NFTゲームや、仮想空間(メタバース)でも応用の利く戦略を解説します。

詐欺NFTやゲームに注意

ブームだけに、詐欺も多いですので注意しましょう。

過去にあった詐欺

マイクラのNFTゲームかを思わせるようなもので期待した人も多かったですが、とちゅでとん挫。

被害総額1億8千万だそうです、開発者は、うまくいかなかっただけということを言っていますが…初めから資金集めだけだったと話もあります。

こちらは、3回目の詐欺を行ったグループだそうです。

過去にも2回詐欺やって逃げているそうです。

被害総額約1億5千万ともいわれています。

その他にもありますが、長間なるのでやめておきましょう。

短命な放置系ゲームも注意

時々クリックするだけで、コインが貯まっていって換金できるというゲームは結構寿命が短いです。

キャラクターを数万円で買ったものの、1週間も持たずに終わったというものもあります。

一日8千円から1万円稼げると人気になり、マニュアル迄販売されていた、ボムクリプトというゲームなどは、有名ですし、

意外と寿命も長く、今もありますが…

今は、通貨ゲームトークンのことですが100円を割れて、数十円に。

先行者は資金回収して逃げられたでしょうが、高いときに買って、入った人は、資金回収が困難になっています。

まあどんなNFTゲームでも寿命がありますが、ゲーム性の低いものは、初めは稼げても、なが続きしないものがほとんどです。

成功したゲーム

今でも稼いている方がいる、有名なゲームにアクシィーインフィニティーというゲームがありますが、

既に、参入には、数万円のキャラクター3体が必要で、さらには、何を購入するかその時強いものを買わないと無駄になるという、

初心者にはつらい仕様で、インフレも起きていますので、今から参入するものではないでしょう。

ゲームバトルは奥が深いですが、これから出て来るNFTゲームには勝てなくなるでしょう。

日本語で準備されているゲーム

日本で開発され、アニメ系2Dの素晴らしいイラストで話題になったポルカファンタジーというものがありますが、

こちらも、すでに初期の土地のオークションや、キャラクターがちゃが終わっているので、今からというのはあまりお勧めしません。

またゲーム内容もまだよくわからない点、また日本だけで海外勢には散られていないので、ローカルで終わってしまう可能性もあります。

トークンは60円前後なので、気に入った方、また公開後の土地を購入できる資金のある方はたるしてみるのもありでしょう。

元素騎士オンライン、日本から中国語に移植されたMMOで台湾で人気になり、800万ダウンロードされたゲームがいま準備されています。

既に完成したゲームなので、そこそこ成功の可能性があります。

元俳優で作家で投資家の水島ヒロ氏もサポーターになっているそうです。

ただすでに初期の装備NFTはオークションが終了していていますが、これから土地を販売するようなので、資金のある方は参入するのもあり方思います。

ただ日本台湾などアジアで盛り上がっているだけみたいなので、世界的な展開はわかりません。

ただし日本語で遊べるので、土地をたくさんもてたら、楽しく稼げそうです。

以上長くなるので、この辺にしておきましょう。

この有料部分では、まだ上場前で、初期価格で土地が買えたり、おそらく300$平均、上場前なので、

$100分のトークンがもらえる抽選があったりする、この春から初期参入できるNFTを参考に、おくりびとを目指す戦略を解説したいと思います。

もちろんこの紹介案件だけでおくりびとはムづかしいかもしれませんが、($100分もらえて、1トークン1000円になったら、一千万、アクシイのように1万円超えたら、1億もあり得ますが)、

まずは、戦略を学んで、数十万でも資金作りができればいいと思いますので、是非手に取ってみてください。

先行者になるには、早く読んだ方がいいと思います。

具体例として紹介しているものであれば、特に、夏以降では遅いかもしれませんので。

有料版はPDFで用意されています。

ここから有料版

ここから先は購入者様のみ

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する