Brain

TOEIC260点から1年でイギリス名門校に入学したマインドセットさらけ出しました!

TOEIC260点から1年でイギリス名門校に入学したマインドセットさらけ出しました!

TOEIC260点から1年でイギリス名門校に入学したマインドセットさらけ出しました!

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

初めまして、秀伍です。

まず日本人は喋れなくてもTOEICの点が高ければ良い、自分は海外旅行に行かないからそこまで必要ないと思う方にこそ是非この記事を読んでいただきたいと思います。

英語が苦手だなと思う人も私の様に諦めないで英語を身につける事で英語が観せてくれる新しい世界を皆さんにも共有して欲しくて書きました。英語は何歳から始めても遅くはありません、むしろこの記事によってグンと周りを追い越すことも可能です。(自分がそうでした笑)本当にわかりやすく細かく書いているのですごく役に立つと思います!

*モチベーションとは違いこの記事はあなたの英語に対する危機感を感じさせる様なことが多く含まれています、もちろんモチベーションにも繋がります。


著者のプロフィール

1999年生まれ。現役イギリス大学生 Business Management専攻

日本でも大学に通っていた時期もあったが語学留学の想像以上の伸びによりイギリスの大学へ正規入学を決意しそのまま入学(ラッセルグループの1つ)


私は中学から英語が一番苦手で大学受験も英語があるから推薦で進んだほどでした。しかも、日本で私が語学留学直前に大学で受けさせられたTOEICはなんと260点でした。

そんな私が1年も経たない内にイギリスの大学に入学を決意できるほど英語力が伸び、世界でもトップ1%に入る大学に行けました。(ラッセルグループの一つ)調べればわかると思います。笑

この記事ではどのように留学先で英語力を伸ばしたか、経験談や方法、また他の人とどう違ったのかなどを紹介していきたいと思います。留学が英語力とか心配とか思っている方も日本で英語を伸ばそうとしている方も使える勉強法を紹介していきたいと思います!

英語の必要性は日本では年々強まっており、教育方針や試験制度なども変わってきています。(3で詳しく分析してあります)

*自分なりに正確な表などの分析も行ってあるのでこれからの日本の英語教育に対する変化などを含めた、ただの英語の勉強法だけでなく英語に対する向き合い方なども話していきます!

目次

1. 実はあまり英語力を伸ばすのに関係のない事。              2. 具体的に1から英語力を伸ばすためにする事私のした事。          3. 英語に対するこれからの日本の在り方。                  4. 私が使ったオススメのアプリやサイト。                  5. まとめ

1. 実はあまり英語力を伸ばすのに関係ない事

実は私は大学1年生まで英語を決してさぼっていたわけではありません。もちろん高校受験の時も必須で塾でも英語をやってましたし大学でも週3で英語の授業をとっていました。それでもずっと苦手意識がありました。では何が効率が悪かったのか、

まず日本での英語への勉強法がそもそも私には合っていませんでした。単語帳の中の単語を1日10個覚えろだの、学校では文法での解答方法しか教えてくれません。特に単語帳は必要な単語を覚える効率の良い方法かと思うかもしれませんが、私のように赤シートで隠して何回覚えても記憶に定着しなかった経験がある方は多いと思います。また、よく外人の恋人を作るのが一番早いとか言いますけどこれも実はあまり関係ありません。私の友達にも何人か外人の恋人はいましたがあまり他の生徒との成長の差はありませんでした。むしろ外人の恋人がいなかった私の方が入学当初は下だったのにもかかわらず追い越して1年経った頃にはかなりの差が生まれていました。

周りの人や多くの人が行っているからその勉強法は合っていると思いこみそれに多くの時間を費やすのは決して効率の良いことではありません。海外にいるから、外人の恋人がいるからというのはあくまで英語を身につける上で有利な環境があるだけでそれをうまく利用できる人は正しい方法を学んだ人だけなのです。

*外的環境は勉強法と思考法が前提にあってこそ活かせる物であり外的環境は英語力向上の本質的なところではありません。

2. 1から英語力を伸ばす為にする事

まず第一に文法単語リーディングスピーキングリスニングライティングの様に分けて勉強するのをやめましょう

具体的に私が短期間で英語力を伸ばした方法が大きく3つあります。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する