Brain

Twitterアカウントロックからの復活体験と守り方

Twitterアカウントロックからの復活体験と守り方

Twitterアカウントロックからの復活体験と守り方

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

このブレインは980円でスタートし、1部売れるごとに値上げしていきます。見つけられた時点での、購入をお勧めします。

本ブレインのボリュームはPDF21P程度です。

これは、以前発行した『Twitterアカウントロックから回復

した方法とアカウントの守り方』の再販です。

最近、Twitterアカウントがロックされたとか、電話認証を求められた

と言う話を頻繁に聞きます。

Twitterでも、実際そのようなアカウントを見かけます。

以前よりは、規制が厳しくなっている感じですね。

私のケースは、ネットで検索しても見つからない

ケースでした。

珍しい例なので、今回記事にしてお知らせ

しようと思いました。

何かの参考になるかもしれませんので。


突然のTwitter異常


あなたがTwitterをやってて、いきなり

パソコン画面が変わって、コード入力要求され

コードを送信して、着信しなかったらどうしますか?


Twitterをやっている人は、アカウントが

使えなくなった時を想像してください。

時間をかけて大切に育成してきたアカウント

が使えないことは、大変な事態ですよね。

Twitterのマネタイズノウハウも大切ですが、

それもアカウントがあって、Twitterが使用できること

が前提ですよね。

アカウントを守ると言うことは、すごく重要なこと

だと、わかっていただけると思います。


8月上旬の夜11時くらいのことです。

私のアカウントが突然異常を起こしました。

Twitterを使用していたところ、

パソコン画面が、急に切り替わり、コードの入力

つまり登録電話へのコード送信を求めてきたのです。

本人確認の動作かなと思いました。

そこで、ためらいもなく、携帯電話へのコード

送信ボタンを押したのです。


普通なら、コードが登録電話に送られて

そのコードを入力して終わりです。

それが、そうならなかったことが、

今回ブレインを作成したきっかけです。


送信をクリックしても、携帯電話に着信がなかった。

おかしいと思って、何回ためしても駄目です。

衝撃と不安感に襲われました。

千以上のフォロワーさんを集めた大事な

アカウントなんです。

使えなくなると、今までかけた多くの手間が

無駄になってしまうのです。

それは大変な問題なんです。


その後の、経過をお伝えして、参考に供します。

私の体験が、参考になるなら幸いです。

これは、一人の体験ですから、全ての場合に

通用するものではないでしょう。

でも、知っておいて損はないと思います。

それでは、具体的に述べていきましょう。

この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する